Viento del roble

不特定に、気ままに、サッカーを書き綴ればと。今年も何事も現場主義で。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

全国クラブユース選手権 予選リーグ VS名古屋戦

いよいよBグループの首位を賭けた闘いです。

2007年7月29日 13:00KickOff
Jヴィレッジ 第5グラウンド
柏U-18 0-0 名古屋グランパスユース
勝ち点、得失点、総得点、対戦成績が全て同じ為、抽選により名古屋が1位、柏が2位になりました。

と、公式サイトに書かれている通りです。
公式サイトへの掲載なんて、どうせ大会が終わってからだよと憎まれ口を叩いていた私が悪ぅございました。
ありがとうございますありがとうございます。

というわけで今日のスタメン・・・もこれまでの2試合と同じでした。
後半から輪湖君、太田君、篠原君と3年生を投入。
途中投入された選手がしっかり仕事をするここ2試合の再現を図りますが惜しくもゴールラインを割る事はありませんでした。
名古屋の攻撃は殆ど右サイドを経由するか中央への楔パスを個人の力で何とかするかのいずれかのようで、
出だしこそ押し込まれたものの、次第にレイソル両サイドの突破が何度も決まり、中央でパスを受けてシュートを放つ回数はこれまで以上に多かったですよ。
鹿島戦では足を滑らせる事が多かった酒井君もピッチが乾いていたこの日は、京都戦のときのようにサイドをえぐり続けました。
右から、左からのクロス、パスを中央で決めるだけといった雰囲気だったのですが、残念ながら無得点。
公式記録(PDFなので注意!)よりも打ってるんじゃないかなぁ?という印象でしたが、とにかくゴールが割れませんでした。

最大のチャンスは79分。工藤君がコート中央付近で浮き球のパスを半身でボールを受け上手くゴール方向へ落とし、自分でそのボールをドリブルで持ち込みます。ペナルティエリアに入ったか入らなかったか微妙な位置で相手センターバックに後ろから倒されます。
相手はそのままレッドカードで退場。残念ながらPKではなく直接フリーキックとなったボールも壁に跳ね返されて最後まで攻めきれませんでした。
ボールをゴール前まで持ち込む動きは本当によくなってきています。
後は決めるだけなんですよ(ってtどこかの国の代表チームみたいだなwww)

というわけで引き分けです。
順位決めの抽選で負け2位となりました。
今日はガンバとの対戦です。昨年と同様に三ツ沢で試合ができる結果になることを祈ってます。
2位になってしまった為、次のグループの結果が気になるところで、
そのまま居残って試合を見ていたのですが、
ジェフ千葉の元レイソルU-12の地頭園君は、勝負強いですね。
マリノスとのD組の首位を賭けた1戦でしっかり2ゴール。
4月のクラブユース予選のときにもレイソルはしっかりやられてしまっていたわけですが。
金井、水沼、斉藤とタレント揃いのマリノスが予選グループで消えてしまう結果には驚きました。
それよりも見ている位置の関係で、関係者にかこまれ
周りから聞こえてくる会話の内容の方に驚いていたのは秘密ですが。
スポンサーサイト

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏U-18 2007 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<U-17韓国W杯 日本代表発表 | HOME | 全国クラブユース選手権 予選リーグ VS鹿島戦>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。