Viento del roble

不特定に、気ままに、サッカーを書き綴ればと。今年も何事も現場主義で。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

08年J1第9節 清水戦H

高校生年代のサッカーの試合を見るようになって、
試合毎に出来不出来が激しくて
あー、サッカーってこんなにメンタルが影響するスポーツなんだなと
勉強になったことがあります。
その点、曲がりなりにもプロとして稼いでいる選手たちが
試合毎にコンスタントにパフォーマンスを発揮できるのは
凄い事なんだというのも、理解できた。

柏レイソルというチームは
他のチームと比べて
出来不出来が激しいというのは、
このチームを見続けているならば
誰もが知っていることだと思うのです。
それでも昨日の試合はそれ以下の出来だった・・・。

清水さんには申し訳なかったですが
今の柏レイソルには
『名目上の』プロ選手しかいないんだと思います。
精神的にズタズタで
チームとしての呈を成しえておらず、
サッカーになっていない。
そうとしか言いようがない・・・。

でも次の試合はすぐにやって来てしまうなか、
俺たちに出来るのは
声を出して跳ねるだけしかないのが
歯がゆい。歯がゆすぎます。

何か他にできることはないのでしょうか・・・。

とにかく、ここでサポーターが折れちゃおしまい。
我慢して、チームが立ち直れる様背を押していかないと。
気合いれてフクアリへ乗り込みましょう。


2008年4月29日 14:04Kickoff 日立柏サッカー場
柏 0-2 清水
41分 フェルナンジーニョ
72分 岡崎
08年J1第9節 清水戦H…の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏レイソル 2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |

JFL第8節 流通経済大学vs栃木SC

お互いに隙があっただけにどっちに転んでもおかしくない試合でした。
ゴールを先にとった流通経済大学がその勢いに乗れた事が勝因?
まぁ、見ていて小気味よいサッカーでしたよ。

2008年4月27日 13:00Kickoff 茨城県鹿島サッカースタジアム
流通経済大学 2-1 栃木SC
56分沢口
64分山村
89分小林

栃木SCは今年どこかで見に行こうと思っていました。
落合や石舘もそうですが、何より監督が柱さん。
去年の練習試合で気になった深澤もいますしね。
落合が前節で足を痛め(捻挫)見られなかったのは残念ですが、
靖樹が伸び伸びとサッカーを楽しんでいるように見えたのは嬉しかった。結果に結びつかなかったけれどね。
ただ、あのライオンヘアは如何なものか。靖樹には黒髪が似合うと思うんだけれどなぁ。
そのほかにもお互いに見慣れたメンバーが多く(元J、今冬の高校選手権出場者など)、初見の選手は1/3以下でした。

立ち上がりから栃木が何かおかしかった。
右サイドは岡田&小林のコンビで崩していける(特に岡田の幾度となく駆け上がるオーバーラップは脅威となっていた)のに左サイドから攻めようとすると何故か佐藤悠介のところで必ず行き詰ってしまう。(ほとんどがバックパスに)
かといって左サイドバックの入江がフォローのために上がってくる訳でもなし。
上野が下がり気味のため、半ば1TOP気味の靖樹に当てるボールからのチャンスメイク位しか上手く行っていない感じだった。
ただ、守備ではそれほど破綻を見せたところはなかった。小林、佐藤の両サイドがここぞというところでボールを奪うし、DFラインの裏を狙うロングボールはほとんどがオフサイドを取ったり、跳ね返したり。
流経は両サイドの個人技による突破しか打開策がなく、ほとんどシュートを打った印象がなかった。
そんなお互いに攻めあぐねた印象の前半だったのですが、選手交代からバランスを栃木が崩してしまった。
流通経済大学の沢口が後半の立ち上がりに技有のボレーシュートを決めると、栃木から若干焦った感じが漂ってきました。
靖樹のクロスバー直撃の強烈な右からのミドルもあり、あれが決まっていればどうなったかわからなかい感じでしたが、点を奪われた栃木が先に動きます。
(直前にケツから太もも裏にかけての部分をを蹴られて痛めたせいもあったのか)
靖樹に変えて横山聡を投入。しかし同様の動きを果たせずボールが収まらなくなる。
交代直後の2点目はFKから。右サイド30mくらいはありそうな距離からのセットプレイでゴールイン(FKにちょっと触ったのかな?遠くてわからなかった)
そしてボランチの向に変えて深澤を投入。4-4-2のままなれど中盤のシステムをボックスからダイヤモンド(深澤トップ下)に変えてしまった。
この交代で流れが完全に流通経済大学に行ってしまった気がする。
サイドにスペースが出来、流動的に動いていた流通経済大学の中盤、村瀬、中里、名雪、関戸が
ドリブルで持ち上がれるようになる。その開いたスペースへとサイドバックの押し上げも頻発し攻撃が活性化。栃木陣内での攻勢ばかり。いつ追加点がはいってもおかしくない雰囲気だった。

更に攻撃的に行こうと松田正を投入し4-3-3に変えた栃木、しかし流れを変えられない。
深澤の縦へのスピードを生かすわけでもなく、
上野、松田の高さを生かすべくサイドからのクロスのボールを入れるわけでもなく、
ただ足下へ足下へと言うボールばかりで点の取れるにおいがしなかった。
最後の最後、ロスタイム残り数十秒でカウンターによるシュートの零れ球を小林が押し込んだがときすでに遅し。

この結果に、去年のJFLを思い出してしまいました。
開幕から負けずにきた第8節、岐阜に負けた栃木、今年こそはその轍を踏んではならないはずです・・・。

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

その他 | コメント:0 | トラックバック:0 |

今日もいつもと同じように

まぁ、触れざるを得ないでしょうね、この話題には。
世間はどれだけ騒ごうと、今日も等々力で試合があるのは間違えようのない事実。
今回の件で一番ショックを受けているのは毎日同僚として過ごしていた選手達でしょう。
それでも日常は進んで行くんだ。非日常なのは、興味本位のマスコミ等の目だけ。

私達は、いつものように、いやいつも以上にゴール裏から声援を送るだけしか出来ないのです。
今やるべき事はピッチに立つ私達の代表を後押しすること。
いつものように胸を張ってフェアに応援する事。気合入れていきましょうよ。


2005年4月28日、コアのいなくなった味スタにいてもたってもいられず駆けつけた俺は、選手達から勇気をもらったんだ。
3年後にこんな事になるとは思ってもいなかったけれど、今度は俺達が与える番だよ。やるべき事はただひとつ。

いい試合にしましょう、スタジアム全体で。フロンターレさん、よろしくお願いします。

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

その他 | コメント:2 | トラックバック:0 |

08年J1第7節 東京V戦H

点差よりも何よりも前へという気持ちが見えたことで、信じてついていけます。

2008年4月19日 19:04Kickoff
柏 5-1 東京V

 8分 太田
13分 李
21分 大谷
71分 アレックス
79分 富澤
83分 太田

川崎戦から中2日、どう立て直してくるか、変えてくるかと期待していましたが、
チュンソンを2列目に下げて、出場停止のシゲの代わりにポポを1トップに入れてきました。
正直、この布陣を見ただけで、適材適所だとwktkできた。
そしてその通り、久々に躍動する11人を見られた。
それだけでしばらく信じてついていけます。
相手が変われど、同じことが出来るように、次の試合もこのメンバーで同じことが出来るのか見てみたい気でいっぱいです。
トップの試合で味わえた久々の爽快感、また味わえるよう私に出来るのは引き続き応援すること。

太田ゾーンの1・5点目も2点目のチュンソンのヘッドもよかったですが、一番個人的に好きなゴールは3点目ですかね。
左サイドバックのはずなのになぜかゴール前にいる大谷キャプテンのシュート。
あんなふうにポジションに拘らずみんなで動くサッカーは見ていて楽しい。
FC東京の城福さん風に言うと『ラブリー』でした。
アレックスの直接FKもよかったけれど、富澤のミドルはいいシュートだったなぁ。
あの瞬間真ん中をぽっかりあけてしまった点は反省点ですね。

かつての友、ディエゴはやっぱりボールを持ってペナルティエリア近くでプレイされると怖かったですよ。
でも、この日はほとんどそんなシーンがなかった。
センターサークル付近までボールをもらいにさがってしまうことが多かった。
あー、2006年のダメなときの試合もこうだったなとちょっと懐かしく思い出したり。

そしてデビュー戦の大島、とりあえずサポがコールしたら挨拶くらいしといたほうがいいと思うよ(苦笑)
舞い上がってたのかな?試合前にまさか出てくるとは思ってもいませんでしたが、
何はともあれJリーグデビューおめでとう。引き続き頑張れ。

勝った試合のあとこそ兜の尾を締めなければいけない。
だから明日は切り替えて、また挑戦者たる気持ちをもって等々力へ乗り込みましょうか。
08年J1第7節 東京V戦H…の続きを読む

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏レイソル 2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |

KCY1次予選 川崎F戦

4月19日12:00Kickoff 日立台人工芝
柏U-18 3-3 川崎U-18

【得点】
43分 工藤 PK
72分 工藤 PK
89分 工藤 シュートを2度弾かれるも3度目の正直

【先発メンバー】
工藤  9(3年)
指宿 25(3年)
武富 22(3年)
畑田  6(3年)
山崎 11(3年)
仙石  8(3年)
川崎  7(3年)
島川 20(3年)
茨田 12(2年)
御牧  2(3年)
松下  1(3年)
【交代】
 7→牧内 13(3年) 山崎君左サイドバックへ

折からの強風の影響を然程感じさせない柏U-18でした。
前半風下の柏U-18ですが、3-5-2の両サイドが下がり半ば5バックの様相を呈した川崎U-18にスペースを埋められてなかなかリズムに乗れません。
ポゼッションの率は高いものの肝心のシュートまで結び付けられない。
奪ったボールを風に乗せてすばやく前線へと蹴りこむ川崎の攻撃もセンターバックが弾き返し、膠着状態に。
均衡を破ったのは川崎でした。
28分に左コーナー近くからのスローイン、そのボールを切り返してディフェンダーを交わしシュートを打たれるとキーパーの手先をすり抜けゴール隅へと突き刺さります。
追加点も川崎。41分にキーパーのクリアボールが味方に当たり川崎FWの目の前へ決めるだけの絶好のボールが転がってしまいます。難なく決まって2点差をつけられてしまいます。
柏も漸く反撃43分、フリーキックの零れ球へ詰めた仙石君がペナルティエリア内で倒されてPK。工藤君が決めて1点差で前半終了。
後半風上に立ち攻勢を仕掛けるも、相変わらずスペースを埋めている川崎DF網を潜り抜けられません。
牧内君を投入して流れを変えようとすると漸く、ペナルティエリア内で工藤君が倒されまたもやPK。これを決めて同点。
勢いに乗って攻め立てるもあっという間に時間は過ぎ、迎えたロスタイム。ゴール正面から2度打ったミドルシュート相手キーパーに弾かれるも、3度目の正直とばかりに工藤君が詰めて蹴りこみハットトリック。
ロスタイムも残りない中でほぼ勝利を手にしたと油断してしまったのでしょうか?川崎の高速カウンターが炸裂。ゴール前でDFが交わされキーパーと1対1の状況で決められてしまい試合終了。
やけにあっさりと失点した同点劇でした。
この失点癖気になっているんですよね。夏に向けて改善していかねばならない点でしょう・・・って達磨監督となべたけコーチは充分わかってるでしょうがね。

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏U-18 2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |

08サテライト 横浜FM戦H

うーん、控組が控組たる所以を示してしまった試合ですかね・・・。
ちょっとプロのお兄さん方に対しては残念な気持ちでいっぱいです。

2008年4月20日 14:00Kickoff
柏 3-4 横浜FM
08分 斎藤 陽介
37分 水沼 宏太
48分 古部 健太
54分 永井 俊太
58分 古部 健太
69分 酒井 宏樹
78分 北嶋 秀朗

いまむーさん(その2)の笛は今日もよくわかりませんでした(御挨拶)
カード出さずに対話をしていこうという姿勢はよかったと思いますけどね。

横浜は守るときこそ3-5-2だけれども、攻撃の時には1-4-1-4とも取れるような
前へ人数を掛け沢山パスコースを作って更には一生懸命走ってとすばらしいサッカーをしていました。
そんな相手にチームとして成り立っていない11人がピッチ上に散らばっていたところで
一方的にやられるだけなのは至極当然の結果。
いくら普段一緒にサッカーをしていないユースの選手がいるからって、信用しないで全くパス出さないとか、ありえないだろ。誰とは言わないけれど。
鹿児島でも、柏でも何度も一緒に試合しているよね?見てて怒りを通り越して悲しくなってきた。
後半点を取った後、もっと点を取って追いつこうというかのようにボールを持って全力でセンターサークルへと戻って行ったのが2回とも仙石君だけだったというのは・・・。
うまくいかない苛立ちを相手へぶつけたり、見ていても不快に感じるプレイをしたり・・・。
サテライトリーグとはいえ、公式戦ですよ?プロなのに・・・なぁ。はぁ。

横浜FMが前半からアクセル全開で飛ばしていたので、後半は案の定足が止まり多少は反撃できましたが、
前半は笑っちゃうくらい何にもさせてもらえませんでした。ここからの底上げは大変ですよ・・・。

ユース選手其々の寸評。
島川君;ユースとは違う切り替えスピードの速さはいい勉強になったんじゃないかな。
    そんな中でも一生懸命ロングボールを蹴りこむだけでなく繋ごうとしていた姿勢を今後も貫いて欲しい。
工藤君;ワントップなのに、ボールを預けてもらえず魅力の半分も出せてなかった。
    仙石キャプテンが入ってからは多少それらしいプレイもあったけど、多分納得いっていないでしょう。
    次いつくるか判らないがチャンスがあれば頑張れ!
山崎君;ポジション取りはよかったのに、ボールが出てこない為無駄走りばかりしていた最大の犠牲者。
    ペナルティエリア直前で危ういボールをクリアしたり、守備で奮闘。
仙石君;ボランチで攻撃の組み立てを活性化。彼からのパスが前4人のうちもっとも適切なところへ散らされたので、漸く機能し始めた。
    機能していただけに途中交代は残念。(だったし彼も残念だったと思う)
酒井君;左サイドバックの間は、センターバックがボール側へより過ぎる分、スペースを埋めきれなかった。決して横浜FMの右サイドから突破されるの多かったのは彼のせいだけではない。
    ディフェンス面に関しては別の組み合わせじゃないと評価できないんじゃないかな。
    本職のオフェンシブなポジションに移動してからは1得点1アシスト。攻撃では魅力を出せたか。
畑田君;不慣れな(というか始めて見た)左サイドバックながら、攻撃にも参加しいいパスを何本か供給していた。
    やっぱり彼からはタニに近いニオいがする。

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏レイソル 2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |

KCY1次予選 大宮U-18戦

サテライトを残り数分のところで抜け出し、駆けつけた初の東松山は、緑に囲まれた静かなところでした。

2008年4月20日 17:28Kickoff
リコー東松山研修所グラウンド
大宮U-18 3-3 柏U-18
【得点】
 豊嶋 パスを受け左サイド45度から斜めに進入しシュート。
 指宿 右からのクロスボールをヘディング。
 指宿 コーナーキック零れ球に詰めて押し込む。

朝まで吹いていた風もやみ、鳥のさえずりが響く中キックオフを迎えたこの試合、
サテライトリーグへAチームのスターティングメンバーが出場していたこともあり、
ABチームの混合というメンバーでした。

【先発メンバー】
指宿 25(3年)
豊嶋  9(2年)
武富 22(3年)
橋本拓 5(2年)
牧内 13(3年)
飯塚  3(3年)
川崎  7(3年)
川尻  8(2年)
茨田 12(2年)
御牧  2(3年)
川浪 16(2年)
【交代】
 8→橋本健 15(2年)
後、鳥山君、仲間君はいた気が・・・どなたかフォローよろ。

メンバーこそ変われど、やろうとするサッカーは同じ。
柏U-18のやろうとするサッカーの些細なほころびを大宮にうまく衝かれた試合でした。
立ち上がりからポゼッションを試みますが、大宮(4-4-2)システムの2トップがプレスを仕掛けてきます。
なかなか落ち着いてボールを廻せない分中盤へのパスの精度も落ち、大宮の2ボランチにパスをカットされるシーンが目に付きました。
奪われたボールはすばやく前線へフィードする大宮。
大宮の2トップはDFと1対1の状況を作り出すのがとてもうまく、幾度となくキーパーと1対1のシーンを作られた・・・まぁ、要は攻められてたということです。
柏は、ウイングの牧内君と豊嶋君を起点に攻撃を仕掛けようとしますが、縦への浮きパスは体格差で優れるDFにヘディングで跳ね返されることが多く、
グラウンダーのパスでつなごうとしても、よく走るボランチ陣にパスコースを限定されなかなか攻めを組みたてられませんでした
ギクシャクしているうちに立て続けに2点を大宮に取られてしまいます。

その直後に豊嶋君が1点を返せたのがターニングポイントだったかと。
牧内君と豊嶋君を右左で入れ替え、相手が慣れていないタイミングだったこともあるやも知れません。
そうすると次は右から牧内君のクロスに指宿君がファーで合わせてゴール。
前半のうちに追いついて終了します。
後半に入り橋本健君を投入し、飯塚君がセンターバックへ。
徐々に柏が攻勢を強めるなか、右からのクロスの零れ球に指宿君が詰めてゴール。
勝ち越すも直後に大宮に柏の右サイドを突破されあっという間の同点劇、そしてそのままお互いに攻め合うもタイムアップ。
キーパーの川浪君のファインセーブに幾度となく助けられた試合でした。

この試合、ショートパスを3~4本つないでのサイドチェンジこそあれど、
ダイレクトのサイドチェンジは皆無だったような気がします。
日頃武器としていることが出来なければなかなか厳しい展開になるのも致し方ないかと、思わざるを得なかった試合でした。


この大会の要綱が4月19日に漸くアップされました。

関東クラブユースサッカー連盟オフィシャルサイト

1次リーグは正直ドローイングの為だけのリーグ戦。(1-3位が2次グループ3位扱い,4-6位は2次グループ4位扱い)現在3試合を終えて1勝2分。
2次リーグからが夏の全国大会を賭けた試合となります。
5/24,5/31,6/1,6/8,6/15と日程だけは発表になりました。
残念ながら6月8日は札幌(ナビスコ杯)へと行っているために応援には行けませんが、
残る試合には駆けつけられればと思っています。

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏U-18 2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |

08年リーグカップ第3節 川崎戦(A)

悔しくて、切なくて、情けなくて、眠れない選手なんているのかな?
少なくとも私はそうだよ。2005年ですら覚えることのなかった怒りと悔しさで眠れないよ。


2008年4月16日 19:00Kickoff
等々力陸上競技場
川崎 3-0 柏
ジュニーニョ ×3

シュート6本も打ってたんですね。
現地で覚えてる限りじゃ俊太のミドルと、CKのときのチュンソンのヘディングしか覚えていないよ。
川崎だってけして褒められた出来じゃなかった。いいときの川崎の攻撃はもっと凄みがあったよ。
それ以上に柏が酷すぎたね。
ねぇ、サッカーやってて楽しいですか?それ以前にサッカーやれていますか?
ガムシャラさとか、必死さとか、気迫とか、何より挑戦する姿勢が最近一切無縁になってしまいましたよね?柏は。
チャレンジしないと学べないことって一杯ある。
柏レイソルを代表してその機会を得ている11人が毎度毎度ただ90分を過ごしているようにしか見えないんですが。
学ぶ姿勢を見せないんならその席を譲ってくださいよ、他の選手に。
去年からまた前へと一歩進むために選手を入れ替えた結果がこれですか?
僕は今、ユッキーの一言が欲しいよ。平山に背中で語って欲しいよ。


柏のサッカーのスタイルがあると言うのなら見せてください。
少なくとも今は全く伝わってこないんだ。




土曜日までに気持ちを切り替えられなかったらスタジアムから帰るかもしれません。
日立台はそういうネガティブな気持ちもすぐ伝わってしまうスタジアムだから。
ヴェルディ戦、日立台へ行く人は気持ちを切り替えて純粋に応援しましょ。
それが出来ないならば足を運ばない事がチームの為かもしれません・・・。
ここより底はないと信じて切り替えるしか・・・。

いや、なんとしても切り替えますよ、僕は。オカに背中押されたんだから。
おととし、そして去年、泣く泣くレイソルのユニを脱いでいった皆の思いを今の選手が背負えないならば俺達が背負おうじゃないか。

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏レイソル 2008 | コメント:3 | トラックバック:0 |

J2第7節 水戸vs熊本@笠松

有料試合の中では今年一番楽しい試合でした。
サッカーで癒されたのって久し振り。
池谷さんの後姿が相変わらずだったり、
竜二さんはGKコーチだったはずなのになんで選手交代の紙出しに行ってるの?とか、
番外も含めて大変楽しい試合でした。
サッカーってこんなに楽しかったんだよね。水戸と熊本の2チームが久々に思い出させてくれました。

2008年4月13日 13:04Kickoff 茨城県笠松運動公園陸上競技場
水戸 2-2 熊本
 2分 荒田(水戸)
12分 河端(熊本)
31分 中山(熊本)
58分 西野(水戸)


お互いががっぷり4つで持ち味を出したグッドゲーム。
2月に馬入で見た練習試合から数段パワーアップした水戸の姿がありました。
初めて見る熊本も、ラインを高く保ったコンパクトな4-4-2。速攻も遅攻も自在に操れるスキルの高いチームでした。
試合の流れをグダグダ書き出すといくらでも書けます。
消しちゃったけれど、実際30分くらいずっと書いてても前半20分分が終わらなかった
それだけ面白いシーン、惜しいシーンがたくさんありました。熊本にも水戸にも。
何よりね、選手がみんなピチピチしてた。川渕氏風に言うとね。
前へ前へとチャレンジする姿勢、仲間のフォローに無駄走りを惜しまない姿、
ホントに2時間があっという間のエンターテイメント。
2-2で決着こそつきませんでしたが、今日の試合を見てたいていの人はまた見に来たいと思ったんじゃないかな?次の試合も見てみたいと。
それだけにこれだけ面白い内容の試合を1464人しか見ていないと言う事が口惜しくて口惜しくて仕方がないのです。

今年のJ2、去年にも増して面白いですよ。

これまでのチームの流れを見ていないので、前の試合などと比べてどうなのかはわかりませんが、
両チームの選手のコメントを見るに試合の結果以上に内容について納得がいっていないみたいですね。

この2チームとも、シーズンが進んで行って完成度が上がった姿は本当に楽しみで仕方がありません。
第2クール第3クールで上位相手にどういうゲームが出来るのかとても楽しみにしています。
6月21日の広島戦@笠松は是非見に行きたいな。

楽しかった試合の後はいくら書いても書きたい事が次から次へと湧き出てきます。
そういえば去年の柏のゲームもそうでした。
あのプレイ、このプレイと記憶に残っているプレイが沢山ある試合をもっとたくさん見たい。
そんな欲求を掘り起こされた試合でした。

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

その他 | コメント:2 | トラックバック:0 |

08年J1第6節 横浜戦(A)

去年と同じく桜の散った後の日産スタジアム。
去年は5本、今年は8本。
ポゼッション率こそ上がれど、シュートを打てないには変わりなし。
物理的に打てないのか、意図的に打ってないのか・・・。

2008年4月12日 14:05Kickoff 日産スタジアム
横浜 2-0 柏

確かに去年よりも進歩しているところはあるけれども、結果が出てないからか信じ切れていないのかな?
早々から駆けずり回ったマリノスのイレブンに圧倒され、受身に廻ってしまっちゃいましたね。
立ち上がり5分間で何度ポスト・クロスバーに助けられたか。
そのまま前半25分くらいまでは圧倒されるなか、頭をよぎったのは去年の試合の事。
今年も同じように、ほとんど何もさせてもらえないない中必死に我慢するしかないのかと。
なんら成長しているところはないのかと。(寧ろ退行している?)とネガティブな事も頭をよぎりました。
でも相手の足が止まって多少流れを引き戻す事が出来た。
カウンターだけではなくパスを廻しながらじっくり押し込んで行く事は出来た。
残り25m前まではね。
その先につなげられない、より安全に慎重にやろうとしているのか、皆が皆なんとなく躊躇しているようでした。
その点がここ数試合根本的に変わっていないのは口惜しい。
せっかくマリノスというフェアなプレイをするいいチームと当たれるのに、もったいない。

途中出場してきたミノルとポポがしっかりシュートで終えようとしていたのは評価してあげたいと思います。
其々枠内からはじき出されたのもありましたしね。
もう一度、ディフェンスはボールを奪うこと、オフェンスはシュートを打つこと、っていう原則に立ち戻りましょうよ。
その為にシステムの変更もやむなしかと思うんですよね。なんか皆息苦しそうなんだ。

先制されると弱かった2007年を乗り越えるべく、システムも、選手も入れ替えた今シーズンであるはずなのに、2008年版柏のサッカーが見えてきません。
自分達のサッカー とコメントに出てきますが、素人の私にはわかりません。
選手達が、監督が、『出来た!』というまで、応援し続けるしかないですね・・・。
ダメだなぁ、ポジティブな事が書けないや・・・。

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏レイソル 2008 | コメント:2 | トラックバック:0 |

08年J2第6節 草津-湘南@敷島

次に行くときは『正田醤油スタジアム』に名前が変わっているであろう敷島。
桜がとてもキレイでした。
試合の方は、赤城下ろしに煽られてお寒い内容でしたが・・・。

2008年4月5日 13:04Kickoff 群馬県立敷島公園県営陸上競技場
草津 1-2 湘南
70分 寺田
81分 リンコン
86分 リンコン

メインスタンドからみて左から右へと北風が強く吹きつけたこの日、
試合の流れも前後半でキレイにかわりました。
そりゃそうだ。フリーキックのボールが転がるくらいの風だもの。
風下からのゴールキックなんて風に押し戻されて組み立てられやしないので、自然と流れも風上側に。

前半の風上は湘南。
草津の跳ね返すヘディングやロングキックボールをやすやすと跳ね返し、中盤まではつないでいたものの、ボランチから最終ラインを突破するアイディアに欠けた。
中盤からつなごうとすると秋葉にいいようにボールをカットされ、
ロングボールで相手の背後を狙おうとするも、草津DFがなかなかそれを許さない。
時折サイドからゴール前へクロスを放り込むも精度がなかったりで、押し込んでいるのにチャンスらしいチャンスはなしで湘南サポーターにはもどかしい時間だったことでしょう。
一度セットプレイからどんぴしゃのヘディングがあったものの残念ながらDF正面でクリアされたり・・・。
戦術アジエルも調子が上がらない為か、ボールを持つとすぐに囲まれて奪われることの繰り返しで、
いい加減手詰まり感にあふれてきてる。明確なオフェンスの形を持っていない弱みですね・・・。

後半に入り草津が風下となると、最終ラインを大胆に上げてきました。
風を生かした作戦で、中盤のボールポッゼッションが上がり、熊林や島田の相手にとっては嫌らしい動きが目に付くようになりました。
サイドの鈴木伸は島田を、三田は熊林を必死に抑えてたけれどもセンターの秋葉vs田村の局面で秋葉に軍配が上がっている分、跳ね返せない。
草津は幾度も惜しい場面をつくり、あとは決定力だけかと思われた中の先制点を演出したのはオーバーラップしてきたDFへの1本のパスでした。
島田らしい正確な足下へのパス。キーパーとの1対1を演出したそのパス1本でこの日の仕事はこなしたようなもの。
後は試合をそのまま運べば完封勝利といったはずなのに・・・。

草津は守りきれない
湘南は攻撃の形が作れない
課題だけが気がかりな試合でした・・・。

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

湘南ベルマーレ | コメント:0 | トラックバック:0 |

08年J1第3節 札幌戦

2週間たってもはや記憶も乏しいけれど、書いておきますか。

2008年3月30日 16:04Kickoff
柏 1-2 札幌
12分 鎌田
38分 西嶋
66分 西

流れの中で点を取れる匂いがしなくて、結局セットプレー頼みだった試合。
札幌の決勝点はそれはそれは敵チームながらお見事なカウンターでしたよ。
祐三が地面叩いて悔しがっていたけれど、あのカウンターの形に持ち込まれた時点で
チームとしてはアウトでしょ。小林祐三だけのせいじゃない。
挑戦者たる姿は札幌の側にありました。受けて経つほど柏は強くないんだけどね。

古賀、山根が怪我で欠けていたとはいえ、それが敗戦の原因じゃない。
もう一度去年の今の時期の思いを・・・
と思いつつ行った京都でその強い思いをプレイで魅せてくれたので今更言うことじゃないか。

記録上はシュートを13本も打っているけれど、試合中にそんなイメージはなかったです。
ガンガン撃つ達ちゃんがピッチにいて欲しかった試合でした。

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏レイソル 2008 | コメント:2 | トラックバック:0 |

08年 J2第5節 徳島戦H@平塚

今年初観戦のJ2は平塚での湘南対徳島。
ドゥンビア対あべちゃーーーんの対決は残念ながら持ち越し。

2008年3月29日 16:04Kickoff 平塚競技場
湘南 2-3 徳島
MVP ドゥンビア(1得点2アシスト)
1点目     コーナーキックからの零れだまを押し込む。
1アシスト目 左サイドからグラウンダーののクロスが玉野にどんぴしゃ。
2アシスト目 右サイドハーフウェーラインから、自分でボールを大きく蹴りだし、走りでノブを交わしてフリーでクロス。真ん中の阿部もフリーでヘディングゴール

前半20分までは湘南のペースでしたよ。間違いなく。
梅田がボールを収めてサイドやもう一人のトップ、石原へと預けることで、
攻撃が機能していたのに、それを自ら後半手放した。
湘南の自滅した試合だけれども原因はそれだけとは言い切れないですね。
徳島の修正が非常に効果的だったのは間違いないです。
前半20分までの徳島はただサイドからクロスを入れるだけで、全く怖さを感じなかったけれども、
(ドゥンビアに真ん中でヘディングで競らせてもなにも怖くないw)
ドゥンビアのスピードをサイドで生かす様に修正してきたことで、あっという間の逆転劇を演じました。
徳島は端から見ているとバックの4人とボランチ2人で守って、前の4人で行って来い 的なサッカー。
でもその4人が、ドゥンビア、玉野、片岡、阿部と曲者揃い。
いったんセンターに収縮してボールに人を集め、開いたスペースのサイドへトップへと人とボールがはじけるような縮爆サッカーですが、
最初はボックス型にしていたのを、阿部1トップのダイヤモンド型にしてきたことで、ドゥンビアがいきる形になり、湘南のスピードに弱い点をも突くことになった修正がとても効果的でした。
余裕が出てきたのか、後半はサイドバックのオーバーラップも幾度となく見られるようになり、
後半の湘南を流れ上はシャットアウトしての完勝劇でした。

湘南はねぇ・・・がんばりやさん の称号は剥奪しなきゃいけない出来。
1点目こそ見事だったものの、それ以降流れの中で点の取れる雰囲気はないし、2点目もセットプレー。
アジエルは調子が上がってこないし、
リンコンは使い方間違っていてフィットしてないし、
大山は走りの量が足りない分叩かれてるし(それでも2月よりはだいぶマシだと思うんですが)
ボールを持っているプレイヤーのフォローの動きだったり追い越す動きが見られなくて
いつからそんな殿様サッカーになってしまったのかと非常に残念でした。
それにしても、去年もそうだが新戦力のフィットに時間が掛かるね、湘南は。
昇格候補と持ち上げられているけれど、しばらくは苦戦が続きそうです。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

湘南ベルマーレ | コメント:2 | トラックバック:0 |

08年J1第5節 新潟戦(H)

2008年4月6日 16:04KickOff
日立柏サッカー場
柏 0-0 新潟
得点者 なし

新潟サイド。
去年、イライラさせられた本間が怪我で不在で一安心・・・のはずが、小暮(前に見たのはうちのユースが日立台で負けた2005年の三菱養和時代だな)と亜斗夢が生き生きしていて、一番印象に残りましたね。
あとサイドバックの2人も、攻撃時には必ずオーバーラップしてきてオフェンスに顔を覗かせているし、
中盤まではいい組み立てなのになぁと正直思いましたよ。
エジミウソンが残っていたら問題なく点を取れていたんでしょうが、
いなくなった今、その不在を埋める作業が進んでいないんだと感じましたね。
お互いが最後のフィニッシュという点に課題を抱えているチーム同士、結局スコアレスドローに終わりましたが、『○○がいないから』という言い訳からの脱却という意味では柏も新潟も大して変わりはないのかもしれません。
あ、マルシオリシャルデスもいないんだった。去年あんまり印象に残ってないからまぁ語ることもないか。
ガムシャラに動けばついてきた結果が勝ち点1、この先の自信に出来たんでしょうか?


柏サイド
今年は、『1試合で2点は取ろう』って言っていたのに実際に取ったのは磐田戦だけじゃないか!なんて
数字上だけで得点力不足だと攻め立てる野暮なことはしませんよ。
去年と比べると、攻撃される時間の長さでは短くなっている気がしています。(実際に測ってはいませんがね)
その分なのかな、必死に守っている姿が薄れている分必死さがピッチから伝わらなくなってきているのかもしれません。
シゲとタニの位置がどんかぶりだとか、
フォローの動きが少ないとか、
サイドで必ず数的不利になっている(4-1-4-1のシステムだと、なかなかセンターから人が流れてこられない分人数で負けることが多いんですよね)からいい加減システム変えたほうがいいんじゃないかとか、
たっちゃんをずっと使えだとか、
いろいろ言いたいことはありますが、如何せんウイイレではありませんからね、
ノブリンと高橋コーチがどう改善してくるのか、それに期待して見守る他はありません。
ガムシャラに動くだけではそれ相応の結果しかついてきませんからね。

お互いに抱えた根深い課題を早く解消しないと、シーズンが過ぎ去るのなんてあっという間ですよ・・・。(略)

なんだか他にも色々書きたい事はあったはずなんだけれど、思い出せないからまぁいいや・・・。

【追記】
思い出しました。
JFAの強化委員会の報告にもあったように今のサッカーはボールを奪ってからゴールまでの時間がどんどん短くなっている。(確か15秒でしたっけ?)
相手が切り替えてDFに戻り、フォーメーションをしっかりと整える前にゴールを奪ってしまう。
去年の柏はそんなゴールが大かたっと思います。
今石さんがやろうとしているのはサイドで溜めるというサッカー。
去年の速攻パターンと、遅攻パターンと上手く織り交ぜられればいいのだけど、
まだ選手がものに出来ていなくて、パスをしっかり廻して、守備陣系をしっかり立て直す時間を相手に与えてから、さぁ攻めるかと攻めだす印象。
これって逆行していないのか?一石を投げかけようとしているのかな?
どういう意図なんだろうと疑問を持ったんだ。そうそう、それを忘れてた。

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏レイソル 2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |

08年J1リーグ第4節 京都戦A

年度初めの水曜日。
現地にこれる柏サポは数少ないだろうと思いきや・・・軽く200人は超える数。
みんなバカだな(誉め言葉)

2008年4月2日 19:04Kickoff
京都市西京極運動公園陸上競技場
京都 0-1 柏
23分 李←茂原

西京極は見づらい・・・ので、ゴールが入ったときは
チュンソン打った!→入った?→あ!ネット揺れてる!→歓喜!
見たいな感じで数テンポ中継よりも遅れていたかもしれません。
そんな環境なので、前半はじめの京都のシュートがクロスバーをたたいたのも入ってしまったと見えたり、
石川のイエローカードをもらったプレイも柳沢のダイブと見えたり、
正直見えていた風景に自信は持てません。
とにかく、去年9月の新潟以来(個人的には夏の味スタ以来)のアウェイ勝利がうれしくてなりません。

そりゃね、内容にはいくらだって言いたいことはありますよ。
ゴールキーパーと1対1なのになぜチャレンジしないの?とかね。
それでも今季初先発のたっちゃんは積極的にシュートを打っていたし、
チュンソンのプレーも去年みたいに泥臭く=チュンソンらしくなってきたし、
結果オーライでいいんじゃないかなと思っておりますです、はい。
この勝利を無駄にしないよう、次の日立台でこそね、内容も求めていきたいなと。
っていうか、うちらがグダグダ言わなくても、チームの中に言わねばならないことはしっかり言う人がいるんだから、
信用して、応援していきましょうと素直に思うんです。

京都は、やっぱり佐藤勇人が嫌らしかった。
シジクレイのちょっと前がポジションのはずなのに、いつの間にやらゴール前でフリーで動いていることが多々あり、シュートを決められなかったのが不思議で仕方がないくらいです。
柳沢もなんだか鹿島時代よりも動きが軽やかで、伸び伸びやってように見えましたね。
その分パンゾーが苦労してましたが・・・。
前半1-0で折り返して、メディアで伝えられている「カトキュー采配」にgkbrしていたのですが、
前半アタリバを入れて4-1-4-1にして中盤でのポゼッションをあげて、
後半に田原を入れて3-4-1-2にして更に中盤を強化して、
ワラシさんを入れてきた暁には正直やべぇと思いましたよ。
敵ながらホント嫌らしい采配だなぁと。
でもなんとかしのげたのは守備陣だけでなく最後まで足の止まらなかった(正直後半30分くらいはとまりかけていたけれど)前線のメンバーのプレスも大きかったかと思います。
最後のロスタイムのコーナー付近はシゲはまるで遊んでいるようでしたけれどもね。

勝ってみんなで笑ってレッツゴーが出来たことにつきます。
次郎も、俊太も、タニも、みんなみんな言い顔してました。
次は日立台で、もっと大勢と一緒にやりましょう。今日の勝利を無駄にしないためにも。

柏に帰ってからもう一度J-SPORTSで見返してみようと思います。あまりにもわからないところだらけだから。

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏レイソル 2008 | コメント:2 | トラックバック:0 |

京都遠征記3

20080402235905
勝ちました!
キャプテンお疲れさまでした!
柏サポーターならやはり今日の宿泊は大津でしょう。

ということで向かっています。
おやすみなさーい。
携帯から | コメント:0 | トラックバック:0 |

京都遠征記2

20080402134254
宇治。
10円玉の後ろのところ。
携帯から | コメント:2 | トラックバック:0 |

京都遠征記1

20080402101857
昨夜ムーンライトながらで旅立ち、
やってきました春の京都。
とはいうものの車中2泊や3泊をかつてははものともしなかったのに、
今や1泊でやられてしまいグロッキーなのには、
年をとってしまったことをまざまざと見せつけられるようで愕然としてしまいます。

とりあえず嵐山に来てみました。
桜がちょうど見頃ですばらしいですな。
携帯から | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。