Viento del roble

不特定に、気ままに、サッカーを書き綴ればと。今年も何事も現場主義で。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

07サテライトリーグ鹿島戦(A)

砂嵐こそ起きませんでしたが季節外れの冷たい北風が身にしみました。

2007Jサテライトリーグ Aグループ 第6日
2007年5月27日(日) 14:01KICKOFF
ひたちなか市総合運動公園陸上競技場
鹿島 2-1 柏
 0分 鹿島 佐々木 竜太
64分 柏  ドゥンビア
85分 鹿島 小谷野 顕治

この試合一番目立ったのは主審の北村央春氏でしょう。
その輝きの前にはドゥンビアも色あせて見えるほどでした・・・。

と書いちゃうと書きすぎで怒られますね。
でも、開始5分ほどであっという間にギャラリーを敵に回してしまったのは正直いただけなけなかったかなと思います。
ピッピピッピ笛を吹いて、そのまま流せばチャンスになる場面で流れを止めまくっておりました。(両チームともにね)
「だからJ2ですらまともに裁けないんじゃ~」と鹿島サポの人が叫んでおりましたが・・・

J2にあやまれ!
布陣は

-----大久保-----
吉朗--長谷川--ドゥンビア- ←ここはポジションチェンジが頻繁
---アベシュー--マルアラ---
石舘-大島--大河原-篠原
               (U-18)
------桐畑------

ドゥンビアの裏をめがけて鹿島DFラインの裏を突くクロスが何本か出ていましたが、
シュートまでは辿り着くもののキーパーに止められます。
吉朗や篠原にボールを預け、スペースを駆け上がってボールをもらおうとしますが、やはりキーパーに止められる。
(この時に広報日記などで既報の『アベチャ~~~~ン』や『ヤングボ~~~イ』『シュ~~~』などの所謂奇声が聞き放題でした。)
この日の内容では、前へ前へという意識がレイソル一強いドゥンビアが戦術と言われてしまわれかねないだけに、
もう少し大久保や長谷川は前への意識とポストプレイとパスの精度を上げて、何をしたいのかを示していかないと厳しいことになりそうです。

それ以上にこの日気になったのは
攻撃のときにボールを受けたいドゥンビアや大久保の声はスタンド前聞こえてくるのですが、
DFのときにお互い声出し合っていたのかなぁ?スタンドでは聞こえてこなかったですよ。
そのせいかDFラインもがたがたというこ凸凹で、オフサイドがなぜ掛かっているのかわかりませんでした。
ただ単にスピードに振り切られているだけならばガクブルもんですが。
失点シーンも若手センターバックの失策絡みですんで、糧になるよう、日々の練習に取り組んでもらいたいもんです。

土曜日の試合でも気迫の差って勝敗に大きな違いをもたらすって思ったと書きましたが、
この試合も同じ。
自分がどういうプレイをしたいのか相手にどうしてほしいのか、伝えるのってドゥンビアみたいに身振りだったり、声に出したりするしかないと思うんです。
うちの若手は出来てたかな?なさすぎて気になるくらいだったからなぁ。
結局公式戦のメンバー入り出来なかったりするのって結構そういう部分の要素が大きいんじゃないかなとふと思った寒風吹きすさぶひたちなかの午後でした。
スポンサーサイト

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏レイソル 2007 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<J1のない週末 ~でもサッカー三昧~ その1 | HOME | 07年J1第13節 V神戸戦>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。