Viento del roble

不特定に、気ままに、サッカーを書き綴ればと。今年も何事も現場主義で。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

JFAプリンスリーグ関東 千葉県代表決定戦

2008年2月20日 18:00Kickoff
習志野市秋津サッカー場

ジェフ千葉U-18 1-1 柏U-18
         PK 5-4

まずはジェフユースの皆さん、おめでとうございます。
PKで勝ちが決まったときの千葉の6番の選手(すみませんが名前わかりません)の『おわった~!』という絶叫が今でも耳に残っています。
3年生の市原君か小井土君のどちらかだったんでしょうかね?
ジェフ千葉での最後の試合として結果を残せた安堵感をひしひしと感じました。

一方のレイソルU-18は涙にくれる選手も複数。
というのもレイソルU-18の今年1年の行方を決めるといっても過言ではない大事な試合でしたから。
2部とはいえプリンスリーグと、千葉県リーグの1部では、注目度が大きく異なります。
将来全員がレイソルへ上がることなんて不可能なのだから、
他のプロチームや大学進学の際のアピール項目として、どうしてもプリンスリーグへと進んで自ら将来を切り開いて欲しかったのですがね。
今年もまた失敗、来年度へと持越しです。

試合の中では、鹿児島からこの試合の為に帰ってきていた酒井君の更なる成長が目に付きました。
去年の秋あたりから予兆はあったのですが、オフェンス面では完全に高校生年代の中では一皮向けた感がある。
持ち前のスピードとテクニックで左サイドを突破していく彼をジェフU-18は止めることができていなかった。
前半にもDF・GKを次々と交わし流し込んだボールが右ポストに敢無く弾かれるなんて場面もありましたがね。
グァム、鹿児島の一連のキャンプの期間で自信をつけたんだろうなぁと思いながら見ていました。
恐らくサテライトの試合では間違いなくピッチに立てることでしょうね。
このチームよりも寧ろそのほうが酒井君のためにはいいんだろうなと思いました。
ちょっとさびしいですが。

結果的にPKで負けるという形になってしまいましたが、
それ以前に点を決めるべきところで決め切れていないせいだと外野からは見ていて感じました。
ポゼッションする能力は間違いなく高いです、このチーム。
そこにどうアクセントを付け加えていくのかに期待をしています。(ずっと同じことを言っている気がしますが)
スポンサーサイト

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏U-18 2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<進化と可能性が具間見えた 第14回ちばぎんカップ | HOME | JFA千葉県プリンスリーグ千葉県代表決定戦 準決勝>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。