Viento del roble

不特定に、気ままに、サッカーを書き綴ればと。今年も何事も現場主義で。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

07年J1第27節 A名古屋戦

私達が負けたのは名古屋グランパスエイトというチームにです。
決して扇谷氏に負けたのではないことをはっきりと言っておきたい。

2007年9月29日 13:03KickOff名古屋市瑞穂ラグビー場
名古屋 2-0 

シュート数で負けました。
ボール支配率で負けました。
そして何より勝利への執着心で負けていませんでしたか?
ノブリンの新目標で、選手・チーム・サポふくめたレイソルファミリー全員が心を奮い立たせたわけではなかったんですね。
それが何よりも残念。
名古屋は相手に合わせてくるサッカーをするので、傍から見ていると
「何でそのメンバーなの?」 と思ったり
「何で毎節サッカーが違うの?」 と思うことが今シーズン多々ありました。
ただ今日の試合に関しては間違いなく

「DFラインからロングボールを蹴りこんでくる」

このことだけは確実に実施してくるであろう事は容易に想像できた。
だって、ガンバに、エスパに、アルディージャにその方法で負けてきたから。
そしてまたその戦術の前にこの日も1点目を取られ敗れ去った事は忘れちゃいけない。

1点目のジョンウのゴール。あの狭い箇所をこじ開けた相手を称えねばならない。
でも、どうしてあの状況に陥ったのかを反省せねばならない。
2点目の小川のゴール。がら空きのゴールへの軌跡がはっきりと見えた。
1人少ないとはいえ、フリーでペナルティーエリアへ侵入されていた。どうしてマークがいなかったのかを反省せねばならない。

レイソルはまだまだこれからのチームです。
いろんな障害が立ちはだかっても乗り越えられる強さを身につけられるよう、
残りの7試合大事にしましょう。
スポンサーサイト

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏レイソル 2007 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<07年 サテライトリーグD組 磐田vs湘南 | HOME | ルールを遵守した者を叩く輩をどうしてくれようか。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。