Viento del roble

不特定に、気ままに、サッカーを書き綴ればと。今年も何事も現場主義で。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

まだありがとうは言わないよ

時が歩みを止めない以上、絶対に避けることはできない
でも出来うればその時が来るのは先延ばしにしたい、そんな知らせ。

石さんの契約終了が発表になりました。

思い起こせば3年前、ボロボロだったレイソルの監督を引き受けてくれた時には、
チーム立て直しのうまい人だとしか思ってなかった。
いや、もっとはっきり言おう、大分と川崎で昇格失敗した人だとしか思いが浮かばなかった。

でも石さんを慕ったオカや巌が来てくれて、キタジが戻ってきて、
見に行った初めての全体練習でのチームの明るさに少し希望が持てた。
それが確信に変わったのがちばぎんカップ。
オカはあの時のサポーターの姿勢にやっていけると思ったなんて書いてくれてたけれど、
そんな姿勢を見せられたのは、あの日のフクアリのピッチでチームとして躍動するレイソルに、今年は迷わずついていけると確信できたから。
そして2節の草津での初のレッツゴー柏。
今までも何度も書いてきたけれど、
私には2006シーズンのハイライトはあのシーンなんだ。

バラバラで何もなかったチームが
降格からの3ヵ月であんなに劇的に変われたのは、
間違いなくその真ん中に石さんという太陽がいたからだ。

心情的には辛いけれど、でも私は前へ進むことを決めたチームについて行く。

今出来ることは、
ありがとうを言うことじゃない。
少しでも石さんの在任期間を延ばすこと。
だから、

絶対勝ち進んで元旦国立にいこうぜ!

ありがとうはそれまで封印だ。
スポンサーサイト

柏レイソル 2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<08年J1第33節 H大分戦 | HOME | J1第32節 A磐田戦>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。