Viento del roble

不特定に、気ままに、サッカーを書き綴ればと。今年も何事も現場主義で。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

adidas CUP 2009予選D組 大分戦

日曜の試合についても今更ながら簡単に。

2009年7月26日 10:30Kickoff JヴィレッジPitch5
大分U-18 2-3 柏U-18
 3分 田内
 5分 相馬
13分 原
58分 上ノ薗
79分 仲間

キックオフ早々、DFラインを抜け出した大分に先制点を奪われ、左右の差はあれほぼ同じ形で2点目を奪われました。
1点目直後に齋藤君のスルーパスから相馬君のゴールで返しましたが、
前日の清水戦を大分側がビデオで分析した成果か、はたまた連戦の疲れか、
昨日のような動きは見せられず、大分の術中にはまったかのようでした。
荒木君と仲間君を同時投入し、1トップの山嵜君のポストプレイを押さえ込むことで機能していた大分の守備が、彼ら2人のスピードに対応できず、綻びが見え始めます。
投入してまもなく、2人のコンビプレーで奪ったコーナーキック。
熊谷君が蹴り、ファーサイドで峯君がヘディングで折り返したボールを相馬君がシュート。キーパーが弾いた零れ球を上ノ薗君が押し込み同点、
その後も攻勢は続いたのですが決めきれずロスタイム突入間近の79分でした。
右サイドをドリブルで抜け出した荒木君がマイナスのラストパス。ダイレクトに打った仲間君のシュートは左サイドネットに突き刺さったのでした。

一目散に御父兄の集うバック側に駆け寄る面々。
この風景を見て、
 やはり胸に秘めた熱い思いがあるんだよな。
 それを押し殺して冷静にプレイしている、薗必要があるんだよな。
と改めて思ったのでした。
ピッチから熱い思いが伝わってこないと、別のカテゴリの試合のエントリーで書いたこともあるけれど、
そればかりが全てじゃないんだぞと、この日教えてもらいましたね、彼らに。
スポンサーサイト

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏U-18 2009 | コメント:0 | トラックバック:0 |

09年J1第19節 鹿島戦A

J村から車を飛ばして駆けつけた鹿島スタジアム。
初めてスタグルメを堪能させてもらいましたが・・・あれはアウェイ差別だ(爆)
モツ煮は内容量が違うし、牛串や焼きベーコン串とか美味すぎだし。
次行くときは・・・席種どうしよう(爆)

2009年7月25日 19:04Kickoff@県立鹿島サッカースタジアム
鹿島 1-1 柏
44分 村上
56分 マルキーニョス

チュンソンが2対1の場面でパスを出してカットされた場面、
チュンソンからのパスに村上が合わせそこなった場面、
確かに後半2回ビッグチャンスはあったけれども、それ以上に危ういシーンも多かったので、
勝ち点1が確保できてよかったかなぁと。
攻撃では相手が相手だけにカウンターしか可能性は見えなかったけれど、
それ以上に守備の面で諦めないタフさが久々に見られたことが、何よりも嬉しかったのでした。

そしてこの日の大津を見て、足が長いってのはいいよなぁとつくづく思ったのでした。
カッコいいとかじゃなくて体を入れられなくても足を入れてボールが奪える。
コレばかりは体格の問題ですからね・・・。
守備が懸念された大津ですが、逆に守備での貢献度が高かったですね。
練習生として参加していた2年前の7月を思い起こすと、とても成長したなぁと感慨深かったです。


試合前、鹿スタまでの道のりでは1Km以上も煽られ気分が悪かったですが、
岩政選手が小林慶行選手がつったとき伸ばしてくれてたので、好感度±ゼロかな。
好感度がマイナスの位置で低空飛行なのは変わりませんが。

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏レイソル 2009 | コメント:0 | トラックバック:0 |

adidas CUP 2009予選D組 川崎戦

昼間の日差しも影をひそめた曇り空。
土日に比べて幾分減った人出ながらも、3日目特有のより重い想念が漂っていたようだったのです。

2009年7月28日15:00Kickoff @Jヴィレッジピッチ5
川崎U-18 2-0 柏U-18
12分 奥澤
65分 川越

何もさせてもらえなかった80分間。
前線への楔のパスはCBとボランチにあっという間に囲まれ奪われること多数。
川崎の守備的なMF3人ががラインを下げ、DFとの2ラインがとても狭い中で局面を打開できず、
FW3人の献身的なプレスに落ち着いた球出しも難しかった。
サイドから攻めようとするも、必ず二人以上で囲い込みに寄せられ突破できず。
1か月前の那須での横浜FM戦をよく研究していたんだなというのが頭に浮かびました。
最後、右サイドからの崩しで、小林翼君の惜しいシュートもありましたが、あと1点が決められず。
終始川崎の手の上で転がされていた中、上ノ薗君と川尻君の両CBの奮闘が光った試合でした。


結局1か月前の関東予選の際に露呈した切り替えの早さにどう対処していくのか、という弱点を
克服できていなかったことが改めてあらわになったということ。
年末のサンスタートニックカップへ向けて、個人の力とチーム力と其々がアップした姿が見られますように、と祈りつつ、夏の大会のエントリーは締めにしたいと思います。
選手、チームスタッフ、そしてご父兄の皆様、お疲れ様でした。
adidas CUP 2009予選D組 川崎戦…の続きを読む

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏U-18 2009 | コメント:0 | トラックバック:0 |

adidas CUP 2009予選D組 清水戦

今年もJヴィレッジへとやってきました。
1年ぶりにお会いする方がいたり、初めてお見かけするチームの方がいたり、
色とりどりのユニフォーム姿が入り混じるのはプチW杯状態で何となく楽しいのです。

2009年7月25日13:00 Kickoff JヴィレッジPitch1
清水エスパルスユース 1-4 柏レイソルU-18
 2分 山嵜
25分 鍋田(清水)
46分 山嵜
57分 相馬
66分 山嵜

山嵜君のハットトリックショーは開始2分に始まりました。
清水陣内で得たFK。ふんわりと浮かしたキックにボールは山嵜君の目の前に落ち、GKと1対1。
飛び出していたGKの位置を落ち着いて確認するとループ気味のシュートで先制しました。
先制した勢いで、しばらくは攻勢の続く柏でしたが、清水のボールホルダーへのプレスが激しくなり、キープできなくなると
8番の柴原君と10番の鍋田君のドリブル突破とサイド攻撃を織り交ぜた清水の波状攻勢。
ボランチ二人の寄せの速さが特筆もので、いざ攻めようという時にボールを奪われたのは柏視点では痛かったです。
同点弾も左サイドからのアーリークロスを受けた鍋田君がDFを交わしてフリーでシュートを決めたもの。その動きは敵ながらお見事でした。
柏としては、そこでズルズルいかずに、前半を耐えきれたのが大きかったかなと。
後半早々、フィールド中央付近でファールによるFKを熊谷君が素早いリスタート。
右サイドフリーだった斎藤君が受けクロスを上げた先にいたのがFW山嵜君。ダイレクトで右足で押し込んで勝ち越し。
3点目は相馬君。DFの上ノ薗君からの前線へのフィードに抜け出し、ボールをコントロールしてシュート。
4点目は自身のシュートをキーパーが弾いたところに、詰めていた山嵜君のヘディングシュート。

スコア上は押しているように見えますが、危うい場面も幾度となくありました。
ゴールポストに助けられたり、ワンタッチで触るだけでゴールとなるボールが数本あったり、
川浪君のファインセーブに助けられたり。
山嵜君の体を引きずられて倒れながらもボレーシュートを放ったりとストライカーらしさの増したプレイも
素晴らしかったですが、後半を守りきったGKとDF陣も頼もしかったのです。

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏U-18 2009 | コメント:0 | トラックバック:0 |

アディダスカップ清水戦先発

気温30℃くらいか、
風があるものの蒸し暑いです。

GK 1川浪
DF17斎藤
   2川尻
   4上ノ薗
   6橋本健太
MF 5相馬
   7茨田
  10仲間
  18山中
  11熊谷
FW9山嵜

ツイッターで速報します。
携帯から | コメント:1 | トラックバック:0 |

adidasカップですよー。

現実逃避にtrinitalifeさんとこなどで見かけたので勢いで作ってみた。
音は0にしてありますので、調整してください。

作りたいがために今日急遽練習試合に写真を撮りに行ったなんていうのは秘密だ。


※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。
Get Adobe Flash Player


ってか、これ、なんだか楽しいぞ。

というわけで(?)7月25日、全国クラブユース選手権adidasカップ2009、開幕です。

柏レイソルU-18は予選リーグD組
7月25日 13:00 vs清水 @Jヴィレッジピッチ1
7月26日 10:30 vs大分 @Jヴィレッジピッチ5
7月28日 15:00 vs川崎 @Jヴィレッジピッチ5
です。

他にもいろいろと作ってみたいけど、写真がない…。
絵を描いてみるか!(←自爆行為)
というわけでユースっこの写真募集中です(爆)

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏U-18 2009 | コメント:0 | トラックバック:0 |

09年J2 第28節 甲府vsC大阪

小瀬で駐車場難民になるとは予想外でした。
上位対決だけあって14000人の客入り。
両者譲らず・・・な結末。
湘南に有利な展開にシメシメとか思っていたのはナイショだ。

2009年7月18日 18:34Kickoff@小瀬スポーツ公園陸上競技場
甲府 1-1 C大阪
30分乾
58分マラニョン

前半15分くらいのスタジアム入り。
サイドの酒本と石神、そして乾と香川が入り乱れてカイオと絡み、
面白いように攻め込んでいました。
30分、中央でカイオが受け、左サイドの香川がドリブルでペナルティーエリアへ持ち込むと、
杉山新が後ろからなぎ倒すようなスライディング。
いち早く起き上がり再度突進した香川と、セルフジャッジしたかのように一瞬止まってしまった甲府DF陣。
その隙をついて走りこんできた中央の乾が難なく押し込みました。
その後も甲府は最終ラインで防ごうとするも、シュートまで持ち込まれることが多く、
セレッソの決定力のなさに助けられた感。

後半に同点ゴールが生まれるも、正直3プレイ前のスローインが怪しかった。
(ファウルスローっぽかったのでセレッソが抗議していたが、フリーでクロスを上げられ、決められる前にしっかりDFせぃと。)

同点になり、流れが変わったのは60分。森田を下げて、藤田のポジションをボランチから一つ前に上げてから。
この試合から出場できるようになったガウボンを生かそうと、
コレまでとは違う4-2-1-3のダブルボランチ森田トップ下でスタートしたこの試合でしたが、
正直言って機能してなかった。
森田のポジショニングが中途半端なのと、後ろを向いて受けるだけなので前を向いて勝負する彼のよさが出なかった。
また、ボールを溜めるべき藤田がボランチのポジションだと、7人で守るセレッソ相手ではなかなか前にいけなかった。
それがこの交代でシステムをいつもどおりの4-1-2-3に変えたことで途端に機能し始めたのは見ていて痛快だったが、「なぜコレを最初からやらなかったのか?」という後味の悪さも感じ複雑でした。
しかし甲府も決めきれない。
後半30分はほぼ圧し続け、香川の単独突破くらいしか活路を見出せないくらいにセレッソを追い詰めるも勝ち越せずドロー。
お互いのいいところ悪いとこが全て見られた面白い試合だったなぁ!
と他サポ的な感情でスタジアムを後にしました。

えっと・・・輪湖直樹選手にはいつ行けば会えますか?(爆)

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

その他 | コメント:0 | トラックバック:0 |

09年J1第18節 G大阪戦H

まるで2試合を見たかのような気分。
前半はあれでも今季最高の出来。
(ガンバ側の出来の悪さはさておき・・・)
後半は前半戦17試合のリプレイかのような停滞感。

2009年7月19日 19:04Kickoff@日立柏サッカー場
柏 0-2 G大阪
53分 レアンドロ
67分 レアンドロ

15分過ぎの北嶋の振り向きざまのボレーショットが、久々に日立台に火をつけた。
あんなに一体に感じられたのはいつ以来だったでしょうか?
一丸の勝利を手繰り寄せられるのではないか?と思えた前半でしたが、失点で空気は一変。
失点に絡んでしまった選手を責めるつもりは毛頭ありませんが、
点を取られてしまって意気消沈してしまった方々は大いに反省していただきたいと思うのです。
ここから先は、「ハンデなんかなにくそっ!」というような反抗心を、
諦めない心をどれだけ持てるかが残留への道。
PKで1点取られたくらいでは諦めていなかったんだけれどなぁ、スタンドは。
もう選手の間では点を取れない不信感でもあるんでしょうか?と勘ぐってしまいたくなる風景でした。
その後のことは、幾度となく見てきたリプレイシーンなのでもはやどうでもいいのです。

試合前から前任者の手段を踏襲すると宣言していた井原コーチの言の通りで、
この試合は前任者の結果をも踏襲することになりました。
新監督が今年の18試合の積み上げをぶち壊しどうレイソルが変わっていくのか、
そこに期待しています。
回帰すべき原点がないという悲しい事態ですがね。
09年J1第18節 G大阪戦H…の続きを読む

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏レイソル 2009 | コメント:0 | トラックバック:0 |

09年北信越リーグ1部 第12節 松本山雅vsAC長野パルセイロ

日曜日は京都に行ってしまうと翌日の仕事に支障をきたしてしまうので、松本に行ってきました。
個人的には2日前の金曜日にも仕事で行っていたので全然久方ぶりでもなんでもありませんが。
長野はレイソルから薩川コーチが単身赴任中、大島選手もレンタル移籍中で、
かつて在籍したノグチピントも正ゴールキーパーとして君臨中となじみも深いチームです。
対する松本も昨年の天皇杯では湘南ベルマーレをPK戦の末破って4回戦進出という報が記憶に新しいかと。
元セレッソ、湘南の柿本や、元鳥栖の鐡戸、元栃木の原など馴染みのある選手も所属しています。


北信越リーグ1部は、JFLの下に位置するリーグで、欧州風な言い方をすると4部に位置するリーグです。
1部に属する8チームがホームアンドアウェイの総当り制で全14節を闘い、1位のチームのみが11月に行なわれる全国地域リーグ決勝大会へ、JFLへの昇格を賭けて挑むことになります。
北信越1部には当試合の2チームの他にもツエーゲン金沢などJを目指すチームがひしめき、
現在首位のジャパンサッカーカレッジ(以下JSC)もJFLへの昇格を目指しているという、
人呼んで『日本一熱い地域リーグ』です。
11節を終えて、

1 JAPAN.S.C    勝ち点29 9勝2分 +18
2 松本山雅FC     勝ち点28 9勝1分1敗 +30
3 AC長野パルセイロ 勝ち点27 8勝3分 +44

と大混戦の中で迎えた2位3位の直接対決『信州Derby』でした。

2009年7月12日16:00Kickoff 長野県総合球技場アルウィン
松本 1-1 長野
67分 鐡戸
82分 佐藤

お互い『負けられない』という意識が強かったのか、堅い出だし。
それぞれなかなかシュートまで持ち込めない展開の中でDFの屈強さが目立つ試合展開。
長野がピッチ中央に君臨する土橋を経由した細かなパス回しでリズムを掴みかけますが、
次第に両サイドのカウンターを駆使する松本が主導権を握るようになったところで前半終了。

後半も基本的には流れは変わらないもののややカウンターが効いて来た松本が有利かという流れ。
柿本にボールを収めた後のサイドへの展開が長野の守備陣を慌てさせる場面も。
そんな中、最初にネットを揺らしたのは松本でした。
カウンターを受けた長野DF大島が体を張ってとめるもファウルを取られFK。
左60度、距離にして25mくらいはあったかと思いますが、メインスタンドからは壁を巻いて右ネットに突き刺さる弾道がそれはそれは美しかったです。
先制された長野は運動量の落ちてきた土橋と、後半その献身的な動きが光っていた元NECトーキンの大橋を下げて栗原と加藤を入れます。
これで長野の攻撃スタイルが速攻型へと変わり、疲れの見え始めた松本DF陣を翻弄。
惜しい場面を幾度となく作るもGK原の堅守に得点できず。
同点に追いついたのはFKからの零れ球を受けた長野の選手に後ろから足を掛けてしまって得たPK。
その後のロスタイム含めた10分間は勝利を目指したお互いが打ち合う、ダービーらしい激しい展開で楽しかったです。

いや、まったり見ている者には楽しくとも、サポーターとして立ち会っていたなら気が気じゃなかっただろうな・・・。

結果、引き分けで、ツエーゲンに2対0で勝ったJSC(2点目は宇野沢!)に勝ち点では離された両者。
でも、残っている2試合がJSC-松本,長野-JSCと直接対決だけに目が離せません。

8月2日、1位となれなかった場合には全国社会人サッカー選手権大会にて優勝し、
地域リーグ決勝大会へという道も残されています。
今年の全社は10月に千葉県での開催。予定があえば見に行きたいなと思っています。

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

その他 | コメント:0 | トラックバック:0 |

関クラ5位決定戦 柏U-18vs横浜FMユース

2009年6月28日 10:30Kickoff 那須スポーツパーク中央グラウンド
柏Uー18 1-3 横浜FMユース

       山嵜
山中    熊谷    豊嶋
     相馬 橋本拓
橋本健 川尻 上ノ薗 茨田
       神崎

【得点】
熊谷←茨田


前日とはうって変わって、苦戦の90分間。
攻めが最大の防御である、今の柏レイソルのシステムの狭間に陥ってしまったようでした。
全国大会へ向けてのいいトレーニングマッチとなれば・・・いいですね。

選手の動きで気になったところといえば両サイドバックの2人です。
・茨田君のスタミナ(苦笑)
・橋本健太君のコーチング
茨田君はこの日右サイドバック→左サイドハーフ→FW。
今のサッカーではサイドバックに運動量を求められるので仕方はないのですが、
連戦の続く全国大会では心配です(^^;A
そして橋本君のコーチング、ちょっと聞いただけでは茨田君とかなり似た声なので、
どちらがどちらか聞き分けるのが難しかったですが、
キャプテン以上の鬼軍曹っぷりに、聞いてて何故かハラハラしました。

豊嶋君がキーパーと1対1になったり、山中君がエンドライン際までえぐったりと
何度かサイドからの攻撃で惜しいシーンはあったものの
残念ながら追撃弾は奪えないまま試合終了となりました。


関クラ5位決定戦 柏U-18vs横浜FMユース…の続きを読む

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏レイソル 2009 | コメント:0 | トラックバック:0 |

09年J1第16節 新潟戦H

2週間前の劣化したVTRを見ているかのようで・・・。

2009年7月4日 19:04Kickoff
柏 0-4 新潟
 7分 村上
44分 小林
47分 古賀
89分 古賀

新潟にこんな名前の選手いたっけ?
と冗談はさておき。

75分を過ぎると走れなくなります。
好調なミノルはDF役で奔走しています。
攻撃は大津頼みです。
確かに北野は当たっていたけれど・・・。

去年までのレイソルのいいところをかなぐり捨てて、
首までどっぷりつかった泥沼の中で、
どう這い上がろうとしているのか、
どう理解すればいいのでしょうか?
理解してほしいとおっしゃりますが、
納得するだけの材料が、
いや、微かな光でもいい。
何かしらのものがほしいのです。
09年J1第16節 新潟戦H…の続きを読む

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏レイソル 2009 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。