Viento del roble

不特定に、気ままに、サッカーを書き綴ればと。今年も何事も現場主義で。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

J2第47節 湘南-福岡

黄色く色づいた銀杏並木に1年前の記憶が否応なしに思い出されました。
しかし違うのは、この試合昇格の可能性を残していたのはホーム湘南
シーズン前には、いや、1ヶ月前ですら口では言っていてもこの日まで可能性を残しているとは正直予想していなかった。

2007年11月25日 13:03KickOff
湘南 1-2 福岡
田中
石原
アレックス

7ゲートをこうこうと照らす西日で、かなり試合が見辛かったので、
あまり書きたくても書けないのですがね、
福岡の強さと弱さ、湘南の強さと弱さ
それぞれがすべて詰まった1年の集大成のような試合でした。
それとあわせて、両チームにともに欠けている点も。

湘南の1失点目は、縦のスピードに弱い湘南の弱さ
福岡の1失点目は、シーズンを通して終始安定感を出せなかったDF陣という弱さ
どちらも弱点がしっかり点に繋がってしまった。
でもそればかりではないいい点もたくさん見受けられた。
福岡の両サイドのスピードに乗った突破は前半、湘南の両サイドを押し込んで殆ど攻撃させてなかったですね。
中央を無尽蔵のスタミナで駆け回るアレックスを抑えきれず、前半の湘南のボランチの二人は終始守勢にまわるしかなかった。
おかげで湘南の攻撃パターンの押し上げ、飛び出しが全くなく、前半はずっと福岡ペース・・・。
攻めは高さもスピードもあって相手を押し込めるいいものがあるのだから、これに磨きをかければいいんじゃないかなと思ったんだが、まぁアレックスの去就しだいですか・・・。
湘南も、菅野監督いわく『湘南のがんばりやさん』というように90分間走り続けるスタイルで後半は福岡を押し込んだ。
スタミナが課題だった将太が後半に入ってからスピードで相手を振り切って後ろから倒されPKを得たシーンのようにね。
でも走っても走っても決めきれないというのも今シーズンの大きな課題で、結局来期に持ち越し。
でもこの課題をクリアできたときに、今年の経験は生きてくる気がする。
もう10月の時点で既に蜘蛛の糸ほどだった可能性を1ヵ月半に渡って手放さずに喰らいついてきた。この執念は賞賛すべきものだと思う。
その間に、サポーターの雰囲気も傍目から見ていて良くなってきていたし、まさか最終戦にあんなに観衆が集まるとはちょっと予想外だった・・・。


アレックスに決められた点はね、勝ちに行ってのカウンターからの失点。
仕方がないんじゃないかなと思いますよ。
たかだかトップ10数試合にサテ+練習試合3試合しか見ていないけれど、
湘南が3バックを組むなんて今年初めてみた。
攻めて、点を取って、勝つ。その為の采配なのは間違いないでしょう。
引き分けで終わっちゃいけない試合で勝ち行く采配を責めることは出来ないと思う。
寧ろここまでに落としてきた勝ち点の分を責めるべきだ。

いい試合でした。
スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

湘南ベルマーレ | コメント:0 | トラックバック:0 |

07年J1第32節 A鹿島戦

怪我人&代表で離脱中の選手が多い中、
チャンスを与えられたの選手達。彼らの躍動する姿が見たかったのですが、
残念ながら、控えに甘んじている理由を見せ付けられたような気がしました。
辛辣ですが、試合後のコメントを呼んで猶更その感を強くした。正直残念だ。

2007年11月18日 14:04KICKOFF 鹿島サッカースタジアム
鹿島 1-0 
42分 船山

出場停止で小笠原選手を、五輪で内田篤選手、興梠選手を欠く鹿島、お互いにベストメンバーは組めない中での試合となりましたが、
それでも鹿島は鹿島らしく、正確なパス回しと中盤の潰しでを翻弄。
特に、青木選手の嫌らしさ(相手から見たいい意味でですよ)が目に付き、一時期伸び悩んでいるなぁと思っていた印象が払拭されました。
中盤でのボール奪取、攻撃時のフリーラン、にとって嫌なプレイを散々見せ付けられた気がします。
ああいったプレイが出来るように選手を育てられるのが鹿島の強さなんでしょうが、
それをも盗めないもんかと小一時間・・・(ry
最後に出てきて独り相撲で退場していった11番さんが唯一鹿島さんらしくなかったかな(苦笑)
なんでか、私が鹿島の試合を見ると彼が退場をしている気がします・・・。

一方での選手で褒めるべきは水谷選手でしょう。彼の反応でどれだけ点を防げたか。
それから俊太。シュート3本が示すように、点を取ろうという意欲は見えていたと思う。
近藤・古賀の両センターバックも必死に体を投げ出して、シュートを防いでいた。
前の試合よりもプレスはかかるようになり、DF面ではよくなってきた感があっただけに、
その印象を覆い隠すような試合後のコメントが残念で残念で仕方がない。
この試合の内容で満足なんですか?
点を取れていないんですよ。チームは勝ててないんですよ。
自分だけが試合に出られればそれでいいんですか?
もっとやれると思っている私が高望みしすぎなんでしょうかね?期待しすぎなんでしょうかね?
ちょっと、いやかなりがっかりしながらの帰途でした。

最後になりますが、古賀選手、捻挫で全治4週間とのこと。
今シーズンはもう出場はかなわないでしょう。
ゆっくり今シーズンの疲れをいち早く取って、来年もひとつ宜しくお願いしますm(__)m

それから、櫛形でもお会いした方と鹿嶋でもお会いしました。
2日間レイソル漬けの週末、お疲れ様でした。
07年J1第32節 A鹿島戦 …の続きを読む

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏レイソル 2007 | コメント:0 | トラックバック:0 |

07年JYサハラカップ 予選Cグループ 甲府-柏

サハラカップの予選リーグ最終戦は、甲府市の南西、南アルプス市で行われました。
風が吹くと感じられる肌寒さの中、およそ100人超の観戦者の前で、
U-18輪湖君のヴァンフォーレ甲府へのお披露目試合として。

11月17日 14:00KickOff 櫛形運動公園陸上競技場
甲府ユース 1-5 U-18
得点 畑田
    工藤×2(うち1PK)
    山崎
    太田

1週間前の日立台での対戦とは異なり、序盤ヴァンフォーレに支配される率の高い出だしでした。
U-18の遅攻は甲府ユースのプレス網に次々とかかりボールをカットされてしまいます。
DFラインの裏を狙うパスも、この前のようにはうまく通らず、オフサイドをとられたり相手へボールが渡ったり、エンドラインを切ってしまったり。
それは畑田君の得点、工藤君の得点で前半を折り返すまでは然程として変わらなかった。

後半に入り、輪湖君の突破から相手DFが退場(PK2回)してしまいます。
トップスピードの輪湖君を防ぎきれず後ろから足をかけてしまう形。
うち1回を工藤君がネットを揺らしたところから、ようやく本来のサイドの動くサッカーを体現できたような気がします。
(甲府ユースが1人少ない分、スペースが出来て攻撃し放題になるのは当たり前といえば当たり前)
途中投入の太田君、酒井君、篠原君が次々とサイドを突破しゴール前まで持ち込みます。
太田君のバー直撃のシュートや、酒井君のキーパーとの1対1の場面など
攻めに攻めるのですが、追加点が1点どまりだったのはちと寂しい。
むしろ試合終了間際のDFとキーパーの連携ミスから奪われた1点は『喝っ!』でしょう・・・。

試合には、大宮との決戦を翌日に控えながらも甲府の大木監督が足を運んでいました。
甲府の地で、彼の下で、才能が羽開くことを期待しています。
試合終了後には、甲府サポーターの方々も早速『わっこっなおきっ!』とコールしていました。
早く、甲府トップの試合で見られる日が来ることを・・・。
07年JYサハラカップ 予選Cグループ 甲府-柏…の続きを読む

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏U-18 2007 | コメント:0 | トラックバック:0 |

練習試合 柏-栃木SC

あちらこちらを覗いていると「後半はよかった」「持ち直した」なんて言っているけれども、
天邪鬼な私です。その意見にはっきりと異を唱えたいと思います。

2007年11月14日 14:00過ぎキックオフ 日立サッカー場
練習試合
 3-2 栃木SC
<栃木>横山、小林成
>石川、大島、ドゥンビア

前半の栃木SCは11月11日のJFLジェフリザーブス戦と同じメンバー。
後半の栃木SCはサブ組およびベンチ外のメンバー。(ヤマシがこっちに入っていることにはちと寂しいものが・・・)
言いたいことはお判りいただけますかね?

後半になって確かにのプレーが前へ前へ進みだしたのもありますが、栃木のメンバー交代は大きかったと思いますよ。
プレスの圧力が後半になって弱まったのは見ていてはっきりと判った。
それだけ前半の栃木のプレッシングは最前線からしっかりかかっていて、はなかなか攻撃の組み立てができなかったのは紛れもないこと。
横山と上野の2TOPがDFラインまで駆けずり回るためにあわててキーパーへと戻してクリアする場面が多々ありました。
栃木の攻撃はいったん上野にボールを当てて、サイドに展開してというシンプルなものでしたが、JFLに出場しているトップメンバー同士ということもあり、
パスが次々と繋がっていくので、のDFはプレスを掛けるどころか、1対1で何とかしなければならない場面が多く、栃木に掌の上で転がされている感じでした。
11月も半ば、来期へ向けてアピールをしていかねばならない選手たちのはずなのに、一抹の寂しさを感じたのは私だけでしょうか。

失点は右サイドから上げたクロスに横山がDFを背後に背負いつつもボレーでねじ込んだ1点目と、
FKの零れ球を右サイドでフリーキックを蹴ってフリーの小林成光選手へパスを繋がれゴール左隅へ簡単に決められた2点目。
いずれもマークの位置等で防げた失点だと思いますが、そのあたりが今の勢いってもんでしょう・・・。
その他にもゴールポスト選手による2得点の得点阻止がありましたね(棒読み)

攻撃面で特筆すべきはブルーノ選手でしょうか。
前半、隙を見ては繰り出すミドルシュートは、今柏の他の選手に欠けているもの。数本打っていましたが栃木にとって脅威になっていたと思います。
ボランチとしてのパス供給も正確なものが多かったですが、自分の体の向いている方向へしかパスを出さない癖が直れば面白そうですね。
全体的な印象としては、攻めはするもののピッチの残り1/3のラインを境に栃木のプレスがきつくなり押し込めないといったところです。
あと、攻撃ではちょっと迷っているのかもしれません。その迷いのせいかプレ-判断がちょっとずつ遅くなっている分攻められない。
サイドからのクロスばかりで得点の雰囲気がないままだらーっと終わってしまった印象でした。


後半になって、トップ下に池元選手が移りました。ピッチを左右にポジションチェンジしたり、隙を見てはシュートを打つ。
前半もクロスバー直撃のシュートがありましたが、トップ下のほうが持ち味が生きそうです。確か、サテライトのアウェイ仙台戦でもそういう風に思ったことをふと思い出しました。
3得点はセットプレイが2つとカウンターが1つ。
由紀彦選手のコーナーキックにフリーで飛び込んできた石川選手のヘディングが1点目。
コーナーキックの零れ球をブルーノ選手が栃木の選手と交錯しつつも右の由紀彦選手へ展開、上げたクロスを中央で大島選手がヘディングシュート(でもヘディングのコースは甘い)で2点目。
由紀彦選手から『ユ”-キ”ー』と叫びながら右サイドを駆け上がったブルーノ選手へとパス。フリーだったのでそのままシュートを打ってもよかったのですが、キーパーをひきつけてから左サイドのドゥンビア選手へとパスし、ごっつぁんゴールで3点目。
ブルーノ選手がいつのまに『ドゥンビアの謎の喜びのダンス』を一緒に踊れるようになったのかは謎ですが(苦笑)
それでも、最後は久々の柏らしい速攻での得点でしたのでいい雰囲気で終われたのはよかったと思います。

練習試合 柏-栃木SC…の続きを読む

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏レイソル 2007 | コメント:0 | トラックバック:0 |

07年JYサハラカップ 予選Cグループ 柏-甲府

ヤマトの唄いすぎで喉がいまだに枯れたままのまっきーです、こんにちわ。
ホーム日立台で2年振りのサハラカップ決勝トーナメント進出が決まりました。

11月11日 13:00KickOff 日立柏サッカー場
柏U-18 8-0 甲府ユース
得点 工藤×4(うち1PK)
    牧内
    山崎
    浜嶋
    太田

諸事情もあり、選手入場と同時に駆け込んだピッチ上に(個人的には)今年はじめて見る背番号14の姿がありました。
昨年は、いまや1年生ながら明大で活躍中の山本君と2TOPを組んでいた浜嶋君。
一転、守備的な中盤での出場でしたが、外から見ている分には久々を感じさせない動きでした。
ゴールを決めたときのミドルシュートの零れ球への反応や、取り消されはしたもののDFと競り合って押し込んだ幻のゴールにFWとしての嗅覚を感じましたよ。
途中交代する前にはそのFWの位置でもプレー。ボールを受けての反転とか、やっぱりいいもの持っていると思いましたし、嬉しかったなぁ。

さてさて、試合の方ですが、甲府ユースはDFラインの裏を取られすぎ。この一言に尽きると思います。
面白いようにサイドから、真ん中から柏U-18の選手が突破していきました。
最後は5バック風になってましたけれども最後まで柏U-18の突破を防ぎきれていなかった。
それだけ柏U-18は甲府ユースを蹂躙し、支配したゲームでした。
前半に至っては、確か甲府ユースのコーナーキックは0のはず・・・。
スピードを生かした相手FW10番の突破等はありましたがね、ゴールの枠を捉えきれないままでした。

試合を見ていて思ったのは牧内君の成長でした。
4点目の彼のゴールもそうなのですが、去年の今頃感じていた淡白さは影を潜め、
囲まれても粘り強く突破のタイミングを計り、例えボールを奪われてしまって守備に戻るときも執拗に相手に喰らいついて行ってましたね。
そんな成長を感じられるのも楽しさのひとつ。

この試合の個人的MVPはキャプテン仙石君。
このチームはもはや彼のチームになっているかのように感じるのは私だけではないと思います。
守備に攻撃に獅子奮迅の働き。ボールのあるところには必ず彼がいて、痒いところに手が届くかのような細かいフォローを沢山している。
ま る で M J じ ゃ な い か !
あー、違う違う。攻めの姿勢が違うな(苦笑)
彼のところから始まる攻撃が多いのは大きく違うところですな。

残り1試合の段階で

1 柏   11 3勝0敗2分 +10
2 鹿島 10 3勝1敗1分 + 9
3 湘南  3 0勝2敗3分 - 5
4 湘南  2 0勝3敗2分 -14

となりました。
あとはグループ1位が柏になるのか鹿島になるのか。
1位と2位では決勝トーナメントの行く末が激しく異なってきます。
もう1回、3年生には日立台で黄色いユニフォームで試合をさせてあげたい。その一心です。
07年JYサハラカップ 予選Cグループ 柏-甲府…の続きを読む

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏U-18 2007 | コメント:0 | トラックバック:0 |

07年J1第31節 H横浜FC戦

心に余裕がないと応援しながら試合内容を心に留めておくことはできない。それに気づいた週末でした。
それでも書き綴る。たとえほんの少ししか書き留めることがなくても綴り続けていくことが、今できることだから。

2007年11月10日 16:04KickOff
柏 1-1 横浜FC
75分 北嶋
83分 根占

柏の葉ってあんなに暗かったかなぁとスタジアムに着いて、雨の中夕暮れを待つ間に思ったこと。
それだけ日立台の近さ明るさに慣れてしまっていることを再認識しました。
9月24日の最後の勝利からはや1ヵ月半、とはいえ、熱心な方と違って、途中名古屋戦と神戸戦しか観戦できていない身としては、
5連敗だ、2005年みたいだ、酷過ぎると聞いてはいたものの実感としてはなかったんです。
試合終了後の『ちょっと持ち直してきたかな?』という知り合いのサポーターの言葉にも・・・『そうだね』といえる材料がなかった。
ただ、思い返していたのは、過去に上げたこんな言葉でした。

今は何とか勝てていても、きっと今シーズン中にしんどい時期が間違いなくやってくるでしょう。
そのときに僕たちは如何に耐えて、選手を励ませるか。それがこれからの僕たちの『挑戦』なんじゃないかな。


他人に強制するつもりはありませんが、今がそのときだと思ってます。
拍手は出来ない様な内容であろうとも、ブーイングすべき試合であろうとも、試合中は声の限りに叫ぼうと、頑張ろうと改めて感じた。

さて、試合のほうですが、キタジのヘッドしか覚えていないんですよね。これが。
なんというか、キタジらしいゴールだった。そして一目散にバックスタンドへと駆けていく姿がとてもキタジらしいなと。
ちょっとだけ目頭が熱くなったのは秘密です。

横浜FCがプレッシングサッカーを仕掛けてきたこともあって、プレッシングサッカー対決なら柏に一日の長があるはずだ!
絶対後半に足が止まるに違いない!なんて話をしてましたが、そんなことはなかった。
最後まで足が動いていたのはむしろ横浜FCの方で、一抹の寂しさを覚えました。

(初稿)

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏レイソル 2007 | コメント:0 | トラックバック:0 |

07年JYサハラカップ 予選Cグループ 湘南-柏

天皇杯4回戦と同日に行なわれたこの試合。
相模川河川敷の澄み渡った秋空に両チームの思いとサポーターの声は溶け込んでいくようでした。

(2007/11/06一部修正しました)
湘南ユース  2-2 U-18
 工藤(PK)
  酒井

柏の公式ブログにも掲載されたように守備の要だった豊嶋君が先週の鹿島ユース戦で負傷。
代わりにピッチに立ったのは、サテライト・練習試合でもおなじみの飯塚君でした。
ピッチに立つメンバーが変わった分、システムも変わりました。
湘南ユース対策だったんでしょうかね?
4バックの前に1人を置くJ1で例えるなら川崎の4バックシステムに近いとでもいいましょうか。
<守備時>             <攻撃時>
   A B(ボランチ)        D      G
    C                  A B
D E F G(DFライン)       E C F
といったふうで、来期の守備戦術はこうなるのかなと思ったり思わなかったり。

この試合の位置づけとしては湘南ユースは予選残り2戦でグループ4位。2位以内に入り、
決勝トーナメントを目指すにはもはや1敗も出来ない立場。
片やはグループ首位で残り試合数も3試合と、グループ突破という意味ではやや優位も代表選出や続出する怪我人に、これまで試合でサブ、メンバー外だった選手の活躍が期待される試合でした。

試合当初は「負けられない」という強い気持ちを前面に押し出した湘南ユースが攻め込みます。
開始10分くらいだったでしょうか。U-18はあっさりと裏を取られて失点してしまいました。
前回のホーム湘南戦ほど攻め込まれはしないものの、
相手の2人のボランチのディフェンスが、カバーリングが素晴らしく、中央からの攻めを組み立てられません。
センターの工藤君にボールがおさまるとあっという間に取り囲まれボールの出し先がなくなる。
自然と、DFラインの裏を狙ったり、サイドからのクロスが攻撃の中心となりますが、
試合を通してオフサイドを軽く10回以上は取られるように、高くラインをコントロールして
コンパクトに守る湘南ユースを崩せませんでした。
久々に御牧君のプレイのいいところの1つである(と、個人的に思ってますし、好きなんです)
ゴールライン際からのマイナスのクロスを何本も見られましたが、
合わせるシュートが悉く湘南ユースのゴールキーパーのすばらしい反応に阻まれてしまい得点することが出来ないまま前半を終えました。
07年JYサハラカップ 予選Cグループ 湘南-柏…の続きを読む

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏U-18 2007 | コメント:4 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。