Viento del roble

不特定に、気ままに、サッカーを書き綴ればと。今年も何事も現場主義で。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

第16回Jユースカップ 準々決勝 C大阪U-18 vs 柏U-18

勝ち進んでいれば、今頃試合中でした。
このカテゴリのエントリーを上げるのもこれで最後ですね。
20081220103535.jpg
いつものアップ風景を、この日で最後になるとも思えずボーっと眺めていました。
まだ続くと漠然と思ってた自分が情けないですね。トーナメントなんだから。
準決勝のFC東京にばかり気が散っていた自分に喝!

2008年12月20日 11:00Kickoff長居第2陸上競技場
セレッソ大阪U-18 2-0 柏U-18
28分 山口 螢(C大阪)
39分 高橋 直大(C大阪)

夏のクラブユース選手権では、同じく準々決勝で対戦していたC大阪。
畑田君のミドルシュートと、山崎君が押し込んだ2点で辛勝した相手です。
当時も後半は押し込まれ、1点を返されながらも何とかの勝利でした。
夏の試合では確かサイドだったU-16代表杉本君がセンターバックに、普段はFWのキャプテン山口螢君(来年昇格)がボランチの位置に。
強烈な個をもった選手を柏の軸であるボランチ~センターFWのラインを消す為にコンバートしてました。
そしてそれがものの見事にはまり、スタンドの誰の目にも柏対策が嵌ったと見えていたでしょう。

後から振り返ってみると、良くも悪くも柏U-18のサッカーは常に一定レベルでの平均点を叩きだせる波の出にくいサッカーと言えます。
メンバーが代われども、基本コンセプトは不変の、パスを丁寧に廻してボールロストを極力減らすサッカーです。
その基本戦術に選手個々の特徴をちょっとずつ色付けしていくことでマイナーチェンジを施しながらここまで進んできました。
逆に言うと、強烈な個に頼らない、ある程度完成された状態のため、伸びしろという点では薄かったのかもしれない。

高校年代では、夏から冬にかけてチームがかわるとよくいいますが、
まさしくその伸びしろを活かしたセレッソU-18がそのような状態だったのかもしれません。
1点目のFWが落としたボールに走りこんできた山口君のミドルもすばらしかったです。
2点目の右サイド(道上君かな?)クロスからの高橋君のヘディングは綺麗なゴールでした。

この試合に関しては、高円宮杯の準々決勝東京V戦同様完敗でした。

センターの楔を押さえられたときにどう対処するのか、サイドチェンジを多用してせめて来る相手をどう押さえるのか、夏のW東京戦で明確になっていた課題が最後まで埋められなかったのかなぁ。
いや、逆に柏U-18のサッカーを貫き通して柏対策を突き破ろうとしていたのか、
今となっては判るすべは有りませんがね。なんとなく抜け殻状態です。

今週末からもう新チームが始動します。彼らにも声援をどうぞ宜しくお願いします。

あ、C大阪とFC東京延長戦だ・・・。
スポンサーサイト

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏U-18 2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |

Jユースカップ第2回戦 柏U-18vsFCライオス

2008年12月14日 14:00Kickoff
柏U-18 9-1 FCライオス
畑田×2,工藤×2,牧内,山崎×2,指宿×2

普段着のサッカーで日立台でのサッカーの試合を締めくくりました。
ボールをロストしないこと、ボールが縦へと動き出したらセンターから逆サイドから必ずゴ-ル前へと動くこと。このサッカーには、スペシャルな個は不要です。
でも、チームの中で個を見せ付ける、そんなところまでこの3年で達せられたのかなとふと思いました。

個人的にはこのサッカーのよさがわからなかった一昨年、
それに気づけた時のなんともいえない感とそれを伝えたいと思った去年、
そしていつしかこのサッカーを常に見られることが当たり前に感じてはじめていた今年。
長いようで短かったそんな2年間でした。
当たり前なことなんて何一つないことをもう一度思い起こして、最後の大会を目に焼き付けようと思っています。

もっと伝えたいことがあるはずなのに、言葉にするとその半分にも達していないようなそんなもどかしさを抱えながら、長居へと向かいます。
願うことはどこのチームもただ一つ。皆が長居のピッチに立てることでしょう。
どのチームもどうか良い体調で、良いサッカーを。くれぐれも余計なカード類などもらいませんように・・・。

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏U-18 2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |

08 Jユースカップ予選D組 A新潟戦@東電スワンフィールド

試合中に雪が降ってきたら犬飼会長弾劾ネタでブログを速攻上げようかと思っていましたが、
前半は日が照って暖かかったもんで寝かして置いたらこんな時期になってしまいました。
でも、後半は日が陰ると寒風が見にしみ、往復の道中もチェーン規制がかかっていたりでね、
日本で秋春性導入するなら整備されていないスタジアムや、チームやサポーターの移動手段リスクとかの所まで考えろや!
という意見に変わりは無いわけでございます。
しかも試合前には3mm大(まだ小さいほう)の雹が降ってきて痛いし。
(返す返すも選手がプレイ中ではなくて良かった・・・)
寒さで試合内容もうろ覚えだし・・・。

2008年11月22日 13:00Kickoff
東北電力スワンフィールド
アルビレックス新潟ユース 2-3 柏レイソルU-18
畑田(誰かがセンターで落としたボールに走りこんだ・・・かな?)
橋本健(右サイドからのクロスボールに逆サイドから駆け込んだ・・・だった気がする・・・)
工藤(・・・右サイドからのアーリークロスを受けて・・・?あぅ、誰か突っ込み宜しく)

前半で3-1と差をつけるも、今季最終戦の新潟ユースの意地に、後半は押し込まれた。
そんな流れの試合でした。
新潟にはトップ帯同の酒井君(U-19代表候補)がいない。
柏もキャプテン仙石君、長身FW指宿君がいない、しかもサブには中学生が2人!(試合にも出ましたが・・・汗)
ということで、8月末の試合とは全く違った様相の試合となったのでした。
柏はペナルティーエリア付近まではポゼッションでボールを運ぶものの、その先シュートへ持ち込めない。
新潟はしっかりとサイドにふたをして守って、縦にFW2人を走らせる。
その形が実ったのが新潟1点目の同点に追いつく左サイドからのカウンターでした。

もはやこんなことしか鮮明には覚えていないわけです、アハハ。

要はそんな状態なのになんでこのエントリを上げたのかというと・・・
これ↓。

冬開催反対バナー

個人的に賛同します。
ってことで、冬開催は嫌な方はぜひ。

帰り際に御挨拶をした新潟サポーターの方がボソッとこぼされていました。
明日もココに来るのに俺たち何やってるんだろ(笑)と。
いや、こちらは翌日磐田なんですが何か?
と返せなかったヘタレなおいら。チーン。

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏U-18 2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |

明後日 高円宮杯開幕!

クラブユースと高体連の垣根を越えて、真の高校生年代日本一のチームを決めると言っても過言ではない公式大会がいよいよ始まります。
全国各地域のプリンスリーグの上位チームと夏のクラブユース選手権(adidascup)および高校総体(インターハイ)の優勝・準優勝チーム計24チームのみに出場権が与えられる高校年代最高峰の戦い。
ベスト4まで勝ち進むと、冬のサッカー選手権よりも前に国立霞ヶ丘競技場で試合をすることができるという意味でも高校生年代にとっては夢の舞台です。

【出場チーム】
プリンスリーグ北海道 (1):コンサドーレ札幌ユースU-18
プリンスリーグ東北  (2):青森山田高校、ベガルタ仙台ユース
プリンスリーグ関東1部(5):横浜F・マリノスユース、浦和レッドダイヤモンズユース、東京ヴェルディユース、桐光学園高校(繰上)、前橋育英高校(繰上)
プリンスリーグ北信越 (1):アルビレックス新潟ユース
プリンスリーグ東海  (3):名古屋グランパスエイトU-18、ジュビロ磐田ユース、静岡学園
プリンスリーグ関西  (3):セレッソ大阪U-18、ガンバ大阪ユース、野洲高校
プリンスリーグ中国  (3):広島皆実高校、サンフレッチェ広島ユース、作陽高校
プリンスリーグ四国  (1):愛媛FCユース
プリンスリーグ九州  (1):鹿児島城西高校
高校総体優勝・準優勝校   :流通経済大学付属柏高校(プリンスリーグ関東5位)、市立船橋高校
日本クラブユース選手権優勝&準優勝クラブ
              :柏レイソルU-18、FC東京U-18(プリンスリーグ関東優勝)

各地域のプリンスリーグ(各地域における高校年代トップリーグ)がこの大会の予選を兼ねている事から、
プリンスリーグ非所属チームにとっては非常に狭き門。(今年その狭き門を突破したのは柏レイソルU-18のみ。)
A~Fの予選リーグに4チームずつ分かれて3試合の総当たり戦を行い、その1・2位および3位の上位4チームが決勝トーナメントへ進出となります。

柏レイソルU-18はDグループ。
9月 7日 11:00 静岡学園高校      @習志野市秋津サッカー場
9月13日 13:20 流通経済大学付属柏高校 @習志野市秋津サッカー場
9月15日 11:00 広島皆見高校      @ひたちなか市総合運動公園陸上競技場
の3試合。比較的近場ですね。

今のチームで過ごすシーズンも残り3ヶ月強となりました。
好成績を残している分、各所でメディアに取り上げられることの多かったこのチームのサッカーも
千葉県内で見られるのはあと数試合。
その1試合が『柏ダービー』というのは何の因果でしょうか。


ちなみに有料ですので、御注意下さい。
登録選手や審判資格をお持ちの方は会員証をお忘れなく。


明後日 高円宮杯開幕!…の続きを読む

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏U-18 2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |

夏の夜の夢・・・なんかじゃないやい ~第32回adidasカップU-18~

8月に入ったばかりですが、今年の夏はもう終わり。
そう感じているほど、抜け殻となっています。
濃密な9日間+αを楽しませてもらいました。
柏U-18をはじめとするクラブユース選手権出場選手の皆に感謝を。

【登録メンバー】
 ◇柏レイソル U-18
監督 吉田達磨
 1 松下理貴  3年 GK 187
 2 御牧考介  3年 DF 164
 3 飯塚浩一郎 3年 MF 182
 4 根立研裕  3年 DF 170
 5 橋本拓門  2年 MF 175
 6 畑田真輝  3年 MF 172
 7 川崎諒   3年 MF 167
 8 仙石廉   3年 MF 170(Cap)
 9 工藤壮人  3年 FW 177
10 武富孝介  3年 MF 173
11 山崎正登  3年 MF 171
12 茨田陽生  2年 MF 172
13 牧内慶太  3年 FW 171
14 川尻晋   2年 DF 170
15 仲間隼斗  1年 MF 170
16 川浪吾郎  2年 GK 192
17 熊谷達也  1年 MF 164
18 豊嶋邑作  2年 FW 168
19 鳥山祥之  1年 MF 170
20 島川俊郎  3年 MF 180
21 神崎勇介  2年 GK 182
22 酒井宏樹  3年 MF 183
23 相馬大士  1年 MF 174
24 山嵜駿   1年 FW 179
25 指宿洋史  3年 FW 191

2008年7月26日 13:00Kickoff Jヴィレッジピッチ1
柏U-18 4-2 アビスパ福岡U-18
 9分 河井(5)
13分 工藤(PK) ペナルティエリア内で倒された。
20分 指宿 仙石のフリーキックをワントラップし右足一閃。
23分 指宿 仙石のフリーキック時にフリーで抜け出しをヘディングシュートを易々と決める。
47分 工藤 DFがカットし前線にフィードされたボールに反応しフリーで抜け出しドリブルシュート。
69分 吉原(14)

2008年7月27日 10:30Kickoff Jヴィレッジピッチ3
柏U-18 3-0 モンテディオ山形ユース
57分 工藤 オーバーラップした茨田からの浮き球を前を向いたままトラップしシュート。
61分 山崎 ゴール前混戦を押し込む
70分 指宿 左サイドからの酒井のクロスに武富がシュート。キーパーがはじいたところを押し込む

2008年7月29日 15:00Kickoff Jヴィレッジピッチ1
柏U-18 2-0 清水エスパルスユース
 3分 工藤(PK) 右サイドから飛び込んだ御牧を相手DFが倒しPK
34分 工藤 山崎のシュートが弾かれた所を詰めて押し込む

2008年7月30日 14:00Kickoff Jヴィレッジピッチ5
柏U-18 2-1 セレッソ大阪U-18
52分 オウンゴール 酒井のクロスにゴール前ごちゃつく
58分 畑田 楔に入った指宿からの戻しのパスに走りこんでミドルシュート
77分 山口(10)

2008年8月1日 19:00Kickoff ニッパツ三ツ沢球技場
柏U-18 1-0 ガンバ大阪ユース
59分 工藤 左コーナーキック、ニアで指宿がヘッドでそらしたボールがファーサイドの工藤足もとへ

2008年8月3日 18:00Kickoff ニッパツ三ツ沢球技場
FC東京U-18 1-0 柏U-18
72分 三田(14)


一つ一つの試合が忘れられないのですが、
特に準々決勝へはいってからの3試合、思うように攻めさせてもらえない辛抱の時間が多かったと感じています。
そんな苦しい時間を凌げるしぶとさを見につけた、また一回り成長した姿を目の当たりにしました。
また、このチームがまだまだ成長する余地を残している点も見つかった・・・。

このチームで戦えるのは残り4ヶ月。3年生は皆バラバラのチームへと散っていくことになります。
スペイン遠征中のこのチームが、残りの時間でどこまでチームとしての成熟を魅せてくれるのか、
残り限られた短い時間ながら大いに期待しています。
夏の夜の夢・・・なんかじゃないやい ~第32回adidasカップU-18~…の続きを読む

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏U-18 2008 | コメント:2 | トラックバック:0 |

Jユースカップ 予選Dグループ川崎FU-18戦 (H)

2008年7月13日 17:00Kickoff
柏U-18 4-0 川崎フロンターレU-18
【得点】
25分 工藤←山崎
36分 山崎←工藤
38分 川尻
84分 畑田(ミドルシュー

川崎フロンターレU-18とは今年2度目の対戦。
前回は関東クラブユース選手権の1次予選。日立台人工芝で3-3の引き分け
後半まで優位に試合を進めるも柏の足が止まるとあっさりと同点に追いつかれた試合でした。
川崎Fは最後まで足の止まらないチームとのイメージがあったので気が抜けない90分となりましたが、最後の最後突き放せたところがチームの成長でしょうか。

左サイドの川崎君が怪我で離脱して以来、定まらなかった左サイドですが、
ここに来て川尻君が安定した力を出せるようになってきた感があります。
3点目のオーバーラップ→ゴール前への侵入も機を見計らった鋭いものでした。
サイドからも中央からもバランスよく攻められるようになってきた。
毎試合安定したポテンシャルを出すチームなので、
この年代にしてはなかなか成長を感じるのは難しいチームなのですが、
全国大会へ向けていい仕上がりのようです。

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏U-18 2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |

08関東クラブユース選手権 順位決定戦

寄る年波には勝てません。
去年まではへいちゃらだった那須行きも今年は体に堪える始末。
来年からは1泊かなぁ・・・。

今年のプリンスリーグ関東1部での4強のうち3チームと柏U-18での1~4位順位決定戦。
残念ながら2月20日のプリンス参入戦で敗北した為にプリンスリーグ関東2部へは参入できなかったので、
公式戦は4月の新学期以降、千葉県リーグと、この関東クラブユース選手権の予選のみ。
7月末の全国大会で対戦する可能性のあるようなチームとの対戦は殆どなかったが為に
夏を睨んでも、その試金石となる2試合でした。
進化を確認できるところもあれば、プラスアルファを求めたくなるところもあり。
濃密な2日間だったかと思われます。

2008年6月21日 15:00 Kickoff
柏U-18 7-2 浦和ユース
工藤 相手ゴールキーバーがエリア外でヘディングでクリアしたボールが中途半端なところをヘディングで押し込む。
山崎 FKの際に浦和が壁に気を取られた横を抜く仙石君のパス。フリーの山崎君が押し込む。
酒井 DFラインからのロングボールを左サイドで受けつつ抜け出しロビングシュート。
山崎 右からのシュートが相手DFのかかとに当たりキーパーの反対側へとコロコロ
武富 FKのこぼれ球をダイレクトにミドルシュート
山崎 酒井君の左からのクロスを工藤君がシュート。一旦ポストにはじかれるも山崎君がボレー気味に押し込む。
工藤 スルーパスにDFと併走しながら反応。DFを振り切りシュート

1点目が事故のような形で先制し、あっという間の3点奪取劇。
30分の給水タイム(この日は蒸し暑くて31℃・・・健康面を考えての給水の為の中断があるんです)までに、
3点差がつくとは思っても見ない展開で、レイソルU-18の選手は終始のびのびとプレイできていた様に見受けました。
後から聞くところによると、年代別日本代表でよく見かける山田君と、高橋君をレッズは欠いていたとのこと。
彼らが揃ったフルメンバーの浦和ユースと対戦はお預け・・・ですね。

2008年6月22日 12:45 Kickoff
柏U-18 1-1 FC東京U-18
    PK 6-7
工藤 左サイドタッチライン際を攻め込んだ酒井君のパスを押し込む

昨年のJユースサハラカップ決勝の再戦。
今回もまたFC東京のプレスに苦しめられました。
ハーフラインを超えると途端にプレスの網が押し押せてくるので、なかなかMF間でボールを廻すことはできません。
その為、安全を期したDFラインへのバックパスが自然と増え、手詰まり感が漂っていました。
というのも、カットされると両翼を生かした高速カウンターであっという間にレイソルゴール前まで脅かされるから。
DF陣の体を張った守りで何とかしのぐも追加点が上げられない苦しい展開が続きました。
(特に御牧君は幾度となく左サイドからの東京の攻めを体でブロック。彼が1年の頃に千葉との試合で素人目にも明らかに狙われて攻められていたことを考えると感慨深いものがありました)
残り10分くらいの頃合だったでしょうか、東京の交代して入ってきた選手のドリブルを後ろから倒してしまいFKを与えてしまいます。
これに幾重と壁を作るも、ゴール右上へ突き刺さるすばらしいFKを打たれついに失点。
そのままPK戦へと突入となりました。

昨年のサハラカップ、ポゼッションすら満足にさせてもらえなかった事を考えると、
チームとしての安定感は上がっているんだろうなと感じましたがね、
去年の3年生のように、試合にアクセントを付けられる選手の台頭が待ち望まれるところです。
(現に決勝は交代0でしたし・・・)

最後に、現地で見知らぬ方から話しかけられたんですよ。
「比嘉君はどうしたんだ?」って。
怪我で1年近く難しい旨を伝えると、「比嘉君抜きでレイソルはこんなに強いのか!?比嘉君が入った試合を見たいなぁ」とのこと。
どうしても贔屓目が入ってしまうので口にはできなかったのですが、やはりそのように見られているんですね。今の柏U-18は。
最後の1文に関しては私も同感ですが、こればかりは怪我なので仕方がない。
彼がピッチへと戻ってこれる日が1日でも早くなるよう祈ります。

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏U-18 2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。