Viento del roble

不特定に、気ままに、サッカーを書き綴ればと。今年も何事も現場主義で。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

07年 J1第6節 浦和戦

2007年4月15日 15:05KICKOFF
国立霞ヶ丘競技場
柏 0-2 浦和

26分 ワシントン
38分 小野

甲府へ出かける1時間前に更新という最も遅いであろう浦和戦回顧w。
この1週間日に日に悔しさが募る毎日でした。
プレスサッカーを体現できなかったことが一番悔しいのか。
オフェンス陣を刷新し(させられ)て攻撃が全く上手く行かなかったこととが悔しいのか。
負けたせいなのか・・・。

全ては前半、浮き足立ってしまったことが原因なのかな?
「浦和」という名前に萎縮したのか、「あの」応援にどうかはプレッシャーを感じたのかどうかは選手じゃないとわかりませんが、
とにかくレイソルのやりたいことをやらせてもらえず、
浦和のプレスが柏のそれを上回っていた。
技量で劣るのだから、攻めるにしても守るにしても、レイソルは2人目、3人目の動きで総合力を出していかねばならないのに、
プレスを掛けに行くのが1人になってしまったり、1対1で相手を抜いて前に出ようとしたり、ことごとく個人の力量勝負に持ち込ませられて・・・奪われた。
後半、一転して足が止まりレイソルが押し込んだが、結局ネットを揺らす事が出来なかったわけで、なんだか90分間通してレッズの手のひらの上で転がされたような印象が消えない・・・。
悔しいです。
悔しいけれどこれを忘れずに糧として、8月の対戦までに進化していけるように今日から仕切りなおしだ。
連敗するわけにはいきません。行ってきます。

目標までのノルマ;勝点32 遠征費用;¥9,400-
スポンサーサイト

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏レイソル 2007 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ファインゴールと個人技と失笑と -07サテライトリーグ仙台戦(A) | HOME | 07年 J1第5節 横浜FM戦 >>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。