Viento del roble

不特定に、気ままに、サッカーを書き綴ればと。今年も何事も現場主義で。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

adidas CUP 2009予選D組 清水戦

今年もJヴィレッジへとやってきました。
1年ぶりにお会いする方がいたり、初めてお見かけするチームの方がいたり、
色とりどりのユニフォーム姿が入り混じるのはプチW杯状態で何となく楽しいのです。

2009年7月25日13:00 Kickoff JヴィレッジPitch1
清水エスパルスユース 1-4 柏レイソルU-18
 2分 山嵜
25分 鍋田(清水)
46分 山嵜
57分 相馬
66分 山嵜

山嵜君のハットトリックショーは開始2分に始まりました。
清水陣内で得たFK。ふんわりと浮かしたキックにボールは山嵜君の目の前に落ち、GKと1対1。
飛び出していたGKの位置を落ち着いて確認するとループ気味のシュートで先制しました。
先制した勢いで、しばらくは攻勢の続く柏でしたが、清水のボールホルダーへのプレスが激しくなり、キープできなくなると
8番の柴原君と10番の鍋田君のドリブル突破とサイド攻撃を織り交ぜた清水の波状攻勢。
ボランチ二人の寄せの速さが特筆もので、いざ攻めようという時にボールを奪われたのは柏視点では痛かったです。
同点弾も左サイドからのアーリークロスを受けた鍋田君がDFを交わしてフリーでシュートを決めたもの。その動きは敵ながらお見事でした。
柏としては、そこでズルズルいかずに、前半を耐えきれたのが大きかったかなと。
後半早々、フィールド中央付近でファールによるFKを熊谷君が素早いリスタート。
右サイドフリーだった斎藤君が受けクロスを上げた先にいたのがFW山嵜君。ダイレクトで右足で押し込んで勝ち越し。
3点目は相馬君。DFの上ノ薗君からの前線へのフィードに抜け出し、ボールをコントロールしてシュート。
4点目は自身のシュートをキーパーが弾いたところに、詰めていた山嵜君のヘディングシュート。

スコア上は押しているように見えますが、危うい場面も幾度となくありました。
ゴールポストに助けられたり、ワンタッチで触るだけでゴールとなるボールが数本あったり、
川浪君のファインセーブに助けられたり。
山嵜君の体を引きずられて倒れながらもボレーシュートを放ったりとストライカーらしさの増したプレイも
素晴らしかったですが、後半を守りきったGKとDF陣も頼もしかったのです。
スポンサーサイト

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏U-18 2009 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<adidas CUP 2009予選D組 川崎戦 | HOME | アディダスカップ清水戦先発>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。