Viento del roble

不特定に、気ままに、サッカーを書き綴ればと。今年も何事も現場主義で。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

07年 リーグカップ予選第1節 清水戦

2007年3月21日 15:00KICKOFF
日立柏サッカー場
柏 2-1 清水

85分 アルセウ
88分 枝村
89分 ドゥンビア

主審が取りざたされた試合ですが、去年J2で闘ってきた身からすると
『よくあること』と感じてしまうわけなんですが、そこで安住してちゃいけないわけで。
サッカーの試合に審判は欠かせなくて、選手と一緒に試合を作る要素な訳ですから、その進歩を望まなきゃいけないわけですが、どうしたらいいのかわからない。
文句ブーたれていても前に進めないし、敵にまわしてもいいことはないし・・・。
唯一つだけいえるのは、審判の先生と言いますか、審判内容を審査する方がいらっしゃって、前半と後半でその方の指導で判定基準を勝手に変えるのだけはいただけないですね。
試合が壊れる明らかな要因ですから是非ともやめていただきたいのですが・・・。

試合は山西選手の退場をきっかけに全く違う様相となりました。
4日前のリーグ戦で闘った選手からメンバーを変更した柏が前半20分からイケイケサッカーを繰り広げたのですが、決定力に欠け・・・。
そもそも、なんでリーグ戦ではあれだけいいところのなかったレイソルがメンバーを入れ替えたのにほぼフルメンバーの清水相手に寧ろ押し込むサッカーになったのか?未だに理解できていない私は見る眼がないですねすみません。
知りたくて、試合を放送で見たいにもかかわらず、この試合は放送がない
ってか、いい加減フジテレビは全試合放映しないなら放映権を返上してくれ!全く・・・。
水曜に試合の多いリーグカップ戦はテレビ需要が大きいと思うんですがねぇ・・・。
せめて地方局に放映権を譲るとかして放映してもらえないもんでしょうか。

後半は1人減って守りを固めた清水相手に攻めきれずドローか?という空気が漂いだした後半40分でした。
アルセウのヘディングで先制。
そして3分後に枝村選手に3人で囲んだところを突破されて失点。
これはいただけない!!!(怒)
複数人でのプレスがかかっているにも突破されるとどうしようもなくなってしまう。
個人技が上手かったでは片付けられないですよ。誰か体張って止めなきゃ。
ってそんなことは多分判ってるはずですよ。多分コミュニケーションの問題なんじゃないかと思うんですがねぇ・・・。
その後はドゥンビアの変な踊りを見て終了。
毎回違うんですが、あれは何なんでしょうか?
カメルーンの神に感謝する踊りに通じるところがあると感じているんですが・・・。
そもそもドゥンビアって何を信仰しているの?

ってとこでこの項ここまで。

使った費用;¥2,800-
スポンサーサイト

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏レイソル 2007 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<07年 リーグカップ予選第2節 大宮戦 | HOME | U-22代表 北京オリンピック2次予選シリア戦>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。