Viento del roble

不特定に、気ままに、サッカーを書き綴ればと。今年も何事も現場主義で。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

関クラ2次予選 柏U-18vs草津U-18

見に行ったよー、というだけのエントリー。

先発メンバーは全員分かったものの、途中交代のメンバーになると『君は誰だね?』状態。
よくよく考えたらU-18の試合を見るのは新人戦以来でしたよ・・・。1年生も入っているんだしそりゃ当たり前だ。

2009年6月6日 16:00Kickoff
柏U-18 6-0 草津U-18
得点者、スタメン、等は省略。
例年通り大会が終わったらアップするかもね。

今週末は浦和レッズユースとの決戦です。
伝え聞くところによると、前半ペースを握りながらも決め切れなったとのこと。
全国大会へと進むには負けられない戦いとなります。
お手すきの方は是非レッズランドへ。15:00Kickoffです。
と、この試合見ながら考えていたのは選手登録数25人制限のお話。
まだ決まったわけじゃないですけれどねー。

利点として語られているのは
 ・チーム運営における人件費の削減し経営の健全化を図る(逆に言うと一人当たりの人件費アップにもなる?)
 ・U-18の若年層をプロの試合に出場させることで、若年層のレベルアップを図る。
くらいだったでしょうか。

怪我人続出等で選手が不足した場合にはユース等から2種登録すれば若年層のレベルアップに繋がるとのこと。
でも本当に優秀であれば、ユース所属中でも契約を結ぶのが正しい姿ではないのかなぁ。

更に言うと、この日試合に出ていた彼らが、体も出来ていないうちにいきなりトップチームのサッカーに放り込まれることが、
高校に通っている子が多いであろうに、学校を休んでトップチームの練習に加わることが、
果たして本当に正しいことなのだろうかと疑問を感じてしまうのでした。

(まぁ、学校の問題は通信制に転校すれば制度上は問題ないでしょうが。でも学校って学業以外に寧ろ大事なことが詰まっている気がしますが)

というか、今更クラブ経営に関して、健全経営できていないところを庇う為に特殊な制度を作るなんて本末転倒でしょう。
健全経営できていないクラブの加盟・リーグ参加を承認したリーグに問題があるとしか思えないのだが。
お偉方の考えは私ごときには理解しがたいよ。
スポンサーサイト

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏U-18 2009 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<09年ナビ杯予選第6節 山形戦A | HOME | 09年ナビ杯予選第5節 神戸戦H>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。