Viento del roble

不特定に、気ままに、サッカーを書き綴ればと。今年も何事も現場主義で。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

キリンカップサッカー2008 コートジボアール代表vsパラグアイ代表

ええ、ドゥンビアを見に行ってきましたよ。
試合には出ませんでしたので、試合前とハーフタイムがメインイベントでしたがね。
試合自体も面白かったですよ。あれで1500円(バックスタンド)は安すぎです。

2008年5月22日 19:00Kickoffニッパツ三ツ沢球技場
コートジボアール代表 1-1 パラグアイ代表

パラグアイ代表を見るのは2度目なんですよ。
その1回も埼玉スタジアムであった2003年のキリンカップなんですがね。
あの時と同じメンバーは1人だけ(6番 ホルヘ プリテス)で、あんまり記憶にも残っていなかったので全く知らないチームを見ている感じ。
一方のコートジボアール。
ヨーロッパ各国で活躍しているネームばかりで、エブエ、フォエ、ゾコラ、ドメル、トゥーレと
JSportsでプレーを具間見たり、各誌で見かける名前で既に興奮。

でも試合がはじまってプレーにひきつけられたのはコートジボアール3番のボカでした。
サイドの疾走スピードが速いこと速いこと。
目の前数mを駆け上がる度にwktkしていました
シュツットガルト・・・ね。Jリーグにこないかな?こないよな。
是非また見に行きたい選手でした。

パラグアイ側でも気になる選手が数名。
17番マルセロ エスティガリビア。
いかにも、まだ若いぞぅ!という体つきだったのですが案の定21歳。(残念,C契約は無理だ・・・)
もっと芯が入りそうだったので、後数年すればとても楽しみ。
そしてJでは見られない振り向きざまの弾丸シュートを放った11番ボガド。
スタンドで、出てきたときには『動けるノナトだ』なんて言っていたのですが度肝を抜かれました。
早いわ、パワフルだわ、重心が低くてパワー負けしないわといいところ尽くめ。
これまた21歳!(見えねー!)メキシコかアルゼンチンに行っちゃうんだろうな。
そして地味に一番気に入ったのは8番のアキノ選手でした。
細かいところに手が届くようなタイプのボランチ。中盤でよくボールをカットしてましたよ。

前半はコートジボアールのペース。
後半はギアを上げてプレスを掛けにきたパラグアイのペース。
お互いの持ち味を見せられたグッドゲームでした。

この日の2チームからは日本代表なんてとてもかなわん!と思ったんですがね。
力を付けているってことでいいの?見に行けなかったから評価できません。
スポンサーサイト

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

その他 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<【告知】土日連続 千葉ダービー | HOME | 関東クラブユース選手権2次予選 柏-杉並FC>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。