Viento del roble

不特定に、気ままに、サッカーを書き綴ればと。今年も何事も現場主義で。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

マリノスカップ3日目 柏U-18vs青森山田

会社のイントラネットがやっと復旧したのでブログを書けるぜYeah!
ってらしくない変なノリですが、土曜日は好天の中、横浜へと行って来ました。

マリノスカップ3日目、柏レイソルユース対青森山田@日産フィールド小机 です。
後半しか見られなかったけどなー!

青森山田 1-5 柏レイソルU-18
42分 武富
74分 山崎

後半開始時はこんな感じの布陣。
----工藤----
指宿 山崎 畑田 武富
----仙石----
川崎 島川 茨田 御牧
----松下----

スペインへ行って帰ってきて早々のカップ戦、しかも連日の試合だった為か、体力を温存しているかのようないつも以上にゆったりとした攻めのように見うけられました。
それでも、これまでにないパスの正確性で、青森山田の4バックと2ボランチが作る狭い空間を面白いようにパスを通していきました。
なんだかゆったりと速さの感じない攻めなのに、いつの間にやらDFラインを抜き去っている攻撃を幾度と見られたのは攻撃側を応援する身には非常に楽しい時間。
相手ボールのビルドアップも、仙石君が、島川君が、面白いように止めまくり相手FWに全く仕事をさせていなかったので、ボールポゼッション率が発表されるなら圧倒的な数字になっていたことでしょう。
ただ、指宿君が交代してからポゼッション率が落ちたのも事実。
工藤、指宿のコンビで相手をひきつけ陣形を崩している分、逆サイドへ展開するとチャンスになるし、
例えボールをとられても、陣形を崩しているが為にパスラインが少なく、バックが容易にコースを読んでカットできる、それに気づけた試合でしたね。

後半早々に右にポジションを取っていたはずの武富君がボランチからのフィードにするすると抜け出し、
相手を切り返しで交わして難なくゴールを決めました。
が、相手GKの股下を抜いてなんですねー。何たる冷静さ!
山崎君のシュートは右からのマイナスのクロスを工藤君がスルーしたところを走りこんでダイレクトシュート。
キーパー正面もシュートの威力があったためにそのまま跳ね返ってきたところをもう一度ダイレクトシュート。

ってな感じでした。
失点はね、見てないんです。
メモを書いている間になんだかあっという間に取られてました。orz。

とまぁ、1点献上したものの、ほぼ危なげない試合運びでした。
ここまでは100%、陽気のように楽しかったんだ。
それ以降の行動については次エントリーへ続く・・・。
スポンサーサイト

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏U-18 2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<京都遠征記1 | HOME | 08年リーグカップ予選第2節 千葉戦A>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。