Viento del roble

不特定に、気ままに、サッカーを書き綴ればと。今年も何事も現場主義で。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

08J2第37節 湘南vs仙台

2ヶ月ぶりの平塚詣で。
平塚ホームタウンデーということもあり、1万を超える人で激混みのバックスタンドでした。
なのに、ホーム側襷近くでも仙台のチャントが聞こえてくるってどういうこと?

2008年9月23日 17:04Kickoff
44分 梁
79分 望大明神
89分 菅井←ユッキーの神足

ごめんなさい。私が行った3試合、全部湘南の負け。
七夕デー以来に行ったら、そのとき以来の黒星がチームについてしまったよ。ショボーン
この2ヶ月、襷の中の人数も増えたし、なんだか新しいチャントはツボだし。
(菊池のキスして欲しいByブルーハーツ とかよしろーの人生は上々だByユニコーンとかね。)
楽しかった。楽しかったけれど、今はそんなことで片付けてよい段階ではないですね・・・。もう残りは数試合しかない。

この試合は湘南の気合負けのような気がしました。スタンドも、選手も。
試合を見ながら思い出していたのは2006年の第4クール神戸対柏でして、
受けて立った2位神戸に、勝ち以外は全てを失うつもりで望んだ柏の構図がそのまま当てはまるかのようで。
あの時の柏側の意気込みを、この日の仙台からは感じた。
なんとしても勝ってやる課って上の順位へ上がるという気迫の差が勝敗を分けたとしか思えません・・・。

試合内容自体は、これまでの2試合と違って、出だしは攻める湘南、守る仙台という展開でした。
想定外でしたが、湘南の立ち上がり15分の押し込み方はすごく良かったと思うんですよ。
仙台はもうボールを跳ね返すしかないという状態で、伊達に湘南が3位という順位につけていないことを見せつけた。
それでも湘南の足が止まりはじめると、サイドバックを押し上げる分厚い仙台の攻撃が出始めて、
これにびびっちゃったのかな?湘南の若い選手のプレーに迷いが見られるようになり挑む姿勢が消えてしまった。
そんな最中のロスタイムの梁のミドルでした。ゴール前でぽっかり開いたスペースに侵入して誰にも遮られる事なくまさしくネットに突き刺した。素晴らしいゴールでしたよ。
後半も仙台ペースで試合が進み、決定力を欠くばかりに追加点は奪えないもの、すっかり石原・望様の個人技にたよった攻撃しか活路を見出せない劣勢の湘南は阿部吉郎を投入。
阿部と石原が上手く動くことで幾度かチャンスを作り出すものの決めきれず。
79分に望大明神のFKで同点に追いつくもロスタイム残り数十秒のところでセットプレイをキレイに決められ万事休す。
とはいえ両チームにそんなに差はないとは思いましたが。

湘南としては、平塚ホームタウンデーという事で人を集めたこともあり、結果がほしかったところですが
残念な結果となりました。
実際帰り道で「やっぱりベルマーレってこんなもんだよね」と話している観戦初心者風のカップルもいましたし。
そんな人たちのハナを明かせる、引き釣り込む機会を逸してしまったのは悔やまれるところです。
この試合の内容が第1クールだったならばね、まだ先があるで済ませられるんだろうけれど・・・。
内容よりも結果・・・の第3クールですから。
毎日、胃が痛むような昇格争いの本当の苦境は湘南にとってはまだこれからなんだろうなぁ。
スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

湘南ベルマーレ | コメント:0 | トラックバック:0 |

明後日 高円宮杯開幕!

クラブユースと高体連の垣根を越えて、真の高校生年代日本一のチームを決めると言っても過言ではない公式大会がいよいよ始まります。
全国各地域のプリンスリーグの上位チームと夏のクラブユース選手権(adidascup)および高校総体(インターハイ)の優勝・準優勝チーム計24チームのみに出場権が与えられる高校年代最高峰の戦い。
ベスト4まで勝ち進むと、冬のサッカー選手権よりも前に国立霞ヶ丘競技場で試合をすることができるという意味でも高校生年代にとっては夢の舞台です。

【出場チーム】
プリンスリーグ北海道 (1):コンサドーレ札幌ユースU-18
プリンスリーグ東北  (2):青森山田高校、ベガルタ仙台ユース
プリンスリーグ関東1部(5):横浜F・マリノスユース、浦和レッドダイヤモンズユース、東京ヴェルディユース、桐光学園高校(繰上)、前橋育英高校(繰上)
プリンスリーグ北信越 (1):アルビレックス新潟ユース
プリンスリーグ東海  (3):名古屋グランパスエイトU-18、ジュビロ磐田ユース、静岡学園
プリンスリーグ関西  (3):セレッソ大阪U-18、ガンバ大阪ユース、野洲高校
プリンスリーグ中国  (3):広島皆実高校、サンフレッチェ広島ユース、作陽高校
プリンスリーグ四国  (1):愛媛FCユース
プリンスリーグ九州  (1):鹿児島城西高校
高校総体優勝・準優勝校   :流通経済大学付属柏高校(プリンスリーグ関東5位)、市立船橋高校
日本クラブユース選手権優勝&準優勝クラブ
              :柏レイソルU-18、FC東京U-18(プリンスリーグ関東優勝)

各地域のプリンスリーグ(各地域における高校年代トップリーグ)がこの大会の予選を兼ねている事から、
プリンスリーグ非所属チームにとっては非常に狭き門。(今年その狭き門を突破したのは柏レイソルU-18のみ。)
A~Fの予選リーグに4チームずつ分かれて3試合の総当たり戦を行い、その1・2位および3位の上位4チームが決勝トーナメントへ進出となります。

柏レイソルU-18はDグループ。
9月 7日 11:00 静岡学園高校      @習志野市秋津サッカー場
9月13日 13:20 流通経済大学付属柏高校 @習志野市秋津サッカー場
9月15日 11:00 広島皆見高校      @ひたちなか市総合運動公園陸上競技場
の3試合。比較的近場ですね。

今のチームで過ごすシーズンも残り3ヶ月強となりました。
好成績を残している分、各所でメディアに取り上げられることの多かったこのチームのサッカーも
千葉県内で見られるのはあと数試合。
その1試合が『柏ダービー』というのは何の因果でしょうか。


ちなみに有料ですので、御注意下さい。
登録選手や審判資格をお持ちの方は会員証をお忘れなく。


明後日 高円宮杯開幕!…の続きを読む

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏U-18 2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。