Viento del roble

不特定に、気ままに、サッカーを書き綴ればと。今年も何事も現場主義で。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

第14節 草津戦

2006年5月6日
14:04KICKOFF 日立柏サッカー場
柏 2-1 草津
30分 李
74分 ディエゴ
78分 佐田

日本一遅い草津戦記事。
週刊誌より遅いってどういうことよ・・・。
試合終了後の監督の怒りっぷりが怖かった。とにかく怖かった。
ぶちきれて仕方のない試合だったですが、勝ち点を失ったわけではないので50点。
と、これ以上試合感想を書いても今更感なので省略。

出来る事をきっちりとやりきること。
これが出来ないと何時転落し始めてもおかしくはないよ。
野戦病院で、フィジコのみならず王子様まで練習に引っ張りださないといけない状態ですが・・・。
もう一度原点に立ち返らなきゃ。
とりあえずまっきー的MVPはレイくんにしておきます。
「聞こえな~い」には爆笑させてもらいました。
あと、レイくんダンスは4回エンドレスだときついよ・・・。


【J2:第14節】柏 vs 草津:石崎信弘監督(柏)記者会見コメント [ J's GOAL ]
【J2:第14節】柏 vs 草津:試合終了後の各選手コメント [ J's GOAL ]

柏公式
----------------------
◆試合終了後のコメント
石崎 信弘 監督
 第2クールの初戦であり、どうしても勝ちたい試合だった。結果的に勝つことはできたが、内容的にはいろいろなところで問題があった。次の鳥栖戦まで1週間ある。修正すべきところを修正し、気持ちと技術をもう一度見つめなおして臨みたい。
(問題とは何ですかという質問に)イージーミスが多すぎる。風が強い中で、ハイボールを見合って流してしまうなど、コミュニケーションも不足していた。精神的に集中して臨まなければならない。 鈴木達也はケガで交代させた。
李 忠成 選手
 運が良かったです。いいところにボールが来て、『来た!』と頭を出したら点が取れました。日立台でのスタメンは初めて。途中出場でたくさんチャンスはもらっていたので、点がとれるまでは長かったです。多くのサポーターの前で見せることが出来て本当に良かったです。
南 雄太 選手
 勝ったことはいいこと。だが試合全体の内容は良くなかったし、相手のミスに助けられた部分もある。一度崩れたら、上に上がるのが難しいことはみんな十分わかっているだろうと思う。第2クールはもっと相手に引いて守られるだろうし、もっともっと厳しくなる。いまはどちらに転んでもおかしくない試合を運良く拾えている。勝って課題をごまかすのではなく、気を引き締めて次に臨みたい。
スポンサーサイト

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏レイソル 2006 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<メモラビリア | HOME | 気を引き締めて>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。