Viento del roble

不特定に、気ままに、サッカーを書き綴ればと。今年も何事も現場主義で。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

第18節 札幌戦

岡山劇場ここに極まれり。
早いとこ嫁さんもらって柏の学校に子供を通わせるように。
そうすりゃ他チームへの移籍は難しく・・・

2006年5月27日
14:04KICKOFF 日立柏サッカー場
柏 2-1 札幌
 9分 大谷
27分 砂川
80分 岡山

去年と見違えるような勝負強さ。
75分~90分の間に決めた得点は既に今期8点目。
まだまだミスは目立つし修正すべき点がいっぱいあるって毎試合のように書いているけど・・・。
勝てているのはこの終盤の勝負強さか。

この試合は雄太と相川のクロスプレーが結局のところ分かれ目になったのかなと思います。
5分近く倒れこんでいた雄太、試合後は見るに痛々しい首筋でしたが、
あれで選手にも、サポにも火が点いた。
正直、今日は応援がイマイチ集中できていないねなんか浮付いているねという話しを
ハーフタイム中に周りの方々とも話していたのですが、
あのワンプレーを境にゴール裏の雰囲気が変わった気がしました。
けして慢心していたわけじゃないけれども、そういう雰囲気を醸し出すのは良くないですよね。
次の神戸も気合入れて頑張らないとと今一度肝に銘じた次第。
相も変わらずリーグ戦の大谷不敗神話は継続中です。
(天皇杯はリーグ戦じゃないので除外 笑)
今日もそうですが昨年来得点の匂いがする場面では必ず大谷が顔を出している気がします。
今年は慣れない左サイドを行ったりきたりしている事が多かったので、
なかなかセンターでボールを受ける事がなかったのですが、
昨日はディエゴ、フランサが左に寄りすぎている(そのため前半はヒラのスペースがなかった・・・)ところをみて、中央に走りこんできたセンスに脱帽。
なんだか器用すぎてどこが適職なのかだんだんわからなくなってきました。
試合の終盤はまたもやリベロやってましたし。
ただ今ひとつ大谷には注文があります。
試合中に監督の指示で修正を掛けられる様になったのは昨年と比しても大きな進歩(というか当たり前)ですが、
先々のことを考えると、ピッチに出ている選手間で微調整を掛けられるようになる必要はあると思いますし、
以前の試合後コメントでもノブリンが口にしていましたよね。
その役割を果たすのは柏においては大谷を置いて他にいないのではないかと思っています。
雄太がキャプテンとして引っ張っていってくれてますが、
こと微細なポジション修正についてはやはりフィールドプレーヤー、それも後ろ目の選手じゃないとと思うんですよね・・・。
今すぐにできることではないので先々への期待ですが。


試合の中盤は球回しの上手い札幌にいいようにボールを廻されている時間が多かったですが、
他チームからも言われているようにいかんせん札幌のフィニッシュがね・・・。
フリーで宇宙開発とか、絶妙のクロスあげても誰も中にいないとか、
札幌だから押さえられた(失礼!)場面が多かったですよ。今日も。
今は勝てているからいいですが、
この先、フィジカルきつくなってくる夏までに守備の安定を是非とも図りたいものです。
そこんとこぜひともよろしく。

【J2:第18節】柏 vs 札幌:石崎信弘監督(柏)記者会見コメント [ J's GOAL ]
【J2:第18節】柏 vs 札幌:試合終了後の各選手コメント [ J's GOAL ]
柏公式
----------------------
◆試合終了後のコメント
石崎 信弘 監督
 前節、愛媛に苦しい中で1-0で勝つことができた。1週間空いたがホッとしないで連勝することが大事だ、と意識を統一して今日の試合に臨んだ。
 前回の札幌戦は、レイソルが3連敗した後で、ギリギリで勝利することができた。札幌は今は苦しいが、フッキが出られない分、他の選手が一丸となってくる。引き締めていこうと話していた。
 前半は4-1-4-1の形にして、相手にプレスをかけていこうとしたが、前線の中山に蹴られてしまい、セカンドボールを拾われてピンチを招いた。失点シーンもそうだった。その点はハーフタイムに修正したが、前半にもっとチャンスがあった。スピードアップ、サイドチェンジがもっとできていたら、違う展開になっていただろう。
 最後はセットプレーからの得点で勝ち越せたが、選手たちが勝利への貪欲な姿勢をよく出してくれたと思う。次節は休みになる。しっかりとトレーニングを積んで、次の神戸戦に臨みたい。
Q.ブラジル人選手3人のコンビネーションをどう評価しているか・
A.今日、フランサの負傷が治ったので起用したが、リカルジーニョ、ディエゴとも積極的に前へ飛び出して行くタイプではない。フランサもそう。その辺を改善していかなければならないと考えている。
Q.李忠成を入れたとき、小林亮をウィングバックにして広い範囲を任せたように見えたが?
A.3バックにした。西谷は高い位置を取りたがるが、和波に代わって、はっきりと3-5-2の形になった。忠成を入れて前線を2トップにし、ウチも3-5-2にした。
Q.前半、中山にボールを入れられたが、ハーフタイムにどのような指示を出したのか?
A.4-1-4-1という形は3-5-2に対してプレスをかけやすい。しかし、どうしてもプレスに行く前に蹴られてしまう。セカンドボールを拾いたいので、リカルジーニョをボランチにして、永井とともに対処させた。砂川がボールを持ったら対応するようにと。ディエゴはフランサの近くでプレーさせたかったので、トップ下のような位置に持っていったが、ボランチとの間にスペースが空いてしまった。もう少しDFラインが押し上げて、中盤をコンパクトにしなければならない。
 李忠成を投入する前辺りからいい流れにはなっていたと思う。
永井 俊太 選手
 きつかったです。中盤にスペースができてしまい、その処理に追われた。90分間、全てを出し尽くしたという感じです。疲れました。でも、明日には回復します! 水戸との(サテライト)試合にも行きます!
大谷 秀和 選手
 (得点シーンは)谷澤から最高のボールが来た。ディエゴがニアでつぶれてくれて、僕は決めるだけだった。
 ボールはよく回せていたし、(ゴールを)取れるときに取っておければもっと楽になれたのだが。前半は、相手FWの足もとにボールが入ってしまってピンチを招いた。でも、プレー中に修正することができた。
岡山 一成 選手
 うちのサポーターは本当に僕らと一緒に戦ってくれる。引き分けに終わるのと勝つのとでは全く違うので、点を決めることができて嬉しかったです。4月に3連敗をしたんですが、負けるとやはりチームの雰囲気は悪くなる。負けずにいこう、と選手たち同士で話していました。試合内容はまだ改善しなければいけない部分がある。守備をもう少し頑張ります。
スポンサーサイト

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏レイソル 2006 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<フランサのヘアバンドは封印ですか? | HOME | J's Goalの日本代表紹介が面白すぎる件について>>

この記事のコメント

セットプレーでいつもファーで何気に狙ってる大谷。
相手チームの外国人選手を 体育館裏 ピッチ外に出すのはうまいですが、ゲームを落ち着かせられるようになるのはいつか…
今年がチャンスだと思うんだけどなぁ
2006-05-29 Mon 22:35 | URL | あちゅてか #-[ 編集]
セットプレーでいつもいきいきとゴール前に上がっていくタニ。
サポーターの腐女子を婦女子をメロメロにするのはうまいですが、ゲームメイクもこれからもっともっとうまくなるはず。
今年はタニの飛躍の年だよ!
2006-05-29 Mon 22:39 | URL | きなこ #-[ 編集]
セットプレーでのタニの位置取りは、いつもうまいとこに居るんですよね。

あの子は、出来る子です。
1試合ごとに伸びて行きますもの。
試合をコントロールする事が出来るようになるのも時間の問題!
2006-05-31 Wed 02:11 | URL | あると #-[ 編集]
>あちゅてかさん
体育館裏ってヤンキーかよ。
本来のボランチならねぇ、すぐそういう役割になったんでしょうが。

>きなこさん
トップ下で先発させるとエドゥーも驚くゲームメイクをするんですがね・・・。
飛躍するにもとりあえずこれ以上怪我しないように。

>あるとさん
た、タニ臭がぷんぷんと・・・。
試合よりもまずはうちの選手のコントロールを宜しく・・・。
2006-05-31 Wed 09:57 | URL | まっきー@会社 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。