Viento del roble

不特定に、気ままに、サッカーを書き綴ればと。今年も何事も現場主義で。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

07 サテライトリーグ第1節 札幌戦

2007年3月11日 14:01KICK OFF
柏の葉公園総合競技場

83分 阿部(吉)

羽田空港で車を預けていた駐車場の担当者が川崎サポーターでした。
『岡山をよろしく!』
と声を掛けられましたので、これからサテライトですけど見てきますよ。
と返すとさびしそうな顔をしていました。
愛されてるよなぁ、岡山。

岡山、祐三のDFラインが、去年のようにずるずると下がってしまうのか?
そこをまずはチェックしようと思いつつ行ったのですが、
試合を見ていて気付いたのは、攻撃時にサイドが高い位置をとることで攻撃の基点となるという今年のコンセプトが、
結果的にラインをずるずると下げるのを防いでいるということでした。
高い位置を取っているサイドとの距離を適切に保持しようとすることで、
最終ラインも高い位置を維持できているように見受けられました。
個人の技能に頼るのではなく、システムとしてちゃんと去年の修正をかけていることをようやく実感しましたよ。

しかし、攻撃がつたない。
サイドとMFでボールを安全にまわそうとしているのですが、
スペースに走りこむ動きが少なく、楔を入れても札幌のプレスが予想以上に早いことともあり、
後ろに後ろにとパスを戻して最終ラインからロングボールを蹴りこむという動きが多すぎましたね。
正直久々に見ててつまらなかった。寝ちゃったし。
安易にパスを取られてしまったり、ボールを持ちすぎてしまったり、パスミスが多かったり、観客席からはあーぁという声ばかり聞こえたのは残念でした。
トップ下にはヤザーが入りましたが、久々にいいヤザーを見た気がします。
もう少しボールを懐に入れられるといいんじゃないでしょうか?

対戦した札幌、去年と違い4バックでしたが、プレスが早い。とにかく早い。
前線の相川も石井も柏で言うところの北嶋のように走り回ってプレスを掛けてきました。
この試合に関して言えば走り負けてましたよ、柏が。
攻撃に関してはショートパスで中盤をつなぎサイドから崩すという昨年の良いところを残しつつ、
守備に安定感が出てきたように見られます。
正直、三浦監督に交代ということで、せっかくの柳下監督下での3年間が全て水泡に帰すのかと残念に思っていたのですが、
そんなことはありませんでした。脱帽です。

次のサテライトは23日のユアスタ。
またチーム構成は違うでしょうし、怪我人も復帰して来るでしょうから全く違ったサッカーが見られることでしょう。
楽しみにしています。


試合終了後、大宮つながりで岡山と三浦氏が交歓していました。
スタンドからは会話内容をうかがい知ることは出来ませんでしたが・・・
何話してたんやろ。
スポンサーサイト

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏レイソル 2007 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<07年 J1第3節 清水戦 | HOME | どうなる照明灯?>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。