Viento del roble

不特定に、気ままに、サッカーを書き綴ればと。今年も何事も現場主義で。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

08年J1 第23節FC東京戦H

2008年8月28日 19:04Kickoff@日立柏サッカー場
柏 0-1 FC東京
72分 赤嶺

------------------------------------
●大谷秀和選手(柏):
「チャンスは少ないながらもあったが、そこをモノにできなかった。石さん(石崎監督)が言うことはぶれてはいないし、うちのチームは11人が120%のハードワークを90分間やり続けて、初めて戦えるチーム。そこをもう1回、全員で意識し直してやっていきたい」
------------------------------------
J’sGoalより。

水曜発売のエルゴラで、柏の原点が1-0の守備サッカーだと選手がコメントしているかのように書かれていて、衝撃をうけておりました。
まぁ、マスコミの書くこと程度に左右されている時点で、最近の自分自身の不安定っぷりたるやいかほどかわかるってなもんですが。
上のコメントで払拭されました。それがこの日の唯一の救い。

土砂降りの日立台で想起されるのは去年の神戸戦ではないでしょうか?
そのときに比べ多少は対応力上がってなかったかな?
無理にグラウンダーで繋ごうとして掻っ攫われる姿ばかりでなくて然程ストレスは感じなかったですね。
実際試合の結果もフランサのシュートが入っていればわからなかったし、
赤嶺のシュートがクラに当たっていなければ止められていたかもしれないし、
その前の菅野の止めたシュートだって入っていたっておかしくない。
ほんのちょっとの差、紙一重のところのさじ加減で1-0という接戦のような結果。

決してFC東京より上回っていたとかいう気はないけれど(むしろこの試合に関しては東京さんの気持ちとチーム力のほうが上に感じたが)、
試合後に「やる気あんのか」とか「悔しくないのか」とか罵声を浴びせるような試合じゃなかったと思うな。
あれを聞いてスゥッと気持ちがさめてしまいました。
清水戦のときもそうだけれど、大事な家族によくそんな言葉吐けるよな・・・。

次の新潟戦、残念ながら行けません。ということで今年も全試合観戦は不可能になりました。
短い中断の後の大事な試合でとても残念ですが、東京から気を飛ばします。


スポンサーサイト

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏レイソル 2008 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<明後日 高円宮杯開幕! | HOME | 08年J1 第22節清水戦A>>

この記事のコメント

お疲れ様です。

去年の神戸戦よりはよろしかったと思います。
途中で止まってしまうボールへの対応も落ちついていたし。
「経験」って無駄にはならないものだと関心したのは自分だけ?(^^;

ALからは励ましのお言葉が飛び交っておりました。
まだまだ!これからでございます。

まだ先ですが、鹿島戦ではお会いできたらなぁ~と
思っておりまふ。*^◇^*

2008-08-30 Sat 15:40 | URL | Meg #-[ 編集]
こんにちわ
ALは拍手拍手 でしたね。
正直「ALの人は優しいな」なんて見ておりました。
でもブーイングもしないし、その思いも当日限り。
レイソルある限り、応援やめる・・・なんてできませんから。

また次からきりかえて頑張りましょうねv-91
ではでは鹿島戦で!
2008-09-01 Mon 12:02 | URL | まっきー@会社 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。