Viento del roble

不特定に、気ままに、サッカーを書き綴ればと。今年も何事も現場主義で。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

08年J1第33節 H大分戦

2008年11月29日16:04キックオフ
柏 0-2 大分
鈴木<-小林亮
上本

石さん最後の日立台、絶対に勝って送り出さなきゃいけないのに勝てない。
それが、石さんとお別れをせねばならない最大の理由ですね。
試合終了の笛が鳴った瞬間、そう痛感しましたよ。
勝ちたいという気持ちは伝わってきたけれど、
点を取られ気持ちばかりが空回りしている様が見てとれた。

来年、前に進もうとしているチームだから、
そのあたりを上手くコントロールできる人が次の監督に就任すると信じてますよ。

でもその前にあと4試合。
まずは来週の神戸をしっかり締めくくって、岡山に乗り込みましょう!


けど、今日一番ツボだったのは
後半柏ベンチ前で大谷が倒されたとき、
あの温厚な(と勝手に思ってますが)松原フィジコが脱兎のごとくベンチを飛び出して抗議にきたことだったりする...。
スポンサーサイト
柏レイソル 2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |

まだありがとうは言わないよ

時が歩みを止めない以上、絶対に避けることはできない
でも出来うればその時が来るのは先延ばしにしたい、そんな知らせ。

石さんの契約終了が発表になりました。

思い起こせば3年前、ボロボロだったレイソルの監督を引き受けてくれた時には、
チーム立て直しのうまい人だとしか思ってなかった。
いや、もっとはっきり言おう、大分と川崎で昇格失敗した人だとしか思いが浮かばなかった。

でも石さんを慕ったオカや巌が来てくれて、キタジが戻ってきて、
見に行った初めての全体練習でのチームの明るさに少し希望が持てた。
それが確信に変わったのがちばぎんカップ。
オカはあの時のサポーターの姿勢にやっていけると思ったなんて書いてくれてたけれど、
そんな姿勢を見せられたのは、あの日のフクアリのピッチでチームとして躍動するレイソルに、今年は迷わずついていけると確信できたから。
そして2節の草津での初のレッツゴー柏。
今までも何度も書いてきたけれど、
私には2006シーズンのハイライトはあのシーンなんだ。

バラバラで何もなかったチームが
降格からの3ヵ月であんなに劇的に変われたのは、
間違いなくその真ん中に石さんという太陽がいたからだ。

心情的には辛いけれど、でも私は前へ進むことを決めたチームについて行く。

今出来ることは、
ありがとうを言うことじゃない。
少しでも石さんの在任期間を延ばすこと。
だから、

絶対勝ち進んで元旦国立にいこうぜ!

ありがとうはそれまで封印だ。
柏レイソル 2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |

J1第32節 A磐田戦

漸く来年のJ1残留が決まりました。
今振り返ってみると紆余曲折があって、長かった1年に感じますね。
残り試合で、いい1年だったと振り返られるように、ね。

2008年11月23日 16:04Kickoff
ジウシーニョ
ロドリゴ
杉山
菅沼
古賀
カレン

気持ちがはいる試合でした。サポーターとしては。
でも冷静に試合内容を考えると、お互いにバタバタした褒められた試合ではなかったかと。
柏側は2点差を一度はひっくり返したってその点だけですよね?褒められる点は。
追いつけるメンタリティーの強さが出てきたのはいいことですが、
2失点目の直後に1点を返せたタイミングのよさと、
なにぶん足の止まった磐田さんに助けられた感も否めないわけで・・・。

その磐田ですが、8月にこっそり等々力に見に行った試合では、ピッチで君臨していた上田選手。
オリンピック代表では垣間見られなかった縦横無尽にピッチ中央を駆け回る王様プレイっぷりで、彼がいればこのチームは大丈夫だと思っていたのですが、
やはり怪我による彼の不在が大きいんだなぁと感じざるを得なかった。
それでも、ベテランが多いだけにリードしてからの試合運びっぷりにはやはりやることわかってるなと。
それを最も体現していたのが川口選手ですがね・・・。
後半の1点返したあとのミノルがボールを持って帰ろうとするところを羽交い絞めにしたり、
ボールボーイの子との連携だったり、(あれは流石にボールボーイの子が可哀想でした・・・)
そこまでやるかという気にもなったけれど、形振り構ってられない気持ちは見て取れた。
その必死さに柏は気持ちの上で少し負けていたかもしれない。
それが、あのロスタイムの被弾に繫がってしまったかと・・・。

まぁ、何はともあれ、勝ち点1で残留確定しました。
ホント冒頭文に戻りますが、紆余曲折有りましたね。
来年は、今年を底に、上を目指していきたいもんです。

あ、その前に天皇杯!みんなで正月元旦目標だ!

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏レイソル 2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ちょっと長野までとんできた

20081118160152
20081118160149
信濃毎日新聞を買いにちょっと長野県までやってきましたよっと(爆)

確かに薩さんの名前がメンバー表に載ってます。
記事は3段抜き。

以下、抜粋。
AC長野パルセイロは全国地域リーグ決勝大会に薩川了洋コーチ(36)をDFてして出場選手登録した。
決勝大会は、各地域リーグで3分の1以上の試合数(北信越リーグは5試合以上)を出場チームに在籍(選手登録)しないと出場できない規定がある。
センターバックの選手層が手薄だったAC長野は、故障や出場停止などの不測の事態に備えてリーグ戦残り5試合となった7月に薩川コーチを選手登録。
決勝大会への出場資格は満たしている。
ただ、決勝大会でもコーチに専念し、複数の選手が出場できなくなるなどアクシデント以外では出場しない見通しだ。
薩川コーチは横浜Fと柏でJリーグ通算300試合以上に出場。2005年に現役を引退し、今季からAC長野のコーチに就任した。
今季の公式戦出場はない。

流石に石垣島は無理だし、北九州行っちゃおうかな…。

さて、寒くなってきたし白いものが舞いそうなので帰ろう。
携帯から | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。