Viento del roble

不特定に、気ままに、サッカーを書き綴ればと。今年も何事も現場主義で。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

進化と可能性が具間見えた 第14回ちばぎんカップ

柏サポーターにとっての除夜の鐘・・・のような新シーズンを告げるちばぎんカップ。
1月22日の練習以来1ヶ月ぶりのトップチームとの再会は
ゴール裏で跳ねているとあおられて前に倒れてしまいそうになる程の強風の中でした。
そこっ!表面積が広いからなんて突っ込みはしないように!
ピッチサイドでの風の影響は思ったほどではないように見受けられましたが、
それ以上に堪えたのはフクアリの白茶けた芝。
踏ん張りの利かない地面に影響を受けたプレイが見られたのは残念でした。
録画放映も見ましたが、最後のほうは疲れて酔っ払って寝てしまったのでとりあえず感想をだらだらと・・・かくとまぢ長くなってしまうのでいくつかピックアップして。

この試合でもっとも印象に残っているのはたっちゃんでした。いや、もうたっちゃんというのは失礼かな。
開始2分のバーを直撃したミドルシュートには、今までにないシュートそのものの力強さと撃とうとする積極性が感じられた。
その後も幅を広げたといっていいであろうプレー振りに、進化したNew鈴木達也の今年への意気込みが感じ取れるようだった。 

新人大津君も公式試合のデビュー戦にしては、まずまずというか十二分に落ち着いた出来。
寄せが早く、スペースの出来にくい千葉相手の試合でしたので、これまでは出来たのにどうして?と思っているプレーもたくさんあったと思う。
それをどう今後生かしていくかで道は分かれていくし、また首脳陣には、今年はその積み重ねが出来るように彼が試合へ出る機会を与えてあげて欲しい。

ポポのミドルやパスワークには去年までの攻撃に大いなるアクセントがつく可能性を感じられ、早くフランサとのコンビプレーが見てみたいと楽しみが増した。
巌のボール奪取能力は相変わらず欠かせないものだってことも図らずも証明することになったし、俊太のプレッシャーが掛かっていないときのパスワークには惚れ惚れとした。
ただボランチに関しては逆に言うと巌が欠ける試合が生じた場合どうするのかという去年からの不安と、俊太のプレッシャーに対する耐性アップが望ましいなと注文を付けたくなったり・・・。

ちょっと心配だったのは茂原でした。一生懸命なのは判ったんだけれども、身に染み付いた甲府のショートパスサッカーが抜け切れていない感じ。
何だろう、あえて狭いほうへ狭いほうへと突っ込んでいこうとしているっていうのが正しいかな?
もっと周りを生かして、自分も生かされようよ、そんなに一人で頑張ろうとしなくてもいいんだよとついいいたくなった後半数分間でした。
まぁ怪我明けでほとんど連携練習してないだろうし・・・杞憂ですよね?

兎にも角にも久々の試合は楽しゅうございました。
時々コールの歌詞を間違えてたりとか(よーしろーぉゴールー!とかね)まだふわふわ感が
漂っていますが、
再来週にはしっかり戦闘モードへと切り替えていきたいもんです。

それでは今シーズンもどうぞよろしくお願い申し上げます。
スポンサーサイト

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏レイソル 2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<少しは昔の話でもしてみよう | HOME | JFAプリンスリーグ関東 千葉県代表決定戦>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。