Viento del roble

不特定に、気ままに、サッカーを書き綴ればと。今年も何事も現場主義で。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

関東クラブユース選手権1次予選 ジェフ千葉ユース戦

行くたびに風が強い市原。
今日も例外ではなく南(アウェイ側)から北(ホーム側)へ強い風が終始吹きっぱなしでした。
4ゴールとも全て北側のゴールネットを揺らしましたがあながち関係がないとは言い切れないのではないでしょうか。

2007年4月29日 10:00KICKOFF
市原スポレクパーク人工芝
ジェフ千葉ユース 2-2 柏U-18

16分 武富(←御牧?)
30分 工藤(←指宿)
53分 7番
56分 7番
<開始時の布陣>
----工藤(9)---指宿(24)---
-武富(10)--------牧内(13)-
----仙石(8)---山中(5)----
山崎(11)-島川(20)-豊嶋(3)-御牧(2)
--------岡田(1)-------

<交代>
65分 篠原(17)(←牧内)
72分 畑田(6) (←山中)
74分 太田(18)(←工藤)
    (時間は凡そ)

ジェフユース相手にもスタイルを変えることなく試合に入った柏U-18。
今年1月に千葉県ユースチームの新人戦にて対峙していますが、
そのときは前半2点を先行するものの、後半15分を過ぎてから足の止まってしまった柏に対して猛攻を仕掛けた千葉が3点を挙げて逆転されました。
今回も同様、千葉はゆったりとした立ち上がり。
風下の前半を耐えしのぎ、後半勝負かと見受けられました。

前半は終始柏ペース。
守備では千葉の前線の3枚を複数回オフサイドとラップにかけたり、豊嶋君、島川君の不動のセンターバック2枚が体を張って防ぎ
打たせたシュート本数も多くはありませんでした。
攻撃面ではリトリートの早い千葉に、柏は手を焼きます。
2トップへ入れるボールはボランチと2枚3枚で挟み込まれ奪われる。
サイドからのクロスも、センターバック陣に跳ね返される。
そんななか打開したのは最終ラインからの1本のパスでした。
前半16分、柏最終ラインから相手ラインの裏を狙うロビングに武富君が上手くあわせました。
ループシュートがキーパーの頭上を超え左サイドネットに突き刺さり先制します。
流れは大きく変わらないものの30分にはスルーパスに抜け出した指宿君がシュート。
キーパーに2度阻まれるも3度目の正直で工藤君が押し込み追加点を上げます。
そんないい流れもハーフタイムを境に変わってしまいました。
風上を利して千葉が攻勢に出ます。
柏が風で押し上げられない中で、両サイドを利用した攻撃で活路を見出しました。
その右ウイングに位置するのが千葉の7番でした。
スピードがあり、何よりハートの強いこの選手。1月の新人戦でも目立っていい動きをしていました。
今日は山崎君が対峙していましたが、DFにかなりてこずっていました。(前半はボールを持たせなかったものの、後半は押し込まれてしまいましたね)
後半開始10分間にあっという間の2得点。振り出しに戻ってしまいます。
新人戦のときは同点に追いつかれて、足も止まってしまったがためにその後はいいように陣形を崩されやられ放題だったチームですが、
成長の証でしょうか?その後破綻することもなく、ゲームセット。
結果としてもここ3ヶ月の成長具合を示せたのではないかと思います。

1次予選の最終節は5月6日13:00KICKOFF、日立台(サッカー場)での大宮戦です。
昨年の関東クラブユース選手権でも1次、順位決定戦と対戦していますが、苦手なイメージのあるチーム。
1次リーグの順位はこの日の引き分けでわからなくなってきました。
GW最終日は練習見学→スタジアム→フクアリのサッカー三昧の1日なんて如何ですか?



帰路は見事に渋滞に引っかかりました。GW初日の渋滞を舐めてましたよ。
鎌ヶ谷地獄(鎌ヶ谷に住んでる方ゴメンなさい!)にはまって開門に間に合いませんでした。
ある意味、『雷雨よ今宵はありがとう』(もうかんべんしてね)
スポンサーサイト

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏U-18 2007 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<07年 J2第12節 湘南vs山形 | HOME | 練習試合 柏vs柏U-18>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。