Viento del roble

不特定に、気ままに、サッカーを書き綴ればと。今年も何事も現場主義で。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

CWC2008準決勝 マンチェスターUtd vs G大阪

スタジアムに行きたかったなというのが見ての率直な印象。
物理的にスタジアムに行くことが無理だったので、諦めてチケットは購入していなかったのですが、
ワンセグ&録画で見たレベルでもあれだけ楽しめた試合は久々でした。

ルーニーの体幹の強さや2点目の抜け出しの巧さにはうならされたし、
山崎のゴールや橋本のゴールの時には思わず声を上げたし、
そうそう、聡太はガンバに行ってよかったねと心からそう思えた。
C.ロナウドをワンツーで安田が交わして行った時、後から追っかけて手をかけて
押し倒したC.ロナウドは本気で頭に来ていた(苦笑)だろうし、
3点目を取られた後のファンデルサールは心底悔しそうにポストを蹴り上げてた。
あのマンチェスターユナイテッドのメンバーをちょこっと本気にさせたのは見ていてうらやましかったな。
いつかレイソルのみんなであの舞台に立ちたいと心底願った。
いつかヨーロッパや南米の代表を本気の本気にさせてみたいと。

そう、あの舞台は夢じゃない。
日本で3本の指に入って、アジアを勝ち抜ければあの舞台に立てるんだと改めて悟った。
だからあの舞台に立ちたいと思うのは夢ではなくて、願いなんだ。


それからもう一つ感じたこと。
ガンバらしいサッカーで3点を奪ったこの試合を見て、
シーズン通して見ているわけでない他のチームのサポーターからも「○○らしい」って思われるっスタイルを打ち出せることって凄い事だなということ。
片やレイソルの立場で考えるとどうだろう?
「プレス」なのだろうか?
どうも「プレス」=石さんのイメージが強すぎて、=レイソルとはなっていない気がする。
それの色をつけていく作業をこれからレイソルは積み重ねていかねばならないよね。
その第一歩がこの天皇杯。
勝ちたい気持ちで負けないように、今のできる事を精一杯出せますように、そう願います。
スポンサーサイト

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

その他 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<準々決勝その1 ハーフタイム | HOME | Jユースカップ第2回戦 柏U-18vsFCライオス>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。