Viento del roble

不特定に、気ままに、サッカーを書き綴ればと。今年も何事も現場主義で。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

09年J1第19節 鹿島戦A

J村から車を飛ばして駆けつけた鹿島スタジアム。
初めてスタグルメを堪能させてもらいましたが・・・あれはアウェイ差別だ(爆)
モツ煮は内容量が違うし、牛串や焼きベーコン串とか美味すぎだし。
次行くときは・・・席種どうしよう(爆)

2009年7月25日 19:04Kickoff@県立鹿島サッカースタジアム
鹿島 1-1 柏
44分 村上
56分 マルキーニョス

チュンソンが2対1の場面でパスを出してカットされた場面、
チュンソンからのパスに村上が合わせそこなった場面、
確かに後半2回ビッグチャンスはあったけれども、それ以上に危ういシーンも多かったので、
勝ち点1が確保できてよかったかなぁと。
攻撃では相手が相手だけにカウンターしか可能性は見えなかったけれど、
それ以上に守備の面で諦めないタフさが久々に見られたことが、何よりも嬉しかったのでした。

そしてこの日の大津を見て、足が長いってのはいいよなぁとつくづく思ったのでした。
カッコいいとかじゃなくて体を入れられなくても足を入れてボールが奪える。
コレばかりは体格の問題ですからね・・・。
守備が懸念された大津ですが、逆に守備での貢献度が高かったですね。
練習生として参加していた2年前の7月を思い起こすと、とても成長したなぁと感慨深かったです。


試合前、鹿スタまでの道のりでは1Km以上も煽られ気分が悪かったですが、
岩政選手が小林慶行選手がつったとき伸ばしてくれてたので、好感度±ゼロかな。
好感度がマイナスの位置で低空飛行なのは変わりませんが。
スポンサーサイト

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏レイソル 2009 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<adidas CUP 2009予選D組 大分戦 | HOME | adidas CUP 2009予選D組 川崎戦>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。