Viento del roble

不特定に、気ままに、サッカーを書き綴ればと。今年も何事も現場主義で。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Jユースサハラカップ 決勝トーナメント2回戦 VS浦和レッズユース

1枚の赤紙が試合の趨勢を全てひっくり返してしまいました。

2007年12月9日 13:00キックオフ
日立柏サッカー場
柏U-18 1-0 浦和レッズユース

前半は風下ということもあり、終始押し込まれていたレイソルU-18。
今日のスタートは4-1-4-1の布陣だったのでしょうかね?
1トップの工藤君と、残る9人のスペースが開きすぎてしまい、浦和ユースの子達にいいように中盤を支配されました。
彼らのストロングポイントである右の高橋君、左の原口君にサイドをえぐられる分、柏の中盤の選手までそのフォローに下がらざるを得ない。
以前に、仙石君(8番)が前を向いてプレーできている試合はレイソルペースだと書いたこともありました。
その意味ではこの日は正反対。終始後ろを向いてケアに当たらざるを得ないので、悪い流れのままでした。
時折、最終ラインから右サイドの比嘉君へとロングボールをあてにいきますが、単独で突破を図る他なくチャンスを作り出すことすら出来ません。
正に成すすべもなく前半終了。

後半に入り、風上に位置したこともあり、多少息を吹き返します。
左サイドの輪湖君が持ち前の攻撃力を徐々に発揮し始めると、
右ばかりをケアしていれば容易に守れていた浦和ユースもやや手こずりようになり、柏U-18の攻撃する時間が増えてきます。
輪湖君の突破を後ろから止めてカードが提示されたりしているうちに、中央へ走りこんだ柏の選手を後ろから倒した浦和ユース3番に2枚目のイエローカードが提示されます。
1人多いこともあり攻めにかかる柏ですが、堅い浦和のDF陣をなかなか崩せません。
延長も見えてきた後半残り時間が少ないところで、漸く左サイドからの折り返しに中に詰めた山崎君が流し込んでゴール。
高円宮杯ベスト4の浦和ユース相手に苦しみながらの勝利となりました。

これにて今期の日立台はおしまい。また来年。
日立台最終戦を勝って3年生を送り出せてよかったなと。
堀田君のJヴィレッジ以来久々の黄色ユニ姿も見られたしね。
スポンサーサイト

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏U-18 2007 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ちょっと旅に出ていました | HOME | 今更ながら甲府戦&磐田戦(J1 33/34節)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。