Viento del roble

不特定に、気ままに、サッカーを書き綴ればと。今年も何事も現場主義で。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

全国クラブユース選手権 予選リーグ VS鹿島戦

というわけで2日目ですよ。

2007年7月29日 15:00KickOff
Jヴィレッジ 第5グラウンド
柏U-18 1-0 鹿島アントラーズユース
得点;太田

試合もロスタイムに入り、残り3分。レイソルがシュートを放ちます。
キーパーがこれをこぼしてしまいますが詰めていたのは畑田君。
GKとDFに囲まれ、競り合いながらもボールをゴール前へマイナスのパス。
それを受けた太田君が中央へと突き刺し、決着をつけました。
この畑田君の1本のパスが試合を決めたといっても過言ではないでしょう。


さて、先発陣は昨日同様のメンバーです。
試合の1時間ほど前から降り出した雨に両チームともに足を滑らせる選手が続出でした。
プレースキックの軸足が滑ってミスキックになったり、ドリブル中に足を滑らせてボールを失ったり。
出足が早く、スピードに乗った鹿島の攻撃に、レイソルが昨日見せたポゼッションは影を潜め、なんとか耐えしのぐ場面が続きます。
守りが続く展開で、MFが下がって開いたスペースを使われ、鹿島に跳ね返したボールを拾われるいやな展開でしたが、後半立ち上がりから一気に立て直します。
前半シュートを1本しか打てなかった反省からか、サイドを使った攻撃が目立つようになります。
それもゴールラインに近づくと、中に切れ込んでピッチコンディションを生かすべくグラウンダーのクロスを連発。
案の定キーパーも手を滑らせてボールを弾いてしまうとこぼれ球を拾ってまた攻撃といったように徐々に攻め込む時間が増えてきました。
弾いたボールをキーパーと競って折り返し、比嘉君が無人のゴールに流し込もうとするも、必死に戻った鹿島のDFにクリアされたり。
かと思いきや山崎君が思い切ってミドルシュートを放ったり。
しかし鹿島に必死に守られ、このままドローかと思われた後半ロスタイムの先制点でした。

土砂降りの雨の中、ちょっと肌寒いほどの悪コンディションでしたが、
そのコンディションを上手く味方につけられたゆえに勝てたのかもしれませんね。

31日の13:00から、いよいよ1位の座をかけて名古屋ユースと対戦です。
2位だと準々決勝への進出は正直微妙な状況。
というのも

----------------------
1. 勝点の多い方を上位とする。
2. 勝点が同じ場合は得失点差の多い方を上位とする。
但し、グループ第4位チームとの対戦成績(得失点)は削除する。
3. 得失点差が同じ場合は得点の多い方を上位とする。
但し、グループ第4位チームとの対戦成績(得点)は削除する。
4. 3で得点も同じ場合は抽選とする。
----------------------(引用終わり)

という複雑な各グループ2位の順位付けをしたなかで2位にならないといけないからです・・・。
現地で見届けてきますよ。たぶん。
スポンサーサイト

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏U-18 2007 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<全国クラブユース選手権 予選リーグ VS名古屋戦 | HOME | 全国クラブユース選手権 予選リーグ VS京都戦>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。