Viento del roble

不特定に、気ままに、サッカーを書き綴ればと。今年も何事も現場主義で。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

2006 JユースサハラカップA千葉戦

姉崎グランド初上陸でした。

千葉 2-1 柏
須藤(PK)

山本君が先発からはずれ、工藤君の1トップに比嘉君がシャドーストライカーとして絡むます。
左サイドに輪湖君が戻りましたが、ホームの新潟戦とは逆に左サイドバック山崎君、左OMF輪湖君の布陣。
だから輪子君はOMFで使ったほうがと何度言っている事か・・・。


先週同様攻める姿勢は見せるものの、柏の右サイドを徹底的に突く攻撃と、セカンドボールに対する出足の速さで劣勢に立たされてしまいます。
失点してから徐々に立ち直り、ボールホルダーに千葉の選手が集まったタイミングで上手く両サイドを使う攻撃が効き、CKのチャンスも増えてきます。
PKも右CKからのセットプレイで堀田君が倒されて得たもの。一進一退のまま前半は終了。

後半、よりサイドへの意識を高めた柏のポゼッション率が高くなります。しかしながら決定機を外しまくる・・・。
右サイドからのスルーパスに比嘉君もネットを揺らすもオフサイドだったり、
1対1で抜け出した工藤君の放ったシュートもバーに嫌われたり、超えていったり。
途中で山本君が投入され、比嘉君がトップ下にポジションチェンジします。
更に比嘉君にボールを集まる事が多くなり、当然ながら徹底的にマークを受けることとなります。
顔面を蹴られたり、足下へ強烈なタックル。
顔面を蹴られ倒れこんでいるときのグリダーレの『いた~くな~い』には殺意を覚えました。
なんでも歯がぐらついたとかで・・・。千葉とやるとほんと歯にダメージをくらう事が多いなぁ・・・。


セカンドボールが拾えているうちはポゼッションが高いのですが、
出足が鈍くなるとボールホルダーに寄せては交わされ、最終ラインで1対1となってしまう事が多かったこの試合。
後から思い起こすと決定力のなさも含めて、結果は順当なのかなとも思えてしまいます。
相手ディフェンスライン~ボランチの付近では球を奪えるものの、前線へ蹴りだされるとかなりの割合で最終ラインまで持っていかれてしまう。
一人孤軍奮闘していたボランチ堀田君と周りの距離がありすぎるせいでしょうか?修正の必要はありそうです。
残る1戦、12日の鹿島戦が予選最終戦。
3年生最後の試合となってしまわないよう、決勝トーナメントへの自力進出はなくなってしまったものの
一戦一戦悔いのない試合をいて欲しいと思います。
スポンサーサイト

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏レイソル 2006 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<記憶という財産 | HOME | 2006 天皇杯4回戦 VS磐田>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。