Viento del roble

不特定に、気ままに、サッカーを書き綴ればと。今年も何事も現場主義で。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

第30節 徳島戦

前回の借りは・・・返しきれていないよな。

2006年7月26日(水)
19:04KICKOFF 日立柏サッカー場
柏 2-1 徳島
15分 片岡
45分 ディエゴ
77分 ディエゴ

10日ぶりの試合、神戸戦と同じ布陣の柏に対し、
徳島は6月の鳴門での対戦と同様に、李・ディエゴ・リカルジーニョの
3人にマンツーマンのマークをつけ、残りのDF/MF陣でスペースを埋める作戦を取ってきました。
アウェイでも勝ち点を上げようと気持ちのこもった走りを見せる徳島に対し、45分間ほぼ何も出来ずに終わった柏。
前線でボールを収めるところがない点を3-5-2へとシステムチェンジすることで解消しました。
後半キックオフ早々からまるで違うチームを見ているかのような出足。
早々にディエゴの得点が決まったのも策が功を奏したからでしょう。
その後も圧倒的に攻め続けるものの決めきれない柏は、
60分を過ぎると次第にディエゴ・リカルジーニョの足が止まってきます。
それにあわせて攻勢も一段落。
足が止まり時折徳島のカウンターを喰らうようになります。
そんな中左サイドからワンツーで飛び出した大谷を引っ掛けた金が2枚目のイエローで退場。
これで勢いがこないのが柏が柏らしい所以。
勢いの止まった柏、選手交代で活路を見出そうとしていた矢先に、
ペナルティーエリア手前の絶好位でFKを得ます。
それまでリカルジーニョが蹴っていたFKエリアなのに、何故かゴール裏はディエゴコール。
合わせるかのようにディエゴの蹴ったボールが見事にゴール左隅に突き刺さり、
ディエゴ、FKからの初得点となりました。

その後今日の一番の萌えポイントが。

お互い交代して入った平山→由紀彦のピンポイントクロス。

個人的に一番の
勝敗には関係ないけどね。

【J2:第30節】柏 vs 徳島:石崎信弘監督(柏)記者会見コメント [ J's GOAL ]
【J2:第30節】柏 vs 徳島:試合終了後の各選手コメント [ J's GOAL ]
柏公式
-------------------
◆試合終了後のコメント
石崎 信弘 監督
 前回、神戸を相手にすごくいい形で勝てて、1試合開いて今日の試合に向けてトレーニングを積んできた。しかし立ち上がりからいい形にできず、先にやられてしまった。後半から、選手たちの勝ちたいという気持ちが出せたが、前半から後半のような気持ちを出せないと今後苦しくなる。中2日で次の草津戦がある。今日の前半のような戦いをしないように、引き締めていきたい。
Q.後半に鈴木達也選手を投入した意図は?
 1点負けている状況で、相手は3ボランチにしてリカルジーニョとディエゴを抑えてきた。マンツーマンでリカとディエゴに付いてくるので、左サイドの大谷の前に大きなスペースができる。そこをうまく使うために、3バックにしてサイドチェンジを意識させた。鈴木達也は、李忠成と2トップにして、どんどん裏を突くようにと送り出した。相手のDFラインが浅い上、バラバラだったので、1人が下がれば1人が出て行くというギャップをつくるようにと指示をした。
Q.前半の入りが悪い原因は
 リカとディエゴという攻撃の起点が、マンツーマンで抑えられた。2人が相手選手を引き連れて生まれるスペースを、他の日本人選手が突ければよかったが、無理に持ってしまった。
 相手の、素晴らしいヘディングシュートで先制点を取られ、リズムに乗れなかった。ミスも多く、カウンターを招きチャンスもつぶしていた。そこを改善しないと、(今後は)難しい。
Q.前半は前回の徳島戦とほぼ同じような内容だったが、今回は逆転して勝ち点3を確保できた。その意義は?
 鈴木達也が入り、フリーランニングからチームに勢いをつけることができた。献身的にチームのために動く、チームのために献身的に前線から守備をしてくれる選手が入り、今年一番最初に目指したサッカーができた。
 鈴木達也はリハビリから帰ってきて1週間、今日は使わなかったが、フランサも同様だ。ともに1試合はもたないだろう。次は、うまく交代を使いながらやっていきたい。
鈴木 達也 選手
 今日得点がとれれば最高だった。途中からの出場ということで勢いが必要だったのでとにかく前へ前へという意識があった。それが得点シーンにもつながったと思う。10分くらいで息があがるくらいに走り回ったけれど、声援が、僕の足を動かした。ケガ中もサポーターの応援が力になったし、今日は勝ってみんなで喜べて嬉しい。
ディエゴ 選手
 前半はマンマークだったが、石さんのシステム変更がずばり当たった。自分たちが焦らずに最後までできたのがよかった。連勝したけれど、これを続けないといけない。気をひきしめていきたい。



昨日、初めて黄色い声って言うのを体感しました。
お隣にいた方が大暴走。
タニ~って叫ぶ声だけホント別人だったよwww。


勝ったという結果が何よりですが、1試合通してみると、やはり反省点の多い試合。
残った借りは9月23日に鳴門で返しましょう。
スポンサーサイト

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏レイソル 2006 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<全日本クラブユース選手権 VS広島ユース戦 | HOME | 第28節 神戸戦>>

この記事のコメント

>お隣にいた方が大暴走。

先日は、うちの姉さんがご迷惑をお掛けした様でm(_)m。
しかし、そんなにすごかったの?


2006-07-28 Fri 00:33 | URL | あると #-[ 編集]
日立台行けずにスカパー録画観戦だったけど、俺も一番萌えたのは平山のピンポイントクロスだったw

代わって入って最初のプレイであれが出来るってのが凄すぎ。
2006-07-28 Fri 02:21 | URL | ぺい #HfMzn2gY[ 編集]
こんにちは。
確かに借りは残ったままですね…
次はもう柏と対戦したくないって位叩かないとね。

ヒラ→ユキヒコは私は萌えませんよ。だって「普通のプレー」だもんhttp://blog31.fc2.com/image/icon/e/454.gif" alt="" width="14" height="15" class="emoji">

んじゃまた。
2006-07-28 Fri 09:14 | URL | katsu #-[ 編集]
>あるとさん
いや、いつもどおりでしたよ。
最近隣で観戦することが少なかったもんで・・・(^^;A

>ぺいさん
アレを見てる限り試合感は大丈夫なのかなと思っていたのですがね・・・。
一昨日はアカンかった・・・。

>katsuさん
次闘ったら、否応無しに柏とは対戦しないというシチューエーションになっていないといけないのですがね。
とりあえず、鳴門の借りは鳴門で3倍返し!
2006-07-31 Mon 09:21 | URL | まっきー@会社 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。