Viento del roble

不特定に、気ままに、サッカーを書き綴ればと。今年も何事も現場主義で。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

そして1年前へ

天皇杯の後半を見ている私には1年前の12月の試合が思い起こされました。
中盤でのパスカットからすばやく前へフィードし,FW2枚が懸命に追いかける姿。

これまで1年間かけて何をしてきたのでしょうか。
去年のチームから上乗せできたものはあったのでしょうか。

もはやこの時期になってまで監督を変えろという気は毛頭ありません。
これから戦術を組み立てろという話も土台無理な話です。
昨年の今の時期よりも選択できる選手は増えていますが、
なまじ増えただけにおのおのの特徴をつかめず公式戦で醜態ををさらすことが続いています。
5月頃の選手コメントに「レイソルのサッカーの形は出来ているが・・・」というコメントが見受けられた時期がありました。
ここまで結果が出ていない以上そんな形はないに等しいと断言せざるを得ません。
もともと積み上げているものがないのですから、今選手達が持っている「○○とはやりやすい」というフィーリングに頼るのもひとつの選択肢かもしれません。

それ以上に、あとは柏レイソルというチームに今所属している選手達の意地に求めるしかないかと思っています。
首脳陣に頼らないその可能性だけは垣間見えた試合でした。


つながりもなくまとまりのない文章になってしまいました。
けどこれが今の管理人のありのままの心情です。
ごちゃごちゃの姿を公開することをお許しいただきたく・・・。
スポンサーサイト

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏レイソル 2005 | コメント:4 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。