Viento del roble

不特定に、気ままに、サッカーを書き綴ればと。今年も何事も現場主義で。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

08年J2第6節 草津-湘南@敷島

次に行くときは『正田醤油スタジアム』に名前が変わっているであろう敷島。
桜がとてもキレイでした。
試合の方は、赤城下ろしに煽られてお寒い内容でしたが・・・。

2008年4月5日 13:04Kickoff 群馬県立敷島公園県営陸上競技場
草津 1-2 湘南
70分 寺田
81分 リンコン
86分 リンコン

メインスタンドからみて左から右へと北風が強く吹きつけたこの日、
試合の流れも前後半でキレイにかわりました。
そりゃそうだ。フリーキックのボールが転がるくらいの風だもの。
風下からのゴールキックなんて風に押し戻されて組み立てられやしないので、自然と流れも風上側に。

前半の風上は湘南。
草津の跳ね返すヘディングやロングキックボールをやすやすと跳ね返し、中盤まではつないでいたものの、ボランチから最終ラインを突破するアイディアに欠けた。
中盤からつなごうとすると秋葉にいいようにボールをカットされ、
ロングボールで相手の背後を狙おうとするも、草津DFがなかなかそれを許さない。
時折サイドからゴール前へクロスを放り込むも精度がなかったりで、押し込んでいるのにチャンスらしいチャンスはなしで湘南サポーターにはもどかしい時間だったことでしょう。
一度セットプレイからどんぴしゃのヘディングがあったものの残念ながらDF正面でクリアされたり・・・。
戦術アジエルも調子が上がらない為か、ボールを持つとすぐに囲まれて奪われることの繰り返しで、
いい加減手詰まり感にあふれてきてる。明確なオフェンスの形を持っていない弱みですね・・・。

後半に入り草津が風下となると、最終ラインを大胆に上げてきました。
風を生かした作戦で、中盤のボールポッゼッションが上がり、熊林や島田の相手にとっては嫌らしい動きが目に付くようになりました。
サイドの鈴木伸は島田を、三田は熊林を必死に抑えてたけれどもセンターの秋葉vs田村の局面で秋葉に軍配が上がっている分、跳ね返せない。
草津は幾度も惜しい場面をつくり、あとは決定力だけかと思われた中の先制点を演出したのはオーバーラップしてきたDFへの1本のパスでした。
島田らしい正確な足下へのパス。キーパーとの1対1を演出したそのパス1本でこの日の仕事はこなしたようなもの。
後は試合をそのまま運べば完封勝利といったはずなのに・・・。

草津は守りきれない
湘南は攻撃の形が作れない
課題だけが気がかりな試合でした・・・。
スポンサーサイト

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

湘南ベルマーレ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<08年J1第6節 横浜戦(A) | HOME | 08年J1第3節 札幌戦>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。