Viento del roble

不特定に、気ままに、サッカーを書き綴ればと。今年も何事も現場主義で。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

練習試合 柏vs筑波大学

筑波大学を見るのはほぼ1年ぶり。そのときは元ユース主将の須藤君(本日12番)は球拾いだったので、
プレイを見るのはレイソルユース時代以来だったりします。
3本目、そのユースの後輩、仲間君とマッチアップしたのは何の因果だったのでしょう?
ってか同期の大島はなにしてる・・・。

2009年2月25日 日立柏サッカー場
練習試合
1本目 3-0 山根、大津、北嶋
2本目 3-0 北嶋、村上、太田
3本目 0-0

メンバーは公式の通り。
1本目・2本目は、ある程度やれることのわかっている年長の選手ばかりのため、今年の戦術の中での生き方を見極めるにはよかったかなと。
太田が、センターにポジションチェンジして配球しようとしていたけれど、やはりサイドの方が生きるなとか、
村上のセンタリングのバリエーションが増えてみていて期待が持てるようになってきたなとか、
キタジが後輩をひっぱいているのは充分わかるが、もう少し、ボールを落ちつけられるようにならないと厳しいなとか、
大津は先輩がいなくなると声が大きくなってエゴイスティックになるなとか、
いろいろ思うところはあったにせよ、昨年とそうは変わらない感じがしました。

3本目、ユース出身が増えてからですね、漸く楽しくなってきました。(苦笑)
新卒の5人は昨年同様のプレイぶりで、この合宿で伸びた感じはしなかったので引き続き頑張ってほしいところですが、
仲間君、W橋本君の現役ユースっこがよく頑張ってたかなと目を見張りました。
最後筑波のGKがレッドカードを提示されたのも仲間君の右サイドからの突破をたまらず手で押さえた結果ですし、
橋本拓門君のクロスバー直撃の惜しいシュートもありましたし。
それまでも、仲間君と橋本健太君とのコンビで筑波の右サイドを蹂躙。クロスまではいいものの、真中がもたもたして得点こそありませんでしたが、個人的には3本目が一番面白かったですね。
公式のダイジェストでは取り上げられていないものの3本目は右サイドの方が面白かったと思うぞ・・・。
(ついでにいうと澤がプレイに絡めず浮いてたのが気になります・・・。)
ってか筑波の左サイドで彼らと対峙していた須藤君・・・がんばれ。

個人的には、仙石君がトップでのデビューが一番はやくなるかなぁ?と思っておりました。
今日見る限りでは、ユースの時の同様のプレイをしようとしてタイミングに少しずれが出ているようです。
もう少しプレイスピードを上げて、相手をひきつけるギリギリのタイミングを会得するまで辛抱かなと思いますね。
そのタイミングをつかめれば、相手をひきつけての大きな展開でチャンスを生み出せる選手となるはず・・・。
なにはともあれ、底上げは必須です。
今日姿も現わさなかった若手の大島、橋本和も含め、伸びていって、今のレギュラー陣を脅かしてほしいと願います。
スポンサーサイト

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏レイソル 2009 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<【雑】オフらしく | HOME | 第15回ちばぎんカップ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。