Viento del roble

不特定に、気ままに、サッカーを書き綴ればと。今年も何事も現場主義で。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

第88回天皇杯準決勝 FC東京戦

20081230081441.jpg
富士山が綺麗に見えると、その日の仕事や願いがかなう。
まるで、前途を祝されているかのようで。
この日の富士山もとても綺麗でした。


2008年12月29日13:06Kickoff @静岡スタジアムエコパ
FC東京 1-2 柏
31分 鈴木 達也
68分 フランサ
88分 李 忠成

試合前の記念写真。古賀ちゃんともうひとり、背の高い二人の間でぴょんぴょん跳ぶ巌に和まされて始まったこの試合、お互いの持ち味のでたいい試合でした。
柏も東京もパスをつなぐお互いのサッカーができていたし。
柏の最後シュートまで持ち込めないところまでも(苦笑)
それでもいくつかあったビックチャンス。
15分過ぎのアレックスのドンピシャヘッド、
25分くらいのミノルのループまがい、
30分くらいの直樹の惜しくも合わなかったヘディング、
柏側は絶好機を3回も外し、相手を楽にしたのですが、それはFC東京も同じでした。
赤嶺の宇宙開発やCKからの佐原のヘディングをアレックスが体を張ってとめたもの、
たっちゃんのシュートはもう撃ったたっちゃんをほめないといけないですがね。
はずしているからと言って、嫌な予感が漂うことはなかったですね。
だからこそ、後半のジョーカー。フランサとチュンソンが入ってくれば、また流れを変えられると
自信があったし、その通りになった。
フランサの同点弾で声が枯れて(2年ぶりくらいかな)
チュンソンの同点弾でなぜか声が一時的に復活して、誰かれ構わず抱き合ってヤマトを歌って。
後半はもう声出すのに必死であんまり覚えていないんだけれども、
とにかくシュートシーンだけは、岡山と違ってすべてレイソル側だったので手に取るように見えたのはうれしかったなぁ。

20081230081444.jpg


でも、まだ約束の地へと歩みを進められることが決まっただけ。なにも勝ち取ってはいないんです。
ロスタイム間際の逆転弾。確かに感動した。嬉しかった。涙が出そうになった。
でもそれはまだ、エンドロールへの過程なんだ。
心の底から笑って、叫んで、泣いて、石さんとロビンソンとアレックスを送り出すために。
そしてオカが言っていた次のステージへ進むために。

このトーナメント戦、サッカーの試合でのメンタルの占める割合が高いということをひしひしと感じています。
そんな今だからこそ、あえてもう一度言いましょう。
一心同体
国立に行くだけじゃダメなんだ。勝って、レイソルと石さんの名前を歴史に残さないと。
天下無敵の柏の星を目指して、その途中に関わってくれた人の足跡を、思いを背負ってまずは天皇杯の星をつかもうや。
それは必ず、この3年間の石崎レイソルに関わってきた全ての人への恩返しになるはずだから。
スポンサーサイト

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏レイソル 2008 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<明けましておめでとうございます | HOME | 3ヵ月後の制裁>>

この記事のコメント

おつかれいそるでございますたぁ~

元旦は勝ちますから。
大丈夫です。(笑)

当日はゴール裏へお邪魔します。
頑張って応援します。
よろぴく *^◇^*
2008-12-30 Tue 11:19 | URL | Meg #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。