Viento del roble

不特定に、気ままに、サッカーを書き綴ればと。今年も何事も現場主義で。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

県クラブユース新人戦 vsジェフU-18

キックオフ時間を2時間も間違えていました。
同行者なければ終わった頃に到着していたことでしょう(苦笑)

2009年2月21日 15:00Kickoff市原スポレク人工芝
ジェフU-18 0-3 柏U-18
山嵜 ←右からのクロス
橋本拓(PK) 
山嵜 ←仲間
【先発】
      山嵜
仲間   小林   鳥山
    熊谷 茨田
川尻 池田 橋本 石田
      川浪
【交代】
峯、鈴木、豊嶋、篠原、郡司(今年も新1年生が登場)

諸事情ありまして、またもやKickoff後の到着。
ピッチ横を歩いている途中で1点目のゴール。
右サイドからの折り返しに体を投げ出してDFを離した山嵜君が押し込んで先制。
その後も柏が優位に進める中で、ペナルティエリア右隅で茨田君が倒されPKを得る。
これを橋本拓君が決めて突き放します。
3点目は、仲間君のファインプレーから。
ゴールに向かって右側のエンドライン際で、2人に囲まれ、倒れながらもボールをキープします。
倒れて寝そべった姿勢のまま、確りと逆サイドに上げられた『浮き球』のクロスボール。飛び込んだのは山嵜君。

後半は0-0で、足がとまった(ように見えた)のと、疲れとからか、柏が前線でボールを落ちつけられなくなった分ジェフの支配率が上がりました。
とはいえ、こちらサイドから、「あ、やばい」と思わせられた危険なシーンはゴール前でGK川浪君との1対2のシーンくらいだったか(見事に川浪君がはじきました)、と思います、近年のユースダービーらしからぬ差のついた勝利でした。
無失点に抑えた守備陣もさることながら、
右サイドからスピードの鳥山君が、左サイドからはテクニシャンの仲間君が、そして真ん中には柔らかいボールタッチの小林君が、と3者3様のドリブラーが顔を揃え、
ルーレットありの、個人技での突破ありのと、
システムこそ昨年を踏襲しているものの、また昨年とは違った面白さのサッカーを繰り広げています。
今日は山嵜君のボールキープも際立っていて、5分5分のボールをもマイボールにしてしまうので、1列後ろが安心して攻めに加われていたかなとも思います。
これから更に今年の色が付いていくことでしょう。

昨年とまた違った面白さで今年も1年楽しみだと、より感を強くした試合でした。
スポンサーサイト

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏U-18 2009 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<第15回ちばぎんカップ | HOME | 千葉県プリンスリーグ参入決定戦 八千代vs柏U-18>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。