Viento del roble

不特定に、気ままに、サッカーを書き綴ればと。今年も何事も現場主義で。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

関クラ順位決定戦 柏U-18vs湘南ユース

2009年6月27日 12:54Kickoff 那須スポーツパークあかまつフィールド
柏Uー18 5-0 湘南ユース

2次予選後半のスターティングメンバーから、
トップ帯同(今日の練習+明日のサテライト)のためと見られる川浪君(GK)
理由は不明ながら中盤、トップ下のキープレーヤー仲間君が外れたメンバー構成でした。

       山嵜
山中    熊谷    小林
     相馬 橋本拓
橋本健 川尻 上ノ薗 茨田
       神崎

【得点】
小林、熊谷、山嵜、山中、熊谷

1点目。真ん中やや左からのシュートがあっさり決まる。
2点目。右サイドを駆け上がった茨田が強烈なミドルシュート。キーパー何とかはじくも熊谷がキャノンショット。
3点目。山嵜君(記憶を辿り中…)
4点目。ゴール前で相馬君がキーパーと1対1で交錯しながらも左サイドへパス。山中君流し込んだ。
5点目。ほぼ山嵜君のゴール。DFをかわし、ゴールライン上でキーパーをも交わして中へやさしいパス。熊谷君が難なく流し込んだ。

後半、増川君がPK阻止(相手が外した)&枠内FKを片手で枠外へはじきだした好プレイがありました。
今、下級生が伸びているのが目に見えるようで楽しいと同時に今後に期待が増すのです。


明日はマリノスユースと昨年以来の対戦(のはず)。全国大会を前にこちらも楽しみです。

ところで、ハーフタイムに仲間と話していたのは、
『トップとユースの戦術が同じになって、ユースが先にマスターしているんだね』
ということでした。
システム的には同じなれど、選手のポジショニング、距離感が違います。
DFは距離をコンパクトに保とうとラインをかなり高めに上げています。
FWはファーストディフェンダーとして走りまわり、MFとの間のスペースを必死に埋めています。
狭い範囲でのボールの奪い合いで、1対1の状況を作り出さないようにすることで、高確率でボールを奪えている、それがこのチームの強みになっている気がします。

トップの選手はユースの選手の動き方を参考にすればいいんじゃないかな?

まぁ、それは言い過ぎですが、今年レイソルがどういうサッカーをやろうとしていたのかを知りたい人は一度ユースの試合を見てみるといいのではないかなと思ったのです。
スポンサーサイト

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏U-18 2009 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<09年J1第16節 新潟戦H | HOME | 09年J1第14節 FC東京戦H ~もう戻れない~>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。