Viento del roble

不特定に、気ままに、サッカーを書き綴ればと。今年も何事も現場主義で。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

J2第40節 徳島vs湘南

勝てません。鳴門でまたもや勝てません。そして豪雨。
おまけに望さんは退場してまうし・・・。
将太出たからまぁいい・・・・・・いや、よくない!

2007年9月15日 19:04KickOff
ポカリスウェットスタジアム鳴門
徳島 2-0 湘南

雨。いや、豪雨ですな。
降ったり止んだりの雨がアウェイチームからコミュニケーションを奪ったかのようでした。
珍しくジャーン、斉藤、金のセンター3人の呼吸が合わず、嫌な予感はしていたのですが、
雨が突然振り出した瞬間に緊張の糸が切れてしまったかのようでした。
なんでもないライン際のルーズボール。
突っかけていった徳島の小林選手は褒めるべきでしょうが・・・もったいない。悔やまれる1点目でした。

徳島も札幌を3-0で前々節のホーム戦で破っているように順位こそ低迷しているものの侮れないチーム。
クレベルソンに途中加入した熊林がボールポゼッションの中心となってしっかりとタメをつくっれるチームに変貌していました。もう去年柏戦で見た徳島とはぜんぜん違いますね。
長谷川太郎も持ち前のスピードと運動量で最終ラインへプレスを掛けてくるし。
それだけに湘南は堅守を見せねばいけない所なんですが、自滅してしまった。
2点目を取られ、将太がかなり活性化させるも後の祭り。
徳島がどんびいただけにボールを湘南が持ちますが決められません。
将太のプレイを生かすスペースがなくなると思ったのですが、
彼やっぱり上手くなってる。ボールを浮かせてDFを超えたり、3人に囲まれても強引に突破したり、柏時代ですら見られなかったプレイの数々。
正直感動した。何とかしてやろうという心意気は伝わってきた。
感動したけど、悔しかった。目に見える結果に出来なかっただけに。
あの試合を見た人しか評価できないっていうのは悔しいね。数字でしか見ない人も多いから。
負けたくない!点取りたい!勝ちたい!って気持ちは将太からだけでなく他の選手からも伝わってきたんですよ。
でもそれが空回りしてしまったかな。焦りからかな?ミスがとても多かった。
でもこの時の気持ちを忘れずに残り11試合奇跡を信じて前に進むしかない。昇格レースはまだ終わったわけじゃないですから。


あー、支離滅裂だ。
腰痛ぇし、喉は痛ぇし、雨で寒いし・・・てなもんで正直あまり試合覚えてないんですが。
まぁ、こんなところで。
札幌相手に飛車角金抜きかぁ・・・。きっついなぁ。試練が続きますね、湘南

今年はなまじっか昇格争いに半分くらいチームが絡んでいることもあり・・・
しんどい思いをしているサポーターが多い事は想像に難くありません。
今は湘南と福岡と札幌が調子を落としてしまっている。
セレッソ、ヴェルディ、ベガルタがここにきて調子を上げてきた。
でも今年のこれまでの流れを見ててもこのまま昇格争いが終わるとは思えない。

次節は平塚に今年初めて札幌を見に行ってくる予定です。
三浦色にどんだけ染まってしまったのか、去年までの片鱗は残っていないのか。
消え去ってしまっているのだとしたら残念ですがね。
スポンサーサイト

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

湘南ベルマーレ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<第87回天皇杯1回戦 瀬戸内海ダービー | HOME | 第87回天皇杯1回戦 高知大学vs順天堂大学>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。