Viento del roble

不特定に、気ままに、サッカーを書き綴ればと。今年も何事も現場主義で。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

09年J2第14節 水戸対湘南

土曜日にこの試合を見にいったおかげでだいぶ気持ちは救われてます。

2009年5月9日 13:04Kickoff@笠松運動公園陸上競技場
水戸 1-5 湘南
 3分 坂本
11分 保崎
39分 坂本
65分 坂本
75分 トゥット
89分 アジエル

2006W杯のFIFAテクニカルレポートで、得点率が高いプレイはボールを奪ってから15秒以内という記述を目にした記憶があります。
(ググったが出てこなかったので、証拠不明・・・)
この日の水戸と湘南はまさに15秒以内を実践していました。
シンプルに、ボールを前へと運ぶ為のパスを繋ぐ、その為には、ボールを追い越すフリーランニングも求められるのですが、誰一人厭っている選手はいなかった。
両サイドバックがボール保持者を追い越す動きも良く見られ、(SB過労死システムで今後の疲労は心配なれど)非常に爽快なサッカーでした。
水戸の唯一の得点もSBの保崎。吉原が落としたボールに走りこんできたシュートで、そのフリーランニングは見事の一言。
湘南は坂本のハットトリックと、アジエルとトゥットの個人技による5点。底力ですね。

前半は水戸のほうが良かったと思います。
ボールポゼッション率でも、チャンス数でも圧倒的に水戸、ただ、押し込むべき荒田の不在からかゴールへ押し込めなかったのが痛かった。
高崎も異議で余計なカードをもらってしまい、それから思い切ったプレーが見られなくなってしまいました。そこは残念。
村松(水)も何故か私が見に行くと先発が多く、またベテランらしい要所要所に顔を出すプレーで上手く繋ぎ役に。
特筆すべきはあとは遠藤でしょう。
ひ弱さがなくなった感じ、力強い得意とするドリブルだけではなくパスを上手く織り交ぜられるようになって、成長の跡が見られました。

対する湘南、前半は最悪の出来でしょう。
攻撃は最大の防御と、攻めに攻めまくる水戸の攻撃をなんとか最終ラインで跳ね返そうとするもかなり決定的チャンスを作られてました。
これを決められていたら決して試合の趨勢は分からなかったですが、後半の修正がとてもよく効いてました。
前半殆どボールに絡めていなかった寺川が真ん中よりになって水戸の攻撃を中盤で止められるようになり、ハーフカウンターが炸裂。
交代した吉郎のクロスに坂本が逆サイドからボレーで押し込んだ3点目なんかはボールを奪ってから5秒くらいしか経過していなかったような。
この3点目で水戸の気持ちをくじき、あとは長いロスタイム(湘南のカウンター練習)みたいなもんでした。

水戸は前半のサッカーを90分続けられればもっと上を目指せる。見ていて面白いのでまた見にいきたいと思いました。
今、ほんとに集客のチャンスだと思うんですが。2500人くらいしかこの試合を見ていなかったのが勿体無い…。
スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

湘南ベルマーレ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<09年関東大学サッカーリーグ第7節1日目 | HOME | 09年J1第9節 山形戦A>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。