Viento del roble

不特定に、気ままに、サッカーを書き綴ればと。今年も何事も現場主義で。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

09年ナビ杯予選第6節 山形戦A

神戸戦のエントリーでも書いていた通り、予定外に行ってきてしまいました。

東根温泉
道の駅村山のバイキング
大石田温泉
大石田千本だんご
はいからさんのカレーパン
寒河江花咲か温泉ゆ~ちぇりー
そば処吉亭の鳥蕎麦、鳥中華

温泉もいいし、食べ物もおいしいし、言うことなしの遠征でした。帰り道パンクしなければ。
メインイベントって・・・なんでしたっけ。

2009年6月7日 13:00Kickoff
山形 1-1 柏
20分 李
44分 宮沢

遠いから、チュンソンのゴールが決まった時、周りが喜んでなくてちょっと戸惑いました。
そんな柏の葉ちっくなNDスタ。
2006年来、陸上競技場だと分が悪いと言われたこともある柏ですが、今回も、ダメでした。
勢いに乗らねばならない大事な試合だったのに、ね。
次の西京極もそうなんだよね。去年のチュンソンのゴールもこっちのゴール裏からは良くわかんなかったっけ・・・。

柏はこの日も何も変わっていません。中盤ポッカリは相変わらずで、宮沢の走り込みに誰もついて来れなかったから決められて当然の失点でした。
でも、古賀ちゃんが自爆(着地して右足首をひねった)+同じ箇所を蹴られたために交代してしまうまでは、
古賀ちゃんが一生懸命ラインを上げよう上げようとしていた。
その分コンパクトになった中盤で、小林慶が長い足を伸ばしてボールを奪うシーンが幾度となく見られ、
改善の兆しがほのかに見て取れた。FC東京戦には何とか間に合って欲しいなぁ。

だからと言って代わって入った次郎が悪かったというわけではないです。
ずっとボランチの練習をしていたのにいきなりのセンターバック起用。
そりゃポジショニングもずれて当たり前でしょうよ、っていうかずれてた。
ボランチのカバーエリアに残ってて、小林慶や杉山がカバーにDFラインにいたっけ。

そんなんじゃ、チームとして力を出せないのも当たり前だなぁと思ってしまった後半でした。

スタメンで登場の小林慶ですが、パスだしのイメージが強かったのに、意外とボールを奪うシーンが多く驚きました。
(いや、意外とは失礼か。)
安全策を取ってのバックパスが多かったですが、いかんせん合流して6日目。
前線の選手の特徴が分かってくれば、ヴェルディやアルディージャの頃のように前へのパス捌きが見られるでしょ。
動き回る杉山とはまた違ったスタイルでパスの起点になれそうで、これからが楽しみです。
(と思ったら早速離脱なのね・・・orz)

というわけで引き分けて毎年恒例の他力本願な最終節を迎える運びとなりました。
条件は簡単。勝って他の結果待ち。
得失点差まで気にしなければいけなかった過去2年よりは進歩し・・・てる?
よー分かりませんが、明後日は携帯速報便りで、京都には念を飛ばします。海が荒れなければね。
スポンサーサイト

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏レイソル 2009 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<関クラ2次予選 浦和ユースvs柏U-18 | HOME | 関クラ2次予選 柏U-18vs草津U-18>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。