Viento del roble

不特定に、気ままに、サッカーを書き綴ればと。今年も何事も現場主義で。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

09年J1第8節 大分戦H

残り10分までは完全に大分の術中にはまっていました。大分のゲームだったのに、2試合連続ロスタイム決勝弾とはああ無情。

2009年4月29日 16:04Kickoff@日立柏サッカー場
柏 2-1 大分
38分 森重
81分 北嶋
89分 大津

前の試合と同じ事をやっているのに相手が異なるとここまで展開が違うかと強く思えた90分間でした。
やっていることは変わらずともここまで押されるんだから清水戦が一番の出来なんてナンセンスという自説を更に深めるだけ。
立ち上がりこそ清水戦を彷彿とさせるも、大分が持ち前の1対1の守備を披露し始めると途端に手詰まり感。
しかし大分もデカモリシがボールを収められなかったり、夢生がなんだかドツボにはまっていたり。1対1で柏に競り負けたり。
(それは柏の選手が去年に比べて1対1で強くなった、成長したのかもしれませんが。)
どっちもどっちな試合展開の中では、やはりセットプレイだろうと思っていたところに鈴木慎吾のFKから森重のヘッド。(何でフリーやねん・・・。)
1点先制して水を得た大分は昨年のサッカーを彷彿とさせる見違えた動きへ取って代わり、柏は劣勢になります。
デカモリシとピチブーにボールを当てて、後ろから夢生と慎吾が飛び出してくる。
この圧力に押されたわけではないでしょうが、ボランチが下がり気味になってしまい、中盤でボールを奪えない悪循環に柏は陥ってしまいました。
清水戦では相手の中盤も下がってしまっていたので、そこまで破綻はしなかったものの、
この試合では確実にセカンドボールを拾われて波状攻撃を受けることになりました。
2試合続けての中盤のポジショニングの問題は早急に改善すべきかと・・・。
シュートまで辿り着けない中、大津、クラ、キタジと交代枠を使いましたが、
この采配は当たったというべきなんでしょうか、私にはわかりません。
大分が交代枠を使い始め鈴木慎吾が退くまでは、早野氏風に言うと結局大分へと傾いていた流れを断ち切れなかった。
素人目には後半になってからも然程の変化を感じられなかったし、勝ちたいという気持ちの面でも、あらわにしていた、行動に出ていたという点では大分側が勝っていたと思う。
柏サイドで唯一あらわになっていたのはキタジくらいですかね。
ゴール前で転がっていたミノルを、『痛くてもねっころがっている場合じゃねぇ』と引き摺り起こした場面なんかをとっても今ピッチでリーダーシップを取れるのはキタジしか今はいないんだろうなぁとつくづく思ってしまった。
その意味ではキタジ投入がターニングポイントだったのかもしれませんね。
そういう選手が同点弾を叩き込んでくれたのは嬉しかったし、必然だったのかもしれない。

私のとっての柏のエースは依然としてキタジです。
スポンサーサイト

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏レイソル 2009 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<09年J1第10節 浦和戦H | HOME | 09年J1第7節 清水戦A>>

この記事のコメント

チームリーダーというものはピッチの中に常にいてほしいものですね。
まったく同感ですよ!
明日遠征行くんですよね?
頑張ってください。
2009-05-01 Fri 08:44 | URL | katsu #-[ 編集]
> 明日遠征行くんですよね?
山形経由の国立遠征から戻ってまいりました(爆)
国立でキタジが足を痛めたときには背筋が凍る思いでしたが、軽症の様で何よりでした。
ガンバ戦でも明神の前でガツンと決めて頂きたいなと、切に思うところです。
でわでわ
2009-05-08 Fri 10:12 | URL | まっきー #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。