Viento del roble

不特定に、気ままに、サッカーを書き綴ればと。今年も何事も現場主義で。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

07年 J1第2節 広島戦

2007年3月10日 14:03KICK OFF
広島ビッグアーチ

37分 菅沼
87分 戸田

一昨年のビッグアーチはレイソルカラーの黄色いイチョウの葉に彩られていた。
今年は春を迎える前ということもあり、セピアなイメージ。
なんでだろう、ビックアーチはモノトーンなイメージを持っている。
でも試合は落ち着いたセピア色のイメージじゃなかった。
双方ともに持ち味を出し合ったいい試合だった。

レイソルからすれば
勝てる試合だったとも、
引き分けられて良かったとも、
負けなくて良かったとも、
いろんな思いの交錯する試合。

昨年の後半猛威を振るった広島攻撃陣を苛立たせた前半の守備には
自信を持っていいんだと、
(でも点を取れる気配はなかったが)
システムを3-5-2に変更した結果、残念ながら攻め込まれた後半の試合運びには
J1はそんなに甘くないんだぞと、
(前半以上にもっと点を取れる気配はなかったが)
双方の意味でいい勉強をさせてもらった試合だったのかな。
その意味ではとっても意味のある試合だったんじゃないか。


広島の2トップは怖かった。
一瞬のうちにシュート体勢に持ってかれたシーンが何回もあった。
でも結果としてシュートを2人には決めさせなかった・・・。
両サイドの2人も怖かった。
アーリークロス、深く切り込んでのスルーパス、深く抉ってのクロスと、持ち球が幾つもあった。
でもサイドからの攻撃は押さえ込んだ。
中央を縦横に走り回る青山・柏木。一昨年にはいなかった2人が欠かせない主力になっていた。
前節に比べてアラウージョがフィットしてきた分、中央からの攻撃が増えた攻撃の芽を散々摘み取られた。
正直うらやましかった。←おぃ!
けれど、こうやって経験を積み重ねていくうちに絶対このチームは強くなれるよと確信を持てた、3月10日。
広島に行ってよかった。

目標までのノルマ;勝ち点41 使った費用 ¥49,000-


今年は、ビッグアーチ名物『マムシに注意』の看板はありませんでした・・・。
スポンサーサイト

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏レイソル 2007 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<どうなる照明灯? | HOME | 07年 J1第1節 磐田戦>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。