Viento del roble

不特定に、気ままに、サッカーを書き綴ればと。今年も何事も現場主義で。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

07年JYサハラカップ 予選Cグループ 甲府-柏

サハラカップの予選リーグ最終戦は、甲府市の南西、南アルプス市で行われました。
風が吹くと感じられる肌寒さの中、およそ100人超の観戦者の前で、
U-18輪湖君のヴァンフォーレ甲府へのお披露目試合として。

11月17日 14:00KickOff 櫛形運動公園陸上競技場
甲府ユース 1-5 U-18
得点 畑田
    工藤×2(うち1PK)
    山崎
    太田

1週間前の日立台での対戦とは異なり、序盤ヴァンフォーレに支配される率の高い出だしでした。
U-18の遅攻は甲府ユースのプレス網に次々とかかりボールをカットされてしまいます。
DFラインの裏を狙うパスも、この前のようにはうまく通らず、オフサイドをとられたり相手へボールが渡ったり、エンドラインを切ってしまったり。
それは畑田君の得点、工藤君の得点で前半を折り返すまでは然程として変わらなかった。

後半に入り、輪湖君の突破から相手DFが退場(PK2回)してしまいます。
トップスピードの輪湖君を防ぎきれず後ろから足をかけてしまう形。
うち1回を工藤君がネットを揺らしたところから、ようやく本来のサイドの動くサッカーを体現できたような気がします。
(甲府ユースが1人少ない分、スペースが出来て攻撃し放題になるのは当たり前といえば当たり前)
途中投入の太田君、酒井君、篠原君が次々とサイドを突破しゴール前まで持ち込みます。
太田君のバー直撃のシュートや、酒井君のキーパーとの1対1の場面など
攻めに攻めるのですが、追加点が1点どまりだったのはちと寂しい。
むしろ試合終了間際のDFとキーパーの連携ミスから奪われた1点は『喝っ!』でしょう・・・。

試合には、大宮との決戦を翌日に控えながらも甲府の大木監督が足を運んでいました。
甲府の地で、彼の下で、才能が羽開くことを期待しています。
試合終了後には、甲府サポーターの方々も早速『わっこっなおきっ!』とコールしていました。
早く、甲府トップの試合で見られる日が来ることを・・・。
昨日をもって、全予選リーグが終了し、12月2日から決勝トーナメントが始まります。
U-18は2回戦からの登場。12月8日か9日に試合が行われる予定です。
Cグループを1位で突破したので、恐らくやホームで試合を出来るはずです。
リーグ戦が終わった翌週で、トップの試合もありません。
今年最後のホーム開催試合へ足をお運び頂ければ幸いです。
スポンサーサイト

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏U-18 2007 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<07年J1第32節 A鹿島戦 | HOME | 練習試合 柏-栃木SC>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。