Viento del roble

不特定に、気ままに、サッカーを書き綴ればと。今年も何事も現場主義で。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

【雑】オフらしく

20090228163940
偶にはオフシーズンらしくと、雪山に来ております。
13年ぶりの戸狩ですが、あったかい。
下の方は地面むき出しかけているし、
そもそもノーマルタイヤでスキー場まで行けるし。

雪解け水が滔々と流れているのが、この夏の渇水に繋がりそうで心配ですね。

ゲレンデで、レイソルニット帽をかぶった方をお見かけしましたよ。
いらっしゃるもんですなぁ。
スポンサーサイト
携帯から | コメント:0 | トラックバック:0 |

練習試合 柏vs筑波大学

筑波大学を見るのはほぼ1年ぶり。そのときは元ユース主将の須藤君(本日12番)は球拾いだったので、
プレイを見るのはレイソルユース時代以来だったりします。
3本目、そのユースの後輩、仲間君とマッチアップしたのは何の因果だったのでしょう?
ってか同期の大島はなにしてる・・・。

2009年2月25日 日立柏サッカー場
練習試合
1本目 3-0 山根、大津、北嶋
2本目 3-0 北嶋、村上、太田
3本目 0-0

メンバーは公式の通り。
1本目・2本目は、ある程度やれることのわかっている年長の選手ばかりのため、今年の戦術の中での生き方を見極めるにはよかったかなと。
太田が、センターにポジションチェンジして配球しようとしていたけれど、やはりサイドの方が生きるなとか、
村上のセンタリングのバリエーションが増えてみていて期待が持てるようになってきたなとか、
キタジが後輩をひっぱいているのは充分わかるが、もう少し、ボールを落ちつけられるようにならないと厳しいなとか、
大津は先輩がいなくなると声が大きくなってエゴイスティックになるなとか、
いろいろ思うところはあったにせよ、昨年とそうは変わらない感じがしました。

3本目、ユース出身が増えてからですね、漸く楽しくなってきました。(苦笑)
新卒の5人は昨年同様のプレイぶりで、この合宿で伸びた感じはしなかったので引き続き頑張ってほしいところですが、
仲間君、W橋本君の現役ユースっこがよく頑張ってたかなと目を見張りました。
最後筑波のGKがレッドカードを提示されたのも仲間君の右サイドからの突破をたまらず手で押さえた結果ですし、
橋本拓門君のクロスバー直撃の惜しいシュートもありましたし。
それまでも、仲間君と橋本健太君とのコンビで筑波の右サイドを蹂躙。クロスまではいいものの、真中がもたもたして得点こそありませんでしたが、個人的には3本目が一番面白かったですね。
公式のダイジェストでは取り上げられていないものの3本目は右サイドの方が面白かったと思うぞ・・・。
(ついでにいうと澤がプレイに絡めず浮いてたのが気になります・・・。)
ってか筑波の左サイドで彼らと対峙していた須藤君・・・がんばれ。

個人的には、仙石君がトップでのデビューが一番はやくなるかなぁ?と思っておりました。
今日見る限りでは、ユースの時の同様のプレイをしようとしてタイミングに少しずれが出ているようです。
もう少しプレイスピードを上げて、相手をひきつけるギリギリのタイミングを会得するまで辛抱かなと思いますね。
そのタイミングをつかめれば、相手をひきつけての大きな展開でチャンスを生み出せる選手となるはず・・・。
なにはともあれ、底上げは必須です。
今日姿も現わさなかった若手の大島、橋本和も含め、伸びていって、今のレギュラー陣を脅かしてほしいと願います。

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏レイソル 2009 | コメント:0 | トラックバック:0 |

第15回ちばぎんカップ

1日100人もこないようなウンコブログなので、言ってしまって構わないでしょう。
エルゴラの表紙にデビューしてしまった!

場所を特定した人もコメント欄に詳細は書き込まないように(苦笑)

2009年2月22日 13:00Kickoff 日立柏サッカー場
柏 3-1 千葉
 7分 菅沼←杉山
41分 矢澤(おやくそく)
56分 栗沢←村上
59分 李←ポポ←杉山


得点者だけ見ると柏が4-0で勝利♪とか思ってしまうところが谷澤の憎めないところ。
トラップで交わしてのシュートは上手かったねぇ。相変わらず。
難しいプレイ・シュートだけは昔から上手かったから、『やざー』も健在だなぁと思ったり。

まぁ、毎年恒例のお祭り試合で、試合結果や内容がシーズンに繫がらないこと多々あるちばぎんですが、
今年も多分には漏れず、リーグ戦2節の3月14日には全く違う試合になるだろうなぁというのが、今の感想です。
千葉のバックラインが和田と青木の位置が普段とは逆でお試し急増ラインでしたので、昨年と変わらず裏へ抜けるスピードを生かしたプレイに弱いままでした。まぁ、リーグ戦では参考にならないんでしょう。
他にも、ボランチ候補1番手の中後が殆どプレイしなかったり、工藤浩平は右サイドでおとなしかったり。
おまけにハーフタイムはロッカールームでミーティングせずに先発メンバーがピッチでアップしている始末。
ミラーさんが手の内を見せないようにしてるなってことが私みたいな素人でも推測できてしまうので、
シーズンの見通しとしてはこの1試合だけではそんなに手放しで喜べない。

でも、だからと言って試合が面白くなかったわけではないですよ。
昨年までと違った、人数をかけた攻撃が見られたし(2点目が象徴的ですね。ゴール前で村上のクロスを待ち構えていたのが3人もいた!)
フランサをおとりに使ったプレイもあったし、
村上が入ってからのサイドバックがガンガン上がるシーンには、ふと、サワケン、片野坂を思い出したり。
試合終了間際には、キタジや大津の惜しいプレイにはおおいに悔しがらせてもらいました。
パスの正確性や連動はまだまだだけれど、シーズンを通してぶれずに進められれば面白いことになるかもしれないなとはほのかに思えた参戦緒戦でした。

漸く、今年も始まりますね。
第15回ちばぎんカップ…の続きを読む

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏レイソル 2009 | コメント:2 | トラックバック:0 |

県クラブユース新人戦 vsジェフU-18

キックオフ時間を2時間も間違えていました。
同行者なければ終わった頃に到着していたことでしょう(苦笑)

2009年2月21日 15:00Kickoff市原スポレク人工芝
ジェフU-18 0-3 柏U-18
山嵜 ←右からのクロス
橋本拓(PK) 
山嵜 ←仲間
【先発】
      山嵜
仲間   小林   鳥山
    熊谷 茨田
川尻 池田 橋本 石田
      川浪
【交代】
峯、鈴木、豊嶋、篠原、郡司(今年も新1年生が登場)

諸事情ありまして、またもやKickoff後の到着。
ピッチ横を歩いている途中で1点目のゴール。
右サイドからの折り返しに体を投げ出してDFを離した山嵜君が押し込んで先制。
その後も柏が優位に進める中で、ペナルティエリア右隅で茨田君が倒されPKを得る。
これを橋本拓君が決めて突き放します。
3点目は、仲間君のファインプレーから。
ゴールに向かって右側のエンドライン際で、2人に囲まれ、倒れながらもボールをキープします。
倒れて寝そべった姿勢のまま、確りと逆サイドに上げられた『浮き球』のクロスボール。飛び込んだのは山嵜君。

後半は0-0で、足がとまった(ように見えた)のと、疲れとからか、柏が前線でボールを落ちつけられなくなった分ジェフの支配率が上がりました。
とはいえ、こちらサイドから、「あ、やばい」と思わせられた危険なシーンはゴール前でGK川浪君との1対2のシーンくらいだったか(見事に川浪君がはじきました)、と思います、近年のユースダービーらしからぬ差のついた勝利でした。
無失点に抑えた守備陣もさることながら、
右サイドからスピードの鳥山君が、左サイドからはテクニシャンの仲間君が、そして真ん中には柔らかいボールタッチの小林君が、と3者3様のドリブラーが顔を揃え、
ルーレットありの、個人技での突破ありのと、
システムこそ昨年を踏襲しているものの、また昨年とは違った面白さのサッカーを繰り広げています。
今日は山嵜君のボールキープも際立っていて、5分5分のボールをもマイボールにしてしまうので、1列後ろが安心して攻めに加われていたかなとも思います。
これから更に今年の色が付いていくことでしょう。

昨年とまた違った面白さで今年も1年楽しみだと、より感を強くした試合でした。

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏U-18 2009 | コメント:0 | トラックバック:0 |

千葉県プリンスリーグ参入決定戦 八千代vs柏U-18

所用がありまして、後半しか見られていないので、得点を見ておりません(しょぼーん)

八千代 2-2 柏U-18
PK 6-5
(後半開始時)たぶん、こんな布陣
           峯(17)
仲間(10)              小林翼(14)     
      相馬(23) 橋本拓(5)
          茨田(12)C
橋本健(15) 根立(4) 飯塚(3) 御牧(2)
           松下(1)

参入戦のPK負けは3大会連続です(御挨拶)
(2007年は出場できていないので、2006年2008年と今年と)
柏U-18は去年と同じシステムながら、選手が異なり、縦への速さ、ドリブルを得意とする選手が多いこともあり、
八千代高校の、柏U-18のセンターラインがボールを持ったときの寄せの早さもあり、
サイドから個人の突破力頼みという感がありました。
また、パスカットからの縦に早い八千代の攻撃をとめきれずイエローをもらうこと数多く、
柏U-18側のオフサイド判定の多いことで、裏へ抜ける動きが取れなくなってしまったこと、
色々あいまって、新人戦の時のようなシンプルな攻撃をできていなかったですね。
(まぁ、相手の力量差もかなり違いますが)

PK戦後の八千代高校の喜びようが胸に沁みました・・・。
(プラス、毎度の事ながらPK戦の時の太鼓の叩き方に悩みました・・・)
結果、柏U-18は2009年も県リーグへ参戦し、関東クラブユース選手権の予選から参加することになります。

このチーム最後の試合となった、松下君、御牧君、飯塚君、根立君、川崎君、そして吉田監督と渡辺コーチ、お疲れ様でした。
また、どこかでお会いしましょう!


毎年思うのですが、なぜこの時期に参入決定戦をやるのかなと。
プリンスの昇格降格は7月には決まっています。県リーグ1部も10月から11月くらいまでには終わります。
3年生も出場できるレギュレーションで何も2月にやることはないと思うんです。
この時期しかできないならば2年生までというレギュレーションにすればいいと思うんですがね。
なんでなんでしょうか。
柏U-18 2009 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。