Viento del roble

不特定に、気ままに、サッカーを書き綴ればと。今年も何事も現場主義で。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

第88回天皇杯準決勝 FC東京戦

20081230081441.jpg
富士山が綺麗に見えると、その日の仕事や願いがかなう。
まるで、前途を祝されているかのようで。
この日の富士山もとても綺麗でした。


2008年12月29日13:06Kickoff @静岡スタジアムエコパ
FC東京 1-2 柏
31分 鈴木 達也
68分 フランサ
88分 李 忠成

試合前の記念写真。古賀ちゃんともうひとり、背の高い二人の間でぴょんぴょん跳ぶ巌に和まされて始まったこの試合、お互いの持ち味のでたいい試合でした。
柏も東京もパスをつなぐお互いのサッカーができていたし。
柏の最後シュートまで持ち込めないところまでも(苦笑)
それでもいくつかあったビックチャンス。
15分過ぎのアレックスのドンピシャヘッド、
25分くらいのミノルのループまがい、
30分くらいの直樹の惜しくも合わなかったヘディング、
柏側は絶好機を3回も外し、相手を楽にしたのですが、それはFC東京も同じでした。
赤嶺の宇宙開発やCKからの佐原のヘディングをアレックスが体を張ってとめたもの、
たっちゃんのシュートはもう撃ったたっちゃんをほめないといけないですがね。
はずしているからと言って、嫌な予感が漂うことはなかったですね。
だからこそ、後半のジョーカー。フランサとチュンソンが入ってくれば、また流れを変えられると
自信があったし、その通りになった。
フランサの同点弾で声が枯れて(2年ぶりくらいかな)
チュンソンの同点弾でなぜか声が一時的に復活して、誰かれ構わず抱き合ってヤマトを歌って。
後半はもう声出すのに必死であんまり覚えていないんだけれども、
とにかくシュートシーンだけは、岡山と違ってすべてレイソル側だったので手に取るように見えたのはうれしかったなぁ。

20081230081444.jpg


でも、まだ約束の地へと歩みを進められることが決まっただけ。なにも勝ち取ってはいないんです。
ロスタイム間際の逆転弾。確かに感動した。嬉しかった。涙が出そうになった。
でもそれはまだ、エンドロールへの過程なんだ。
心の底から笑って、叫んで、泣いて、石さんとロビンソンとアレックスを送り出すために。
そしてオカが言っていた次のステージへ進むために。

このトーナメント戦、サッカーの試合でのメンタルの占める割合が高いということをひしひしと感じています。
そんな今だからこそ、あえてもう一度言いましょう。
一心同体
国立に行くだけじゃダメなんだ。勝って、レイソルと石さんの名前を歴史に残さないと。
天下無敵の柏の星を目指して、その途中に関わってくれた人の足跡を、思いを背負ってまずは天皇杯の星をつかもうや。
それは必ず、この3年間の石崎レイソルに関わってきた全ての人への恩返しになるはずだから。
スポンサーサイト

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏レイソル 2008 | コメント:1 | トラックバック:0 |

3ヵ月後の制裁

今年最も、悔しくて悲しくて情けなかったこと、
9月20日の鹿島戦のアウェイ席周辺で起きた出来事ですが、
3ヶ月にして漸くJリーグからの制裁処置が昨日発表になりました。
-------------------------------------------------
制裁決定について

(2)違反行為の内容
2008年9月20日(土)日立柏サッカー場にて開催されたJリーグディビジョン1第25節「柏レイソルvs鹿島アントラーズ」において鹿島サポーターによる大旗を使っての試合妨害行為並びに選手に対する危険行為トラブルが発生する事態となった。

主管クラブとして柏レイソルの事前・事後の対応は評価できるところが多いが、鹿島アントラーズサポーターに禁止行為である「最前列での大旗の使用」を制止する措置を講じることができず、選手等の安全を確保できなかった。

また鹿島アントラーズは、主管クラブである柏レイソルより事前に注意を受けていたにもかかわらず、禁止されている最前列での大旗の使用を制止することができなかった。選手等の安全を確保できなかったことの一因に、鹿島アントラーズのホームクラブへの協力が不足していたことがある。

(鹿島アントラーズサポーターによる)大旗を用いての選手に対する危険行為は、試合が一時中断された他、その様子は報道機関により取り上げられ、サッカースタジアムが危険であるとの印象を社会に与えてしまったことの責任は大きい。

(抜粋+一部主語付け足し 了)
-------------------------------------------------

表面化してしまった部分だけに対し処置を行なう
Jリーグ事務局が事なかれ主義の体質だけに、柏側の運営責任を強調する形の裁定は予想の範疇内でした。
むしろ鹿島側に対する制裁金があったことは予想を上回ることと思っています。

当然納得はできませんが。

今回の結論から、
試合中に発生し複数マスメディアによって報じられもみ消すことができなくなった事件は主催であるホーム側のチームの責任であること
とあわせて、
その他ピッチ外での行為については、Jリーグとして、ピッチ外の観客を保護する責任は放棄している
ということを宣言したと判断せざるを得ません。

逆に言えば、アウェイスタジアムにおいては、来場者がどんな行動を取ろうともその責任はホーム側の運営責任であるということになるとハッキリしました。
アウェイ側で、スタジアムルールを守らずに乱暴狼藉をどれだけはたらこうとも、暴れた者がJリーグからは罰せられないということですね。

であるならば、
自治体・ファン・サポーターの理解・協力を仰ぎながら、世界に誇れる、安全で快適なスタジアム環境を確立していきます。

Jリーグのうたうこんな標語は過剰広告以外の何者でも有りません。
Jリーグ事務局側には自らの定めた理念及び活動方針を遵守するつもりは毛頭有りません。
スタジアムに乗り込むサポーターは自分で自分の身を守るしかないということです。
来年鹿島との試合に赴く時には暴力団体からの自己防衛手段として、スタンガン等の防衛器具と、
証明手段のビデオカメラ等の撮影器具の携行は必須となったわけです・・・。
準備しておかなきゃ。

・・・とまぁ、冗談はさておき。


問題はホーム開催です。
運営責任はホームゲーム主催側が全責任を負わねばならない。ということです。
ならば、サポーターの行為に対して、制止等の責任を負えない人物の来場が予想される試合では、
アウェイ席の販売をしないことが主催側の施す備措置としては最も適切です。(セリエA等では既に実施されていると聞きます。)

しかし、Jリーグではそれは認められていない。必ずアウェイ席は準備しなくてはならない決まりとなっています。
アウェイ席を販売せねばならないということであれば、柏レイソルとして出来ることは販売数を極力減らしたり(アウェイ自由席最上段1列分?)、アウェイ席を檻で囲うしかないですよね。

今回の制裁金たる200万円。
その支払い原因となっている人物は特定できている(Byスカパー!)わけで、
民事訴訟による損害賠償請求を起こすべきだと思いますが・・・。
それ以降の警備強化に伴う費用増も、彼らの責任と主張することもできるわけですし・・・。

なんて事を書いていること事態が情けない。


今年、夏の千葉ダービーの際には知り合いのジェフサポと共に雨宿りしていました。
自分の着ていた合羽を貸したりもしました。
FC東京戦、フードコートで初めて挨拶できたブログを介しての知り合いもいました。
そんな、試合前と後には、ホームアウェイを問わずにサポーター同士が歓談できる
ラグビーで言うところのノーサイド精神に近い日立台がとてもとても好きでした。

そんな雰囲気を取り戻せるよう、できることがあるならばやっていくこと。
そしていつの日か、2008年9月20日前の日立台に戻すことが、
暴れることばかりを好む鹿島アントラーズサポーターに対する何よりの逆襲だろうと思っています。
主催団体側がいくらさじを投げようと、まだ、いや、いつまでも諦めないよ。

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏レイソル 2008 | コメント:1 | トラックバック:0 |

第16回Jユースカップ 準々決勝 C大阪U-18 vs 柏U-18

勝ち進んでいれば、今頃試合中でした。
このカテゴリのエントリーを上げるのもこれで最後ですね。
20081220103535.jpg
いつものアップ風景を、この日で最後になるとも思えずボーっと眺めていました。
まだ続くと漠然と思ってた自分が情けないですね。トーナメントなんだから。
準決勝のFC東京にばかり気が散っていた自分に喝!

2008年12月20日 11:00Kickoff長居第2陸上競技場
セレッソ大阪U-18 2-0 柏U-18
28分 山口 螢(C大阪)
39分 高橋 直大(C大阪)

夏のクラブユース選手権では、同じく準々決勝で対戦していたC大阪。
畑田君のミドルシュートと、山崎君が押し込んだ2点で辛勝した相手です。
当時も後半は押し込まれ、1点を返されながらも何とかの勝利でした。
夏の試合では確かサイドだったU-16代表杉本君がセンターバックに、普段はFWのキャプテン山口螢君(来年昇格)がボランチの位置に。
強烈な個をもった選手を柏の軸であるボランチ~センターFWのラインを消す為にコンバートしてました。
そしてそれがものの見事にはまり、スタンドの誰の目にも柏対策が嵌ったと見えていたでしょう。

後から振り返ってみると、良くも悪くも柏U-18のサッカーは常に一定レベルでの平均点を叩きだせる波の出にくいサッカーと言えます。
メンバーが代われども、基本コンセプトは不変の、パスを丁寧に廻してボールロストを極力減らすサッカーです。
その基本戦術に選手個々の特徴をちょっとずつ色付けしていくことでマイナーチェンジを施しながらここまで進んできました。
逆に言うと、強烈な個に頼らない、ある程度完成された状態のため、伸びしろという点では薄かったのかもしれない。

高校年代では、夏から冬にかけてチームがかわるとよくいいますが、
まさしくその伸びしろを活かしたセレッソU-18がそのような状態だったのかもしれません。
1点目のFWが落としたボールに走りこんできた山口君のミドルもすばらしかったです。
2点目の右サイド(道上君かな?)クロスからの高橋君のヘディングは綺麗なゴールでした。

この試合に関しては、高円宮杯の準々決勝東京V戦同様完敗でした。

センターの楔を押さえられたときにどう対処するのか、サイドチェンジを多用してせめて来る相手をどう押さえるのか、夏のW東京戦で明確になっていた課題が最後まで埋められなかったのかなぁ。
いや、逆に柏U-18のサッカーを貫き通して柏対策を突き破ろうとしていたのか、
今となっては判るすべは有りませんがね。なんとなく抜け殻状態です。

今週末からもう新チームが始動します。彼らにも声援をどうぞ宜しくお願いします。

あ、C大阪とFC東京延長戦だ・・・。

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏U-18 2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |

第88回天皇杯 準々決勝 広島戦

新大阪からののぞみに乗り遅れ、スタジアムに着いたと同時にキックオフの笛の音が高らかに聞こえてきました。
スタンドへ向かう足を早め、漸くたどり着いたときふと予感がして立ち止まってゴール前に見入ったんですよ。
その直後に古賀ちゃんのゴールが決まった。何か、御褒美貰ったみたいに感じたんですよね。

2008年12月20日 15:00Kickoff @岡山県営桃太郎スタジアム
柏 3-2 広島
 3分 古賀
 6分 佐藤
13分 菅沼
26分 佐藤
99分 フランサ
20081220173723.jpg

内容としちゃ、褒められたもんじゃないです。
広島の攻撃のスタートであるストヤノフをフリーにしすぎてやりたい放題やられ。
寿人には裏取られ放題。
お互い2点目は防げそうな失点だし・・・。前半だけ見ればバカ試合。

でも、リーグ戦じゃなくトーナメント戦なんで。
内容がどうであれ、結果が全てでオーライということですよね。
菅野の顔面ブロック、古賀ちゃんのかき出し、祐三の片足でのクリア、
どれも間一髪だけれど止められた何かがあるんでしょう。
そうとしか思えない運のよさを感じます。
足を痛めてから精彩を欠いた(というか走りたいのに走れない姿が痛々しかった)浩太の代わりに出てきた巌は久々にスーペル巌モードだったり。いい点もあったし。

でも、運だけで勝てたならば、ロスタイム残り5秒のフランサのシュートが決まっていた気がします。
延長戦に入り、広島側は足が止まってきた中で、柏は足が止まらなかった。
走り勝てた分、最後に3点目を決めてPK戦に縺れこまなかったのは、間違いなくこれまでのトレーニングの賜物だし、誇っていいことだと思います。
そういった点では持ち味をしっかりと出せたと言っていいんじゃないかな。

次はエコパ。
ここでレイソルの試合をやるのは初めてでしたっけね。確か。
チュンソンも、煽りじゃなくてゴールでゴール裏を盛り上げてくださいな。古巣戦ですしね。

第88回天皇杯 準々決勝 広島戦…の続きを読む

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏レイソル 2008 | コメント:3 | トラックバック:0 |

延長戦

20081220170505
2試合目が延長戦って何かの罰ゲームですか?

泊まりにしておいてよかったよ。
死ぬ気でがむばります。

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

携帯から | コメント:2 | トラックバック:0 |

おしまい

岡山に向かう新幹線の車中から。

後半も点が取れず敗退。
セレッソさんがしっかり柏対策を取っていたなという印象です。
守る時には柏の楔のパスを狙って奪い取る。
攻める時にはダイレクトで逆サイドへ展開して柏の守備をかいくぐる。
いいところを出せず、点を取るための崩すサッカーを見せられずに試合が終わりました。
この1試合だけ観ると完敗。

セレッソさんはじめ勝ち残ったチームには23日以降も頑張ってもらいたいと思います。

まだ、シーズンが終わってしまった実感がないんですよね。
一部昇格組を除き、柏のユニを纏った彼らとは会えなくなるってことが。
これからじわじわくるんだろうな。

最後になりますが、
『3年間、応援有難うございました』とのキャプテンの言葉、そっくりそのままお返しします。
こちらこそ3年間楽しませてくれてありがとうございました。

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

携帯から | コメント:2 | トラックバック:0 |

準々決勝その1 ハーフタイム

柏U-18 0-2 セレッソ大阪U-18

山口蛍 真ん中でミドル蹴り込まれた?
? 右からのクロスにセンター走り込んで頭で合わせる。

まだまだこっから!

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

携帯から | コメント:0 | トラックバック:0 |

CWC2008準決勝 マンチェスターUtd vs G大阪

スタジアムに行きたかったなというのが見ての率直な印象。
物理的にスタジアムに行くことが無理だったので、諦めてチケットは購入していなかったのですが、
ワンセグ&録画で見たレベルでもあれだけ楽しめた試合は久々でした。

ルーニーの体幹の強さや2点目の抜け出しの巧さにはうならされたし、
山崎のゴールや橋本のゴールの時には思わず声を上げたし、
そうそう、聡太はガンバに行ってよかったねと心からそう思えた。
C.ロナウドをワンツーで安田が交わして行った時、後から追っかけて手をかけて
押し倒したC.ロナウドは本気で頭に来ていた(苦笑)だろうし、
3点目を取られた後のファンデルサールは心底悔しそうにポストを蹴り上げてた。
あのマンチェスターユナイテッドのメンバーをちょこっと本気にさせたのは見ていてうらやましかったな。
いつかレイソルのみんなであの舞台に立ちたいと心底願った。
いつかヨーロッパや南米の代表を本気の本気にさせてみたいと。

そう、あの舞台は夢じゃない。
日本で3本の指に入って、アジアを勝ち抜ければあの舞台に立てるんだと改めて悟った。
だからあの舞台に立ちたいと思うのは夢ではなくて、願いなんだ。


それからもう一つ感じたこと。
ガンバらしいサッカーで3点を奪ったこの試合を見て、
シーズン通して見ているわけでない他のチームのサポーターからも「○○らしい」って思われるっスタイルを打ち出せることって凄い事だなということ。
片やレイソルの立場で考えるとどうだろう?
「プレス」なのだろうか?
どうも「プレス」=石さんのイメージが強すぎて、=レイソルとはなっていない気がする。
それの色をつけていく作業をこれからレイソルは積み重ねていかねばならないよね。
その第一歩がこの天皇杯。
勝ちたい気持ちで負けないように、今のできる事を精一杯出せますように、そう願います。

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

その他 | コメント:0 | トラックバック:0 |

Jユースカップ第2回戦 柏U-18vsFCライオス

2008年12月14日 14:00Kickoff
柏U-18 9-1 FCライオス
畑田×2,工藤×2,牧内,山崎×2,指宿×2

普段着のサッカーで日立台でのサッカーの試合を締めくくりました。
ボールをロストしないこと、ボールが縦へと動き出したらセンターから逆サイドから必ずゴ-ル前へと動くこと。このサッカーには、スペシャルな個は不要です。
でも、チームの中で個を見せ付ける、そんなところまでこの3年で達せられたのかなとふと思いました。

個人的にはこのサッカーのよさがわからなかった一昨年、
それに気づけた時のなんともいえない感とそれを伝えたいと思った去年、
そしていつしかこのサッカーを常に見られることが当たり前に感じてはじめていた今年。
長いようで短かったそんな2年間でした。
当たり前なことなんて何一つないことをもう一度思い起こして、最後の大会を目に焼き付けようと思っています。

もっと伝えたいことがあるはずなのに、言葉にするとその半分にも達していないようなそんなもどかしさを抱えながら、長居へと向かいます。
願うことはどこのチームもただ一つ。皆が長居のピッチに立てることでしょう。
どのチームもどうか良い体調で、良いサッカーを。くれぐれも余計なカード類などもらいませんように・・・。

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏U-18 2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |

08 Jユースカップ予選D組 A新潟戦@東電スワンフィールド

試合中に雪が降ってきたら犬飼会長弾劾ネタでブログを速攻上げようかと思っていましたが、
前半は日が照って暖かかったもんで寝かして置いたらこんな時期になってしまいました。
でも、後半は日が陰ると寒風が見にしみ、往復の道中もチェーン規制がかかっていたりでね、
日本で秋春性導入するなら整備されていないスタジアムや、チームやサポーターの移動手段リスクとかの所まで考えろや!
という意見に変わりは無いわけでございます。
しかも試合前には3mm大(まだ小さいほう)の雹が降ってきて痛いし。
(返す返すも選手がプレイ中ではなくて良かった・・・)
寒さで試合内容もうろ覚えだし・・・。

2008年11月22日 13:00Kickoff
東北電力スワンフィールド
アルビレックス新潟ユース 2-3 柏レイソルU-18
畑田(誰かがセンターで落としたボールに走りこんだ・・・かな?)
橋本健(右サイドからのクロスボールに逆サイドから駆け込んだ・・・だった気がする・・・)
工藤(・・・右サイドからのアーリークロスを受けて・・・?あぅ、誰か突っ込み宜しく)

前半で3-1と差をつけるも、今季最終戦の新潟ユースの意地に、後半は押し込まれた。
そんな流れの試合でした。
新潟にはトップ帯同の酒井君(U-19代表候補)がいない。
柏もキャプテン仙石君、長身FW指宿君がいない、しかもサブには中学生が2人!(試合にも出ましたが・・・汗)
ということで、8月末の試合とは全く違った様相の試合となったのでした。
柏はペナルティーエリア付近まではポゼッションでボールを運ぶものの、その先シュートへ持ち込めない。
新潟はしっかりとサイドにふたをして守って、縦にFW2人を走らせる。
その形が実ったのが新潟1点目の同点に追いつく左サイドからのカウンターでした。

もはやこんなことしか鮮明には覚えていないわけです、アハハ。

要はそんな状態なのになんでこのエントリを上げたのかというと・・・
これ↓。

冬開催反対バナー

個人的に賛同します。
ってことで、冬開催は嫌な方はぜひ。

帰り際に御挨拶をした新潟サポーターの方がボソッとこぼされていました。
明日もココに来るのに俺たち何やってるんだろ(笑)と。
いや、こちらは翌日磐田なんですが何か?
と返せなかったヘタレなおいら。チーン。

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏U-18 2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。