Viento del roble

不特定に、気ままに、サッカーを書き綴ればと。今年も何事も現場主義で。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

08年J1第9節 清水戦H

高校生年代のサッカーの試合を見るようになって、
試合毎に出来不出来が激しくて
あー、サッカーってこんなにメンタルが影響するスポーツなんだなと
勉強になったことがあります。
その点、曲がりなりにもプロとして稼いでいる選手たちが
試合毎にコンスタントにパフォーマンスを発揮できるのは
凄い事なんだというのも、理解できた。

柏レイソルというチームは
他のチームと比べて
出来不出来が激しいというのは、
このチームを見続けているならば
誰もが知っていることだと思うのです。
それでも昨日の試合はそれ以下の出来だった・・・。

清水さんには申し訳なかったですが
今の柏レイソルには
『名目上の』プロ選手しかいないんだと思います。
精神的にズタズタで
チームとしての呈を成しえておらず、
サッカーになっていない。
そうとしか言いようがない・・・。

でも次の試合はすぐにやって来てしまうなか、
俺たちに出来るのは
声を出して跳ねるだけしかないのが
歯がゆい。歯がゆすぎます。

何か他にできることはないのでしょうか・・・。

とにかく、ここでサポーターが折れちゃおしまい。
我慢して、チームが立ち直れる様背を押していかないと。
気合いれてフクアリへ乗り込みましょう。


2008年4月29日 14:04Kickoff 日立柏サッカー場
柏 0-2 清水
41分 フェルナンジーニョ
72分 岡崎
日立台の増改築未定の発表で更に落ちました
スポンサーサイト

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏レイソル 2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<関東クラブユース選手権2次予選 柏-杉並FC | HOME | JFL第8節 流通経済大学vs栃木SC>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。