Viento del roble

不特定に、気ままに、サッカーを書き綴ればと。今年も何事も現場主義で。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

07年 リーグカップ予選第3節 大宮戦

2007年4月4日 19:00KICKOFF
日立柏サッカー場
柏 0-0 大宮

先発11人が全員入れ替わることばかりが試合前から取りざたされたこの試合、
大宮もリーグ戦とはメンバーを数人いれかえてました。
波戸選手も怪我をしたようで弾幕の顔写真だけの参戦。
まぁ、居ても居なくてもブーイングしないので応援の大勢に影響はなかったのですが。
それ以上に2005年の小瀬以上とも感じられる寒さの方がきつかった・・・。
雨に、風に、跳ねても叫んでもあったまらない体・・・。平日にこれはないよ・・・。

さて、メンバーが入れ替わってもやるサッカーは変わらないのか?というマスコミも懐疑的に記事を書いていた点に関しては、やはり出ている選手の得意不得意が現れるので違ってくるのは当然なのですけれども、
ノブリンが言うように選手の力量は同じだから替える人数が多ければ多いほど質が落ちるというか、目標まで遠くなるというか、いわゆる『ダメな試合』になるというわけではないですよ!
というのは垣間見せられたんじゃないですか?
それまでのリーグ戦から6人を替えた駒場での大宮戦と比べて、全員替えた昨日の日立台での試合が見劣りするかといったら寧ろ逆じゃないかな?
崩そう、点を取ろうとチャレンジすることを最初から最後までやり続けた、やめなかった(結局得点という形での成功はなかったけれど)のは前の試合との大きな違いで、評価できるんじゃないかと感じているところです。
由紀彦、平と怪我人も復帰して来て去年の今頃、帯同メンバーすら揃わないと嘆いていたのが嘘のようです。
キャンプから戻ってきた後の日立台での練習で怪我人が出ていないところを見るに、
やはり野球場の芝を張り替えたのは大きいんだなとひしひしと感じています。

と話題がそれたところで、試合の印象を箇条書き。
・ドゥンビアは・・・大宮さん相手だと生きないですね。前にスペースがないとダメなんでしょうか?
・由紀彦のFK。アルセウ砲を彷彿とさせる弾道に見ほれました。
・平山がボールを持つと安心できた。保持能力はやっぱり高いですね。
・祐三の体の入れ方にスマートさが欠けて来たように感じるのですが・・・パンゾーギャルの皆様はどう見てらっしゃるのでしょう・・・。

来週の清水戦は、リーグ戦が5試合経過することもあり、ピッコリ条例が適応されることになります。
それを踏まえて次のマリノスとのリーグ戦にメンバーの入れ替えはあるんでしょうか?
気になるところです。

使った費用;¥4,300-
スポンサーサイト

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏レイソル 2007 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<関東クラブユース選手権1次予選 横川武蔵野戦 | HOME | 07年 J1第4節 FC東京戦 >>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。