Viento del roble

不特定に、気ままに、サッカーを書き綴ればと。今年も何事も現場主義で。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

09年 Jユースカップ予選 柏vs湘南

Jユースカップも予選最終日。
5試合終えて勝ち点差1に3チームがひしめく接戦となったCグループ。
2席の決勝トーナメントへの椅子を賭けて、暫定1位柏U-18と湘南ユースとの対戦でした。

2009年11月22日 14:00Kiskoff@日立柏サッカー場
柏U-18 4-0 湘南
 8分 峯 ←齋藤 右サイドのオーバーラップ、ライン際からマイナスのクロス、2人スルーして左サイドから走りこんでいた峯がズドン。
20分 仲間←山嵜 山嵜君からのパスをオフサイドラインをかいくぐって1対1。
33分 峯 ←山嵜 キーパーと山嵜君のチェイスで零れたボールを峯君が押し込む。
53分 山嵜 右サイド仲間君からのクロスにオフサイドラインギリギリかいくぐった山嵜君のシュート。


先週の試合で怪我途中退場した橋本健太君の代役は熊谷君が1列下がる事で解決。
その分持ち味のオフェンス能力を発揮する事は適わずも、DF面では及第点の出来でした。
代わりに代表から合流の茨田君がボランチに入りました。
ポジションバランスをとる為に仲間君が最終ラインに入ったり、茨田君が右サイドにいたり
皆でカバーし合っていたのが印象的な試合でした。

湘南ユースはどうしたんだろうなぁ。
柏とやる時だけ調子が出ないというか・・・夏のクラブユース選手権では8強入りして、
そのときの予選の試合も見たのですがとても見ていて楽しいサッカーをするんですがね。
相性・・・なのでしょうか。

結果、得失点差で1位通過となりました。
3年生が最後にもう一度日立台で試合をする事が出来ます。
12月12日(土) 13:00キックオフ vs大宮です。
拍手御声援宜しくお願いします。
スポンサーサイト

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏U-18 2009 | コメント:0 | トラックバック:0 |

09年 Jユースカップ予選 柏vs甲府

2009年11月15日 14:00Kickoff@日立柏サッカー場
柏 3-2 甲府
35分 仲間←橋本健
42分 上之薗
81分 仲間

バックパスの強さと方向の誤りによるオウンゴールから始まった試合。
甲府はU-17代表から戻ってきた堀米君の存在がアクセントとなり、
アウェイでの対戦時よりも手ごわいチームへと変貌していました。
前の対戦時も感じたのですが・・・よく走る。OGはその走りが実ったもの。

試合自体はね、柏が支配してたのですが、これがなかなか決まらない。
完全に崩しきったのに「それを外すかー」と頭を抱える場面もあったのは鹿島戦と同じでした。
同点ゴールは橋本健君の左サイドからのクロスに仲間君のヘディング。
逆転弾は上之薗君がCKの零れ球をゴール前ごちゃごちゃしたところ蹴りこんだもの。
3点目は山中君のクロスを仲間君がダイレクトに蹴りこんだもの。よく浮かせずに押さえて蹴り込んだよなーと感心していたのでした。
(仲間君はキタジと同じく難しいボールほど決める選手の気がしているのです・・・。)

最後、ぶれ球のミドルシュートを弾いたところを詰められて失点してしまいましたが、勝利。
決勝トーナメント進出は未だ決まらず・・・です。鹿島が湘南に負けたため。

というわけで5節を終えて

1 柏   勝ち点10 +7
2 鹿島  勝ち点10 +5
3 湘南  勝ち点 9 +2

の三つ巴状態です。
最終節、湘南U-18との決戦となりました。
宜しければ御声援よろしくお願いします。
勝って1位抜けできれば決勝トーナメント緒戦も日立台の可能性が高いので、12月にも後1回日立台で3年生にはプレイさせてあげたいなと・・・。
代表に行っている川浪君と茨田君の2人も揃ってね。

その意味では、怪我(前半終了時に足を痛めて)で途中交代した橋本健太君が気がかりなのです・・・。



テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏U-18 2009 | コメント:0 | トラックバック:0 |

09年 Jユースカップ予選 柏vs鹿島

0-0の引き分け。
でも3日前のアウェイ戦よりも、チャンスは生まれていたのも間違いありません。
何本か、「うわぁ、これが決まらないかー。」と頭を抱えたものもありましたがね。
峯君、山嵜君へとダイアゴナルに入れるクロスボールからのチャンスが増えてきました。
決勝トーナメントへ向けて連携が深まっている様子なのはいい兆しかと思いました。

2009年11月3日 13:59Kickoff 日立柏サッカー場
柏U-18 0-0 鹿島ユース


この結果、残りのホーム2試合を勝ったとしても、鹿島ユースの結果次第となりました。
決勝トーナメントで日立台でやって欲しかったのですが他力本願モードですね。

そしてその決勝トーナメント、仕事の関係でいけない可能性(日本にいない)が濃厚になってきました・・・orz

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏U-18 2009 | コメント:0 | トラックバック:0 |

09年Jユースカップ予選 鹿島vs柏

アウェイ3連戦の最終戦は鹿島ユースとのアウェイ戦。
互いに無敗同士で迎えた試合ですが、勝ち負け以上に
印象深い試合となりました。

2009年10月31日 13:00Kickoff
鹿島 2-1 柏
70分くらい 峯

毀れ球をことごとく鹿島中盤の2人に拾われる厳しい展開でした。
前半10分過ぎに右サイドからのクロスを決められ、後半、相手陣内で奪ったボールからの速攻に
峯が抜け出し追いつきます。
逆転へ攻勢を強めたいところでしたが鹿島の圧が高まり、左サイドからのクロスを旨くヘディングで合わせられ万事休す。
増川君の再三のファインセーブもあったのですが残念ながら敗戦となりました。
鹿島はセンターフォワードの18番へと蹴りこまれたボールへの対応が上手かった。
ボールの落ちるスペースの後方へ体でDFを追いやり、トラップスペースを確保するプレーには唸らされました。
やられている側であるにも関わらず…。
柏もサイドからの斜めのクロスへ走りこむ形でキーパーと1対1の展開を幾度となく作りましたが、
残念ながら全てゴールならず。ベンチメンバーから不満の声が漏れ聞こえる場面も(苦笑)


それよりなによりこの試合で印象深かったのは、
お互いのチームがしっかりとトップチームのDNA『らしさ』を引き継いでいることがあからさまに目にできたことですね。
いい意味でも悪い意味でも。
それはやはり現場にいるからこそ見聞きできる声だったりちょっとした仕草だったりから感じることで、
なかなか言葉足らずにな私では説明しきれないところではあります。


これから柏レイソルというチームはどう『柏らしさ』を変遷させていくのだろうか。
これまで15年かけて築き上げてきた今のチームスピリッツを今後どう変遷させていくのだろうか
5年10年先を見据えた動きをチームはしているのか、
どう歩んでいこうとしているのか、考え出すと止まらずあっというまの鹿島からの長い長い帰路でした。

そんなことよりも11月3日、ホーム緒戦は今日対戦した鹿島を迎えての一戦となります。
予選リーグ首位通過のためには、今日の敗戦を覆す勝利が必要です。
スタジアムにお越しの方々、よろしければ声を、せめて拍手でだけでも選手を後押ししていただければと。
それではスタジアムで。

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏U-18 2009 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。