Viento del roble

不特定に、気ままに、サッカーを書き綴ればと。今年も何事も現場主義で。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

08年J1 第23節FC東京戦H

2008年8月28日 19:04Kickoff@日立柏サッカー場
柏 0-1 FC東京
72分 赤嶺

------------------------------------
●大谷秀和選手(柏):
「チャンスは少ないながらもあったが、そこをモノにできなかった。石さん(石崎監督)が言うことはぶれてはいないし、うちのチームは11人が120%のハードワークを90分間やり続けて、初めて戦えるチーム。そこをもう1回、全員で意識し直してやっていきたい」
------------------------------------
J’sGoalより。

水曜発売のエルゴラで、柏の原点が1-0の守備サッカーだと選手がコメントしているかのように書かれていて、衝撃をうけておりました。
まぁ、マスコミの書くこと程度に左右されている時点で、最近の自分自身の不安定っぷりたるやいかほどかわかるってなもんですが。
上のコメントで払拭されました。それがこの日の唯一の救い。

土砂降りの日立台で想起されるのは去年の神戸戦ではないでしょうか?
そのときに比べ多少は対応力上がってなかったかな?
無理にグラウンダーで繋ごうとして掻っ攫われる姿ばかりでなくて然程ストレスは感じなかったですね。
実際試合の結果もフランサのシュートが入っていればわからなかったし、
赤嶺のシュートがクラに当たっていなければ止められていたかもしれないし、
その前の菅野の止めたシュートだって入っていたっておかしくない。
ほんのちょっとの差、紙一重のところのさじ加減で1-0という接戦のような結果。

決してFC東京より上回っていたとかいう気はないけれど(むしろこの試合に関しては東京さんの気持ちとチーム力のほうが上に感じたが)、
試合後に「やる気あんのか」とか「悔しくないのか」とか罵声を浴びせるような試合じゃなかったと思うな。
あれを聞いてスゥッと気持ちがさめてしまいました。
清水戦のときもそうだけれど、大事な家族によくそんな言葉吐けるよな・・・。

次の新潟戦、残念ながら行けません。ということで今年も全試合観戦は不可能になりました。
短い中断の後の大事な試合でとても残念ですが、東京から気を飛ばします。



スポンサーサイト

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏レイソル 2008 | コメント:2 | トラックバック:0 |

08年J1 第22節清水戦A

2008年8月23日19:03Kickoff
 1分 岡崎
11分 枝村
27分 菅沼
44分 フランサ
49分 岡崎

吉幾三 「俺ら東京さいぐだ」の替え歌を歌いながら帰ってきました。

ハァ
速さも無エ 精度も無エ
選手は言うほど走って無エ
シュートは無エ ゴールも無エ
ボランチ 真ん中 ぐーるぐる
交代で 入っても
陣形混乱するばかり
攻撃の方法は 選手任せでミスばっか

俺らこんな柏いやだ 俺らこんな柏いやだ
一丸になるだぁ 一丸になったら
プレスもかかって もっと力出せるだぁ



もう反省の弁はいりません。
みんなで切り替えて、次の日立台、ぜぇぇぇぇぇぇぇったいに勝ちましょう。

おしまい

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏レイソル 2008 | コメント:4 | トラックバック:0 |

08年J1第21節 千葉戦H

試合前後の豪雨がすっかり記憶を洗い流しているかと思いましたが、
いやいや覚えているもんですね。断片的だけれど。

2008年8月16日 19:04Kickoff@日立柏サッカー場
柏 1-1 千葉
65分 新居
80分 フランサ

ホームでの引き分けは大いに不満です。
それも不完全燃焼感の漂う引き分けなので猶更不満です。

目を覆うようなパスミスのオンパレード自体を責めるつもりはないのですが、
その一本が繋がれば決定的な場面を形作る等といったチャレンジの上での失敗ではなく、
ビルドアップ時の、なんてことはない場面ばかりだったというのが残念で仕方がありません。
またそれがここ1ヶ月試合を重ねるごとに目に付くようになっている印象が強いのも・・・。
強くなっていく過程で乗り越えなきゃいけない一つの壁とは判っていますがね、
その壁を乗り越えるきっかけすら試合からは見出せない(これは私の観察眼のなさかもしれませんが)のはつらいなぁ。

さてさて話は変わってリカにそっくりとのうわさのミシュウ。
前節の千葉対鹿島戦の録画放映をちらっと見てて、これは脅威だと思っていたら正にその通りの選手。
ラストパスを出せるトップ下という千葉がもっとも必要としていたポジションで、
しかも戦術あわせもまだ数日というのに、抜け落ちていたジグソーパズルのラスト1ピースが当てはまるかのようなフィット感。
またね、走り方とかリカそっくりじゃありませんでした?デジャヴュからか敵に見えず、素直に評価しちゃいましたよ。
ミシュウがなかで頑張る分、今までマークの集まっていた工藤浩平とやざーが躍動。
前半2人で3本外してくれなければ負けていてもおかしくはなかった。
ほんと薄氷を踏む引き分けでした・・・。

その引き分けを支えたのはDF陣、特にここ最近の祐三の充実振りには目を見張る思いです。
藏川もその特徴たる攻め上がりを魅せられない場面が多い試合が続いているものの、
体を張った好セーブで幾度となく相手を止めている。
次郎も不慣れなボランチながら徐々に攻め上がるシーンが増えているし。
(アシストも次郎だったんですね。帰宅してスパサカ見るまで誰のラストパスだったかわからず・・・)
そろそろ応えてやろうよ。攻撃陣。

って思っちゃうんだよなぁ。

試合終了直前、柏がイケイケで押し込んでいた一方で幾度かカウンターを受けていましたよね。
どれも、相手が外したり、守備陣の奮闘で何とか止めたりで難を逃れましたが、
雷雨に打たれながら猶更その意を強くさせられたロスタイムでした。

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏レイソル 2008 | コメント:1 | トラックバック:0 |

08年J1第20節 浦和戦A

浦和さんは18節でチケットをいただいていたので、川崎戦をこっそり偵察にいっていたのですが・・・たった3週間ですっかり違うチームでしたね。

2008年8月9日 19:34Kickoff
浦和 2-2 柏
18分 菅沼
34分 阿部
89分 永井
89分 フランサ

前半の2本のミドル、FWの嗅覚を存分に発揮した隙を突いた永井のゴール、そしてフランサ
Superなゴールの飛び交った夏の終わり。
秋の収穫の時期へ向けて、進歩と改善点がお互いに見られた試合だったでしょうか。
ACLに向けて浦和にはこのままチームがいい方向へ進んでいってほしいし。(G大阪と鹿島と3チームでJ代表なんだから)
柏も相変わらずのパスミスさえ改善すれば(それが難しいんだけど)もっと上を狙えそうですし。
お互い課題を抱えた中での勝ち点1ずつってのは妥当だったのかなと・・・。

でもね、フランサのシュートで忘れがちだけど、今年も俊太のブロックのおかげだと思いますよ。勝ち点1。
あそこで逆転されて追っかける展開だったらまた違ったサッカーだったろうなと。
しかし見事にシュートコースにいますよね、浦和戦の時の俊太は。
2度あることは3度あるで来年も一つ宜しく(その前に怪我を早く治せよ!)

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏レイソル 2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |

全少準決勝柏U-12対FC浦和

灼熱の西が丘。
時折吹き抜ける風が一服の清涼剤でした。

FC浦和 1-1 柏U-12
PK4-2

残念ながら敗北。
でも、後半ロスタイム残り10秒での同点劇は、
全国大会の準決勝なのに最後まで冷静な柏イレブンでした。
右サイド6番辻川君のクロスを10番山本君がヘッドでキーパーの頭上を抜くふんわりとしたヘディングシュートでネットを揺らしました。
前半は浦和3番神宮君の強さと速さを押さえきれず攻勢を許しましたが、
キーパー木村君の数本の好セーブや、
レイソル2番国本君がが途中交代で入り3番神宮君にマンマーク気味につくことで
レイソルがペースを握りました。
両サイドからの駆け上がり、
9番大島君とと14番会津君をポストとして上手く生かしたショートパスでの中央突破、
中盤の底からの13番茂木君と5番キャプテン橋本君の散らしも見事。
とても見ていて面白いサッカーでしたよ。
この後16:30から日テレで録画放映がありますので、見られる方は是非。

いやーとにかくみんな上手い。
長短を問わずパスが繋がる繋がる。
また機会があったら観戦したいと思います。
全国大会お疲れ様でした。
携帯から | コメント:0 | トラックバック:0 |

夏の夜の夢・・・なんかじゃないやい ~第32回adidasカップU-18~

8月に入ったばかりですが、今年の夏はもう終わり。
そう感じているほど、抜け殻となっています。
濃密な9日間+αを楽しませてもらいました。
柏U-18をはじめとするクラブユース選手権出場選手の皆に感謝を。

【登録メンバー】
 ◇柏レイソル U-18
監督 吉田達磨
 1 松下理貴  3年 GK 187
 2 御牧考介  3年 DF 164
 3 飯塚浩一郎 3年 MF 182
 4 根立研裕  3年 DF 170
 5 橋本拓門  2年 MF 175
 6 畑田真輝  3年 MF 172
 7 川崎諒   3年 MF 167
 8 仙石廉   3年 MF 170(Cap)
 9 工藤壮人  3年 FW 177
10 武富孝介  3年 MF 173
11 山崎正登  3年 MF 171
12 茨田陽生  2年 MF 172
13 牧内慶太  3年 FW 171
14 川尻晋   2年 DF 170
15 仲間隼斗  1年 MF 170
16 川浪吾郎  2年 GK 192
17 熊谷達也  1年 MF 164
18 豊嶋邑作  2年 FW 168
19 鳥山祥之  1年 MF 170
20 島川俊郎  3年 MF 180
21 神崎勇介  2年 GK 182
22 酒井宏樹  3年 MF 183
23 相馬大士  1年 MF 174
24 山嵜駿   1年 FW 179
25 指宿洋史  3年 FW 191

2008年7月26日 13:00Kickoff Jヴィレッジピッチ1
柏U-18 4-2 アビスパ福岡U-18
 9分 河井(5)
13分 工藤(PK) ペナルティエリア内で倒された。
20分 指宿 仙石のフリーキックをワントラップし右足一閃。
23分 指宿 仙石のフリーキック時にフリーで抜け出しをヘディングシュートを易々と決める。
47分 工藤 DFがカットし前線にフィードされたボールに反応しフリーで抜け出しドリブルシュート。
69分 吉原(14)

2008年7月27日 10:30Kickoff Jヴィレッジピッチ3
柏U-18 3-0 モンテディオ山形ユース
57分 工藤 オーバーラップした茨田からの浮き球を前を向いたままトラップしシュート。
61分 山崎 ゴール前混戦を押し込む
70分 指宿 左サイドからの酒井のクロスに武富がシュート。キーパーがはじいたところを押し込む

2008年7月29日 15:00Kickoff Jヴィレッジピッチ1
柏U-18 2-0 清水エスパルスユース
 3分 工藤(PK) 右サイドから飛び込んだ御牧を相手DFが倒しPK
34分 工藤 山崎のシュートが弾かれた所を詰めて押し込む

2008年7月30日 14:00Kickoff Jヴィレッジピッチ5
柏U-18 2-1 セレッソ大阪U-18
52分 オウンゴール 酒井のクロスにゴール前ごちゃつく
58分 畑田 楔に入った指宿からの戻しのパスに走りこんでミドルシュート
77分 山口(10)

2008年8月1日 19:00Kickoff ニッパツ三ツ沢球技場
柏U-18 1-0 ガンバ大阪ユース
59分 工藤 左コーナーキック、ニアで指宿がヘッドでそらしたボールがファーサイドの工藤足もとへ

2008年8月3日 18:00Kickoff ニッパツ三ツ沢球技場
FC東京U-18 1-0 柏U-18
72分 三田(14)


一つ一つの試合が忘れられないのですが、
特に準々決勝へはいってからの3試合、思うように攻めさせてもらえない辛抱の時間が多かったと感じています。
そんな苦しい時間を凌げるしぶとさを見につけた、また一回り成長した姿を目の当たりにしました。
また、このチームがまだまだ成長する余地を残している点も見つかった・・・。

このチームで戦えるのは残り4ヶ月。3年生は皆バラバラのチームへと散っていくことになります。
スペイン遠征中のこのチームが、残りの時間でどこまでチームとしての成熟を魅せてくれるのか、
残り限られた短い時間ながら大いに期待しています。
夏の夜の夢・・・なんかじゃないやい ~第32回adidasカップU-18~…の続きを読む

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏U-18 2008 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。