Viento del roble

不特定に、気ままに、サッカーを書き綴ればと。今年も何事も現場主義で。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

08年リーグカップ第5節 千葉戦(H)

引き分けたけれど、負けに等しい引き分け だと思っている。
この試合に課せられたミッションは勝つこと、ただそれだけだった。
それが果たせなかったのだから、負け であると思う。

2008年5月31日 16:00Kickoff@柏の葉公園総合競技場
柏 1-1 千葉
レイナウド
アレックス

千葉の低いDFラインにスペースを消され、太田と実があんまり目立たなかった印象でした。
ゴールに背を向けてボールを受けるので、後ろへ戻したり、横へ渡したり、前へ向かったプレーが少なく手間取ってる感が満載で物足りない前半。
後半もシンプルにレイナウドにボールを預ける千葉の攻撃を前半以上に止められず、危うく失点しそうなビックチャンスを2回も演出・・・。

残り約30分でフランサが出てきて確かに流れは変わりました。
終始押し込んでいた。追いついたのは確かだし、惜しいシュートもあった。
でも、シュートが打てる場面で打たなかったり、フランサ頼みでボールを引き出す動きが少なくなったり、
負けているのに、まだ同点なのに何で?と後から振り返れば思ってしまう場面があったように思います。
これが練習試合ならまだしも、決勝トーナメントへ向けてひとつも星を落とせない公式戦。
この結果でいいのか?上げ潮だと喜んでいていいのか?
大事なことは何なのか見失っちゃいけないと肝に銘じつつ、札幌へと足を運ぶことにしようと思います。
とにかく、他力本願ながらまだ可能性はありますんでね。
スポンサーサイト

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏レイソル 2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<関東クラブユース選手権2次予選 柏-フットワーク | HOME | 関東クラブユース選手権2次予選 柏-千葉>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。