Viento del roble

不特定に、気ままに、サッカーを書き綴ればと。今年も何事も現場主義で。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

第87回天皇杯1回戦 瀬戸内海ダービー

カマタマーレ讃岐対三菱水島FC。
香川県営サッカー場の左奥に見える瀬戸内海の向こうたった数十キロの距離を
はさんだ両チーム。
今はまだダービーという単語が一人歩きしているようでしたが、数年後へ向けての息吹は感じられた試合でした。
気温は低いものの時折降り注ぐ雨のために湿度の高いコンディション。
でも最後まで選手もサポーターも闘ってましたよ。

9月16日 13:00KickOff
カマタマーレ讃岐 1-4 三菱水島FC

四国リーグ(地域リーグ)所属のカマタマーレ。
片やJFLの一員三菱水島。
お互い4-4-2のフォーメーション。ですが、最初は気後れしていたのでしょうか?
カマタマーレ側のプレイには消極的な印象が感じられました。
水島が惜しいシュートを何本も放っていく一方で、カマタマーレは12分にようやく初シュート。
水島の早いプレッシャーに、パスでつなごうとするもコースが甘かったり、キックの強さが足りなかったり。
容易にカットされてボールを奪われ、なかなか前へと攻められません。
水島は両サイドからの攻撃が光ります。時折サイドバックのオーバーラップも絡み、厚い攻撃でカマタマーレゴールを脅かしますが、前半の得点はセットプレイのみでした。
8分にコーナーキックから水島の小林選手がゴール正面でドフリーでヘディング。難なく先制。
その後も苦戦するカマタマーレですが、26分の初CKのヘディングこぼれ球。加藤選手の足下へとどんぴしゃり。冷静に切り返してコースを作り、左隅へ決めました。
このゴールがカマタマーレを生き返らせたものの、そのタイミングは悪かったのかなぁ。

カマタマーレ右サイドの土岐選手、左サイドの尾上選手(元徳島V)がサイドを脅かし
しばらく水島を押し込む時間が流れます(10分以上シュートなし)が、追加点は取れず。
そのまま前半は終了しました。

後半に入り、一進一退の攻防も50分まで。
ペナルティエリアへ内で菅選手の足をひっかけてしまいPK。
それでもあきらめないカマタマーレ。途中出場の三ヶ崎選手が右サイドをスピードで掻き回し、
左サイドは尾上選手が個人技で抜き去り中央へクロスを上げる。
惜しい場面が続きましたが、決めきれません。
水島も、サイドからクロスを上げる事、そしてそこに真ん中から走りこむ事、シンプルにこれを愚直に繰り返す方向へハーフタイムに作戦変更したのでしょう。
ゴール前で1対1の危ないシーンが増える。
それが実ったのは78分。クロスに合わせたのはフォワードの松岡選手。
そして89分、何度も惜しいシュートを放ったキャプテン高松選手がリプレイを見るかのような4点目。

カマタマーレの同点弾が後半だったら・・・?いろいろと想像は膨らみますが、それもせんなきこと。
最後まであきらめなかったカマタマーレ、最後まで攻め続けた水島、両チームのおかげで見ごたえのある試合でした。
見ていたのは439人しかいませんが・・・。

439人とはいえ、将来への息吹はとても感じられたんですよ。
元徳島ヴォルティスの尾上選手、小学生のコーチでもしているんでしょうかね?
後ろに座った小学生たちが盛んに「尾上コーチ」「尾上コーチ」と連呼している。
日常生活の中で教えてもらえる人がピッチにたっている。
そのコーチのプレイする姿を見に競技場へ通う。
確かに「Jリーグ」の姿がありましたよ。
これからの道のりは長いでしょうが、1歩1歩進んでいけば地域密着のすばらしいチームになる。
5年後、10年後にどうチームが、彼らが変わり、変わっていないか 再訪したいと思いました。
スポンサーサイト

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

その他 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<07年J1第26節 川崎F戦 | HOME | J2第40節 徳島vs湘南>>

この記事のコメント

四国強行ツァー。お疲れっした。

今はファン・サポーターが少なくても、愛されるチームであったら地域の皆さんに支援される。

その日が来ることを確信します。
2007-09-21 Fri 00:52 | URL | むら々 #OyIS0GLI[ 編集]
>むらさん
おっしゃる通りで。
コーチを見に来た「彼ら」が大人になる頃、
ピッチに立っているかもしれない。
スタンドで声援を送っているかもしれない。
そんな夢が膨らむのは「J」の醍醐味でしょうか。
2007-09-21 Fri 12:25 | URL | まっきー #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。