Viento del roble

不特定に、気ままに、サッカーを書き綴ればと。今年も何事も現場主義で。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

全日本クラブユース選手権 準々決勝

予選で負けた相手に勝てたことは奇跡でもなんでもない。

2006年8月2日10:30KickOFF
Jヴィレッジ第1コート

---工藤-山本---
山崎-------比嘉
---太田------
------山中---
輪湖-豊嶋-小川-須藤
-----岡田-----

【前半】
 5分頃 得点 輪湖
【後半】
10分頃 退場 比嘉
25分頃 交代 山崎→武富
35分頃 得点 太田
39分頃 交代 山本→○○(思い出したら更新します)

30日の予選とは異なり、2-4-4システムをとってきた柏。
ダブルボランチの一角、太田君が比較的前目でのプレーだった為最初ワンボランチと勘違いするほどでした。
攻撃時、ボールを当てるターゲットが2枚に増えたこと、
オフェンシブなMF3人が確実にボールを持っている相手Wボランチにチェイシングできたため、
山中君の役割がチェイシングでこぼれたボールを奪取することと明確になり力を存分に発揮できたこと、
以上が相まって、前半は終始柏ペース。
前線でボールをキープできることの相乗効果で両サイドバックの駆け上がりも度々見られました。
日曜の試合の反省を活かし対応できた柏の作戦勝ちの面が強く感じられます。
1点目は輪湖君のFKが直接ゴールイン。
2点目は左サイドで山本君がキープしたボールを外から武富君がオーバーラップし中央へクロス。太田君が見事にあわせました。

前半終了間際にも輪湖君のFKからヘディングで折り返したボールがゴールライン上でバウンドした疑惑のノーゴール、
後半もロングシュートをファンブルしたキーパーが上半身をゴールに突っ込みつつも審判の死角にボールをキープし疑惑のノーゴールなど、
惜しい場面が散見されました。
先輩の柳澤選手は「奇跡」とコメントしたようですが、軌跡でも何でもありません。
準決勝進出は紛れもない事実です。

明日4日17:00KickOFF
三ツ沢球技場です。しかも相手はVerdy!
2日もVerdyサポが十数名Jヴィレッジまで足を運んでいましたが、
明日も多数のサポーター集結が予想されます。
金曜の夕方で、しかも入場料が1,000円掛かってしまいますが、何卒皆さん声援で負けないよう御参集頂きたく。
ゴール裏で声を出してバックアップしましょう!
スポンサーサイト

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏レイソル 2006 | コメント:0 | トラックバック:1 |
<<第31節 草津戦 | HOME | 勝ったぞー!>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

 下のエントリーから遡ること9時間前、福島Jビレッジ第1コートにて日本クラブユースサッカー選手権(U-18)準々決勝が行われた。吾輩ら(らのメンツは松葉太陽会、プレジャー通信、Lefty of reysolの中の人)はキックオフに多少遅れてしまったが、なんとか間に合ったみた …
2006-08-04 Fri 04:59 +++ A to Z +++
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。